個展の搬入が終わるまでの数カ月、

葛藤し、もがき苦しんでいた。

もう一枚書いたら、もっと良い作品ができるかもしれない、と思うから。

それが一日を境に、一変。

個展が始まると、

時間をつくり、素敵な方々がお越し下さり、

数年ぶりでお目にかかれる方もみえて、

嬉しい嬉しい時間となる。


明日は中日、

後半はまたどんな素敵な時間が待っていてくれるのか、

楽しみで仕方ない。