【Web】木村豊子結婚相談室

【Web】木村豊子結婚相談室

日本仲人協会若狭支部 Web木村豊子結婚相談室です。
あなたを囲ってる無意識の枠をぶっこわし、自由に楽しく婚活を進めていきましょう!
インターネット上の結婚相談室です。
ネットの繋がる環境であればどこからでもご利用いただけます。


テーマ:
毎度おなじみのヤフーニュースです(^^)
8/18土曜日のライフカテゴリーにアップされました。



この記事にあげられた座談会の動画は会員さんはマイページで視聴可能です。
どこにあるかわからない方はご案内しますので遠慮なくお尋ね下さい。

次は関西での座談会の予定です。
日本仲人協会の会員同士で成婚退会なさった方。
カップル参加でもお一人参加でも大丈夫です。
10月を予定しています。
どうしたら結婚に繋がるのか迷走中の方にヒントや経験談をお話し下さい。
仲人から例え話で聞くよりもダイレクトに心に届くと思います。
結婚してからの様子もお伝えいただけると、まだ始まっていない結婚後の不安や心配も吹き飛ぶことと思います。
ご参加ご連絡お待ちしております。

手紙 ご連絡はこちらまで 手紙

テーマ:
友人からもらったディズニーのチケット。
ほんとは7月7日の予定が、豪雨のため中止。
17日金曜日の深夜バスで行ってきました。
土曜日の早朝に東京ディズニーシーに着き、今朝5時に到着
年甲斐もない弾丸激安ツアー笑い泣き
50代でもやれるもんやね笑

乗り物の待ち時間に見知らぬ同世代大阪女性2人組と立ち話。
話を聞くと、前日舞浜のファンミ(韓流イケメン俳優のファンミーティング)に参加、六本木スヌーピーミュージアムにそれぞれ行き、今日はシーで合流して楽しんでるらしい笑い泣き
やるな!笑
元気やな!笑
私とY氏。無断でのっけてるニヤリ

大人になり過ぎた私でも、なかなか楽しかったです。
猛暑が一転して涼しかったし。

舞浜駅からの夕日。
マジックアワーっていうんでしたっけ?
一枚の絵のように美しいおねがい

当たり前の1日が最高の幸せ。
たくさんの人が楽しそうにしているのを見て、いつまでもこうでありますようにと、また祈るー?笑
もう祈り屋かって!笑笑笑

今日のお見合い。
いいご縁でありますように(-人-)キラキラ

20時から始まった感動的なショー流れ星
私が撮ったら火災現場のように滝汗
実際はきらびやかでパーフェクトなショーでした花火
幸せやな〜日本🇯🇵
感謝!



テーマ:

1970年代頃から

「お客さまは神様です~キラキラ

このセリフが流行りました。

参考リンク: 三波春夫オフィシャルサイト「お客様は神様です」について

 



相談所の問い合わせで

「誰でもええから探してこい」

「金は払ろたるから結婚させろ」

あとはタメ口、命令口調など、自称【神様】は乱暴です。

 

お金さえ払えば何を言ってもいいというのは、美しくない真顔

せっかくですが、他をあたっていただいています。

私の会員さんたちにふさわしくないと思うからです。

 

飲食店も客を選ぶ時代になりました。

横柄な神様たちにウンザリされた末のことだと思います。

他の客に迷惑になるような人には利用してもらいたくないでしょう。

私も同じ思いです。

 

結婚相談所を利用できる人は、それなりのステイタスのある方々。

男性においては無職、無収入の人は利用できません。

会員全員は規約を守り、良識のある方ばかり。

この点については親御さんにも自信を持ってお勧めできます。

 

 


テーマ:
親に聞いてみます。 

40代で!ポーン


まあね、人生経験の浅い未成年や20代前半は、それもそうだなと思えるけど、40代で親に聞いてからって。
40代っていったら、早い人なら成人した子どももいる、親世代です。

いくつになっても親に相談はいいんだけど、検討の言葉としては、選ぶべきではないね。
この人大丈夫かな?と思われんでもないよ笑い泣き

親からの自立。
婚活する時はこれも大事。
昨日は親に紹介しろと言ってたくせにどっちやねんとツッコミが入りそうやね笑
親から自立することと、親を大事にするのは別です。




テーマ:
結婚相談所での出会いもいろいろ。

情熱的に惹かれ合うカップルもあったり、ほんわか春の陽だまりのようなお互いがリラックスできる関係だあったり。

最終的には「結婚」なんだけど、誰でも【この人でいいのかな】と冷静に考える時があります。
これは結婚相談所の出会いに限らず、恋愛結婚でもよくあること。

決めきれなければ、親に会ってみるのも一手。
「今お付き合いしています」的な軽い挨拶でいいです。
紹介したからされたからと言って、必ず結婚しなければならないこともないのだし。

この人でいいのかな?とお見合いを数重ねてしまうと余計に迷ってしまうことになりそうです。

自分の家族となかよくできてますか?笑
いい大人になって、まだ反抗したり責めたりしていませんか?
親だって人間。
間違うことも失敗することもあります。
私たちだって自分は正しいつもりでも、相手からすればどうでしょうか。



テーマ:
結婚相談所では、いろんな人に申し込みできます。

会員は20代〜70代ぐらいまで、細い人〜太い人、写真のいい人〜ん?と思うような人、医師、経営者〜年金暮らしなど、ほんとにバラエティに富んでいて、プロフィールを閲覧するのも楽しいです。

しかし結婚は釣り合い。
玉の輿といわれる庶民の娘と大富豪、有名人によくある超年の差婚は、結婚相談所でなくとも、一般的にはまれなんです。

男女とも同世代、同じ環境の方がお互い結婚に合意しやすく、一番近道です。

しかしね、入会金払って、月会費も収め、結婚となると成婚料まで払う覚悟なんです。
そうするとどうしても欲が出て、よりいいものを求めたくなるのが人間です。

女性は年収が高い人を選ぶ傾向があります。
年収をとるなら年齢に目をつぶる。
10歳以上年上でも覚悟です。
これならすぐ結婚に繋がると思います。

男性は若い女性に申し込みがち。
でもほんとは同世代が結婚への近道ですよね。
自分の年齢が若いうちに同世代と交際となるのが結婚に繋げやすいんです。
たとえ自分が50代でも60になれば40代後半でも難しくなります。

私たちは浦島太郎。
楽しく、美しい時間はあっと言う間に過ぎ、ハッと気づけばおじいちゃんおばあちゃんです。
54歳の私が実感しています。
美人の友達もイケメンの同級生もみなそれなりに老いています。





テーマ:
婚活
っていうのが重いんですよねー。
もっと自然な感じで出会って仲良くなることってないですかねーえー


そんなこと言うてる場合か!


35も過ぎて、出会い方から理想のシチュエーションの押し付け?
男だって40過ぎれば生涯未婚率がグンと上がります。
それは政府調べで統計が出てるんです。

急かすわけじゃないけど、いつまでも自分が自分でいられないということをわかってないね。
おじいちゃんおばあちゃんになる時が近い将来必ずやってくる!
その恐怖は50過ぎからわかります。
60過ぎればもっとわかります。

人生って短いです。
ほんとに。

テーマ:
昨日月曜日は日本仲人協会の勉強会と月例会に参加していました。
手前味噌ですが、ここに入会した会員さんってラッキーやなーキラキラと思います。
月例会が終わったあとも、お見合いが組めないプロフィールを副理事長自らが一枚一枚添削!
参加してる他の仲人にも、どなたかぴったりの方ありませんか?とのプッシュつきキラキラ

会員さんは担当仲人さん1人で自分の婚活を手伝ってくれているとお思いでしょうが、いやいや!仲人一丸となって成婚してもらおうと真剣です。

うちの協会ってスゴイですラブ
そこが私の好きなとこ。
成婚目指して頑張りましょうグー


テーマ:
おはようございます。
本日は長文なり滝汗
興味のある方のみ読んでいただければ嬉しいです。
家庭が正常に機能していないのかと思う昨今、広い意味での女子教育の見直しを検討してもらいたいと日々思ってます。
ま、そんなことを日々考えてますニヤニヤ


星星星星星星星星



学ぶ機会や社会参加、職に就くこと。
これは男性のみの特権で、女性は家のことができればそれでよかった時代がありました。

男女平等になり幸せですか?
遠慮なく勉強や仕事ができますね。
政治について語っても大丈夫。
自由を手に入れました。
男性の理解のおかげです。

動物の世界では力の強い者が生き延びます。
本来ならば腕力の強い男性中心の社会になるのが自然の摂理。
人間社会はこれを理性で曲げていますから、いつかどこかで跳ね返るはずです。
それが非婚化という形に現れているのかもしれません。

大きな仕事を成し遂げようとする時、子育てと同時進行できますか?
イクメンとか男女平等とか言って、男性に子育てや家事を課すと、外で大きな仕事はできないでしょうね。
それは女性が一番わかっているはず。
女であっても仕事に没頭したい時は妻のサポートが欲しいでしょう?

夫婦って一番小さな社会。
その社会をうまく回すには、どちらかが稼ぎ、どちらかが家事子育てを担当し、それぞれベストパフォーマンスを発揮するのが効率的だと思います

しかし男女とも仕事に没頭したいのであれば、優秀なシッターさんなりお手伝いさんに家に入ってもらうことです。
夫婦共が仕事を極めたく、家族も持ちたいのなら、人1人雇える経済力があって、うまく回ります。

ワンオペ育児(笑)
最近のママって甘えん坊さん爆笑
私らだって一人で育ててます。
ハチャメチャでしたが、夫の両親と同居をしない自由を取ったので、自分の手だけで育てられる嬉しさがありました。

子育ては20年あります。
そして子どもは成人以降も自分の子に変わりありません。
ママの手がかかるのは最初の10年ほど。
それからはパパの出番が多くなり、15歳も過ぎて何か問題を起こそうものなら、保護者=父親にお呼びがかかります。
芸能人の子供の不祥事で取り上げられているのを見てるからわかりますね。

育児は一緒の時期に分担し合うんじゃなく、その子の一生の時間を分担すると思えばワンオペなんて言葉は出ないです。

男性は女性の出産中はワンオペ稼ぎですが、
「俺、今ワンオペやねん」なんて言ってませんよね。
女性の視野は狭い!
もっと先まで見てください。

赤ちゃんがママの愛をたっぷり受けなければならない時期に、嫌がる夫に預けたり、夫を仕事から引き離したりするのは、夫が社会で男として成長するのも阻害しています。

我が子が立派に育ったり、夫が社会で成功するのは、妻や母である自分の幸せにつながります。
女性はせっかく男女同権の社会を手に入れたのに、この恵まれた時代を大切にしないと、また腕力で取り上げられてしまいます。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス