<<ライトワークDiary>>琵琶湖 竹生島・京都八坂神社 | ライトワーカー ジャーニー

ライトワーカー ジャーニー

好きなことをして 純粋に暮らす秘密のエッセンス。

読んでいる間中、潜在能力を啓発する錬金術の波動が、
能力開花の癒しと覚醒の刺激として受け取れます。


テーマ:


(竹生島神社@6/21)

こんにちは
旅するライトワーカー小林優子です。



6月20-22日までライトワークに巡ってきました。


竹生島と八坂神社では、龍王イニシエーションを受けている
龍王のドラゴンコネクションの龍使いのみなさまに沢山の龍を遣っていただきました。

多くのかたが参加くださったみたいで、
サクサクとすべきことだけ集中してライトワークが行えました。

本当に助かりましたキラキラ



雨の匂いは好きだけど、
わたしは雨が降ると一気にやる気を失うの。ほほほニコ汗

「ぜったいに何があっても晴れますように」笑

陰陽師もして精霊も遣い、何度もお願いしながら行きました。



20日の下見と準備はお寺と神社など、島全体と龍を中心に準備して、
雨は止んでいて、濡れることもなく、翌日は良いお天気で恵まれていました。

琵琶湖と竹生島では多岐にわたるお仕事となったので、
龍王の龍遣いさん、それぞれの方が感じるところの浄化、ほんと有難かったです♡





こちらでのライトワークは
日本神界のカルマ解除、龍の解放、神巫女の解放、

土着の能力者のカルマ解除、縄文の文明の癒し、

龍族の生命の源である所の
かつて訳あって封じて閉ざした力の覚醒、

それ等のカルマ解除、地震のワーク、

外宇宙と銀河系、星々、太陽系と地球の調整と調和



これ等に関係する封印解除、

これ等に関わる人々、集合意識、宇宙への発信を行わせていただき、

日本列島と数々のレイラインの私に捉えられてできうる範囲内で
地層の浄化と調整を琵琶湖を中心に行わせていただきました。

精霊シャーマンワークももちろん行っていました。

宇宙開きのお仲間のライトワーカーさんが、
20日に淡路島に行っていたので、そことも連動して調整してゆき、

最後に精霊に大地や社会、人々との連携と調和、アセンションワークで〆ました。





女神や神巫女の霊力や、龍族の力が現し、
神々の力も現れて優しくここにあり、

豊かさや繁栄、創造を生む場所になるようライトワークさせてもらいました。

終わってパチリ。



今回は一人でいってたので、
わたしのお仕事の写真はありません。

ショールは20日の準備は白、21日のメインワークは虹色で^^




虹

歴史や様々な人の思惑が重なると、
当たり前だけれども物事は複雑化してゆきます。


風化したようで、実は風化してない。


人間関係も恋愛も一緒だよね~

そうしている内に大切なものは忘れ去られる。


例えば自分自身のことも、魂のことも。スピリットのことも。

その暮らす地のこと。社会の本来の姿も。

けれど、同時にいつでも「そこ」に在る。



やった・やられたを超えたところで手を取り合う。

もうサッパリと離れ合う人だって、環境だってある。


すぐにそこに在って見えないものを感じていく、
知ってゆく。そして見せて顕していく。形にしてゆく。

形=実体化

実体化させてゆくからこそ、意味や命になる。



実体化とどこを視点に生きるのか、
何を視点に感じて実体化(進む・行動)させるのか。


それがこれまでのスケールを越えていて、
思いもよらぬ人生をみんなが生きられる。

その確かな可能性を感じたし、教えてもらった気がします。



みんな もう常識通りに生きなくてよい。
それを選んでなくていい。自分の勇気と自由な心で立ち上がれる。

そしたら責任て同時にとれてるんだよね~ニコ


想像とかイメージをずっと超えたところに真実がある。

いよいよな、まるで新しい「シフト」
それを感じさせてもらった、そんなライトワークでした。



琵琶湖を眺めながらお夕飯。おいしかった!

百合の花のお茶。
お茶になるとこんな風に開くのですねー。



小さいのはウーロン茶を入れていただいて、

茶器にあまりにほっこり癒されたのと、
本物の烏龍茶は良い香りでお味も最高。
ふたを開けて覗いたら、葉の形が開いて更にいい香りでした。

お茶の文化って癒される~~♪

21日は夕方前から京都へ。


来月の前準備で2か所、神社へ行きました。

長くなったのでまた^^

旅するライトワーカー ☆小林優子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります