【ドキュメントXデイ】 | 監督のささやき戦術

テーマ:
 楽天イーグルスが球団創設9年目にして初優勝を決めた9月26日。

 創設以来の犬鷲ファンである自分も激しく心震わせることとなったが、激しく震わせすぎてい昨日一日中動揺が収まらないまま過ごすことに。

 中1日を経て多少の落ち着きを取り戻したので、当スタジアムにとっても初の胴上げ中継となった26日を簡単に振り返ってみたい。

 あらかじめ言っておくが、いつものごとく大したドキュメントはない羊頭狗肉のブログタイトルである。



 いつも通り昼過ぎにスタジアムに出勤。

 この日をXデイ予測してチケットまで取っていたものの、実はこの時点ではマジックは減っても一つで、今日の胴上げはないだろうと予想していたため、普段通りの心持で雑務をこなす。


 14時ごろに鏡割り用の一斗樽酒がスタジアムに到着。

 合わせて酒造メーカーの「鏡割り担当」の方も到着。

 鏡割り担当ってなんじゃ?と不思議に思って聞いてみると、樽酒の鏡割りは普通に叩いたくらいでは蓋の板は容易には割れず、事前に一度工具で外して簡単に開くような細工が必要であるらしい。

 全く知らなかった…。何事も経験である。

 
 そんなわけで鏡割りのスタンバイは完了し、樽にイーグルス初優勝仕様のカスタマイズを施す。

 $監督のささやき戦術-樽酒

 この時点でも、これを本日叩き割る事になるなんてことは夢想だにせず。


 今日はないだろうとは思いながらも、それでも王手のかかる一戦、今夜はいつもの桃色装束を脱ぎ捨てて犬鷲ファン丸出しの格好で17時の当スタジアムプレイボールに臨む。

 $監督のささやき戦術-戦闘服

 
 この日も予約を多数頂いており、いつも通りに忙しく動き回りながら、18時プレイボールの西武ドームと札幌ドームの2試合の動きをチェックする。


 
 試合展開に関しては周知の通りなので割愛。

 AJが逆転タイムリーを放って以降、ほぼ仕事をせず文字通り手に汗握りながら試合展開を注視。


 結構ぎりぎりまで「なんだかんだ言っても、やっぱり今日はないだろう」とタカをくくっていたため、マリーンズが敗れて田中が最終回のマウンドに上がるタイミングくらいで、慌ただしく当スタジアムの祝勝会の準備をし始める段取りの悪さ…。


 その歓喜の瞬間は、当スタジアムも大歓声に包まれた

 決して多くはないであろう在京イーグルスファンは皆西武ドームに駆けつけているようで、事前の予見通り当スタジアム内にイーグルスファンは皆無であったが、他球団ファンの方々も皆イーグルス初優勝に喜びを表してくれた。

 歴史の浅さと誕生の経緯から、アンチの少ないイーグルスならではの光景であった。



 自分自身はどうであったかというと、田中の最後のストレートに浅村のバットが空を切った瞬間、とんでもない鳥肌とともにしばし呆然自失…、笑うことも泣くことも喜ぶこともせず完全に思考停止状態

 近々来るであろうと分かっていながらも、実際に目の当たりにするとそれくらいの衝撃があった光景であった。



 正気を取り戻したあと、当スタジアム的祝勝会準備を始める。

 $監督のささやき戦術-祝勝会

 場内のお客様に「よろしければどうぞ」と声をかけると、全てのお客様が快くご参加いただく。


 なんせ今までの人生で経験のない鏡割り、見様見真似の適当な感じでの発声となったが、なんとなくそれっぽくなって安堵。
 
 $監督のささやき戦術-鏡割り

 監督のささやき戦術-割れた樽


 改めて挨拶と、乾杯の音頭を取らせて頂く。
 
 $監督のささやき戦術-乾杯


 自分が何かを成し遂げたわけでもないのに、多くの方々から「おめでとう」とお声掛け頂くイーグルス優勝のタダ乗りなわけであったが、やはり非常に嬉しかった。

 $監督のささやき戦術-乾杯後

 とりあえず「やり遂げた」っぽい顔をしてみる。


 乾杯後は、すべてのお客様が入り乱れての交流が生まれ、祝勝会っぽくなる当スタジアム内。

 監督のささやき戦術-喜びを共有頂くお客様

 監督のささやき戦術-クラッチとキャプテン


 祝いの宴は閉店まで続き、祝勝ムードに大いに沸いた当スタジアムのXデイは終了。



 西武ドームに行っていれば、生でイーグルス初優勝の瞬間に立ち会えたわけであるが、あえて自分の本拠地神田スタジアムでその瞬間を待とうと決めて本当に良かったと思える、心温まる楽天イーグルス優勝祝勝会となった。

 好きが高じて野球居酒屋なんてものを作ってしまったその年に、自身の贔屓チームが初優勝を遂げる、なんて僥倖に巡り合えた事に、そしてそれを多くのお客様と共有できたことに、僅か開業半年ながら「やっててよかった」と強く思う。

 ご参加いただき、またお祝いの言葉をかけて頂いた当日のお客様、そしてブログ、Twitter、facebookなどに祝福のコメントを寄せて頂いた皆様には、この場をお借りして改めて厚く御礼申し上げたい。

 
 浮かれ気分は1日までと気を引き締めて、来るCS、日本シリーズとより多くのお客様に楽しんでいただける営業ができるよう、引き続き野球居酒屋道に邁進してゆく所存である。

 セのクライマックスファーストステージのご予約受付も開始しているので、甲子園または住むスタまでは行けない在京カープ、タイガースファンの方々のご予約をお待ちしている。

 CS期間中は日曜も無休、デイゲームの際は昼から営業する構えを取るので、プレイボールからゲームセットまで心行くまで当スタジアムでお楽しみいただきたい。

 引き続き多くのお客様の当スタジアムへのご来場を心よりお待ちしております。

ベースボール居酒屋リリーズ神田スタジアム 監督さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス