刺さない鍼と焼かないお灸とシンギングボウルで治療するホリスティック鍼灸師のブログ

刺さない鍼と焼かないお灸とシンギングボウルで治療するホリスティック鍼灸師のブログ

ボディ、マインド、スピリット・・・
すべてが健やかな日々のために。

こんにちは!
ホリスティック鍼灸の森田智子です♪

ヘッダー画像は、愛用の道具の一部です。

こんな道具を使いながら、
心身ともに健やかな、心楽しい日々を目指し、
「患者さん参加型」の治療を行っています(*^_^*)

*治療案内はプロフィールにて*
https://profile.ameba.jp/me

こんにちは。

 「お返し業」と「ホリスティック鍼灸」の森田智子です♪

 

 

正食と健康と心の関係・・・『霊界の謎を探る』season2(2)の続きです。

 

祖母の著書「霊界の謎を探るー霊感とオーラー治療の実際ー」から。

 

****************

 

『正食と健康と心の関係』より(2)

 

卵や肉ばかり食べるのは肉食だから邪食だと断言するのはとんでもない間違いです。その反面、”私は正食主義です”という人が、ぜんまいとか菜ッ葉ばかり食べているのを見受けますが、それも間違いです。肝臓病や胃腸障害者その他何か病気持ちの人にかぎって、自然食がいいと、すすめられ、”私は正食しています”という人が多いようですが、食物が一方的に偏するのは決して正食とはいえません。

 

正食とは、自分の体に合った食べ物を何でも食べ、それを、よく噛み、よく味わい、腹八分目に食べてこそ正食といえるのです。

 

(中略)

 

正食について、二つの説があります。一方では、食物はすべて煮て食べよといい、他方では、すべて生で食べよといいます。何れが正しいかはさておき、自分の肉体が欲し、自分の肉体に合ったものを食べるのが正食といえるのです。


**************

 

前回の続きの部分から。

 

「正食」というのは、

いわゆる食養生の考え方ですが、
流行に惑わされて体調を崩す方が多いのは
やはり、今も昔も変わらないようですね(^^ゞ

 

そんな実例も、この続きに出てきます。

 

 

ところで。

 

あなたは「箸置き」を

お使いでしょうか?

 

もしも、お使いでないならば、

ちょっと、使ってみませんか?

 

箸置きがある食卓での食事と

箸置きが無い食卓での食事。

 

ぜひ、違いを感じていただきたい、と

思っております。

 

 

 

 

『祖母・山田祐子』

*1903(明治36)年6月1日~1975(昭和50)年10月5日

*「めぐみ会」主宰

*著書「霊界の謎を探るー霊感とオーラー治療の実際ー」

   (1973年 講談社刊・絶版)

 

 

 

 

 

 

メモ お知らせ

 

 

== ホリスティックでハートアルケミーな鍼灸のご案内 ==

 

『溜池治療院での治療』
*問い合わせ先:03-5572-7821
(モリタの鍼灸希望とおっしゃってください)

『出張治療』
*問い合わせ先: lightamulet@gmail.com 
※Gmailからの受信ができるように設定をご確認ください

※詳細はこちら(プロフィール)から

※プロのためのスペシャルケアは、「お返し業」に統合されました
・・・まずはお気軽にご相談ください♪

 

 

どくしゃになってね…