家族連鎖クリア&ライフコーチあまみ悠です。 

 

ライフコーチあまみ悠


初めての方はプロフィールはこちら音譜

 

 

自分の周り、

半径1メートルを

幸せで満たすには、 

どうしたらいいの?

 

11月から始まる、 

子どもや夫にストレスを

感じるママのための、 

 

家庭に笑顔と安心を作る 

心理コミュニケーションを学べる 

 

ファミトレパートナーの

募集に先駆けて、 

オンラインライブを開催します!

 

 

日曜日の昼間ですが、

ラジオ感覚で聴いていただけます。

 

開催は10月2日(日) 11:00-11:30ごろ。

 

時間になったらこちらを

クリックしてくださいね^^

 

https://fb.me/e/3BVvFRccU

 

 

 

 

 

半径一メートルの幸せ、

一緒に広げていきませんか?^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族に伝わる「生きづらさの理由」とは?

 

 

 

 

親から子へ伝わる生きづらさを
解消する無料診断を受けてみませんか?

 

今なら

 

ラブラブタイプ別の人間関係

ラブラブ家族連鎖の根本要因

ラブラブ家族連鎖をクリアする方法

 

の詳しい解説をお届けしています。

 

下矢印 下矢印 下矢印 

家族連鎖 診断 無料 アダルトチルドレン

 

 

 

家族連鎖クリア&ライフコーチあまみ悠です。 

 

ライフコーチあまみ悠


初めての方はプロフィールはこちら音譜


 

先日インタビューを受けました。

こちらから観ることができます。
下矢印

 

 

先日は、

数十年に一度の規模といわれる

台風が近づいて、通り過ぎました。

 

みなさん、大丈夫でしたか?

 

 

台風といえば、

あれは4年前のこと。

 

 

私は大阪でセミナーを

受講していました。

 

 

台風がきているのは

知っていましたが、

神戸に帰る前に、

ちょっと寄った駅前の牛丼屋。

 

食べているうちに

どしゃぶりになり、

駅にいったら電車は

すでに止まってました。

 

バスもない、タクシーはこない

土砂降りの中、

 

迎えにきてもらうには

危なすぎる。

 

個人的には遭難体験で、
 

それまでは

台風を怖く思ったことは

なかったです。

 

 

むしろ強風や大雨になると

ワクワクして外に出たくなる。

 

そんなわけわからない

メンタルだったのですが、

 

4年前から、

慎重になったんです。

 

 

 

人は怖い思いをすると

慎重になるものですね。

 

 

でも、それは

悪いことではないんです。

 

 

リスク回避の点からみれば、

とっても正しいことだから。

 

 

一方で、

 

「怖い」が強いと

いろんな損失があります。

 

「怖い」が強いと

機会や出会い、成長に

制限がかかるんです。

 


私たちは


今の自分から

一歩殻を破ることや、

 

新しい出会いを

受けいれたり

 

未知へと進んで

いくことでより強く

賢くなります。

 

 

 

でも、その一歩が

なんとなく怖いなら、

 

もしかしたら、

いつかどこかで

怖い思いをしたのかも

しれません。

 

 

または、

 

その怖い思いが

まだ終わっていないかも。

 

 

 

人は自分の思っていることを

口に出して話して

自分を知っていきます。

 

 

そして、

 

怖いときに「怖い」と

悲しい時に「悲しい」と

いえずにきたこどもが大人になり、

 

自分がどうしたいのか

よくわからなくなっている、

 

そんなことは少なくありません。

 

 

 

人はコミュニケーションを
されたようにするものです。
 

 

コミュニケーションとは

関わりのことですが

 

 

その関わりに安心感があるなら、

 

大人になり、

人を信頼し、つながる喜びを

当然のごとく求めていきます。

 

 

一方で

その関わりに安心感がないなら、

 

つまり、

受け入れてもらえる

認めてもらえると感じることが

少ない状態で育った子どもは、

 

大人になり、人を信頼し
つながる喜びを欲しいと感じていても、

 

どこかに怖さを感じたり、

どうやったらいいか

わからないかもしれません。

 

 

それはリスク回避の点から

考えると当然のことなんです。


 

 

私はすでに2万件以上の、

 

人数にすれば

5000人をはるかに超える

かたの相談を受けてきましたが、

 

 

人は自分の思っていることを
口に出して話して
自分を知っていく、

 

そして、
コミュニケーションは
されたようにする、

 

 

これは例外のない

真実だと感じます。

 

 

 

そして、

 

人が本当の意味で

変わっていくときに、

 

そこには他者との対話があり

自己との対話がある。

 

これも真実。

 

 

 

 

世界の多くの問題は、

自分たちの利益のために

人を傷つけたり損ねても

いいと思ってしまうほど

 

心が傷を負っている人たちが

リーダーシップを

握っていることにあると

私は思っています。

 

 

そして、

 

家庭は社会の最小単位だから

1人1人が癒されて

自分らしく生きていくことが

一番の社会貢献になるとも思うんです。

 

 

 

私たちの苦しみは

私たちだけに依存している

わけではありません。

 

 

全体に起因している、

 

そして、私たち1人1人が

全体を構成しているんですね。

 

 

 

そんなことを日々思いながら

自分の命を使って何ができるのか、

 

私が思う答えの1つを、

インタビューでお話してきました。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

 

まずは半径一メートルの幸せから。

 

一緒に創っていきませんか?^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族に伝わる「生きづらさの理由」とは?

 

 

 

 

親から子へ伝わる生きづらさを
解消する無料診断を受けてみませんか?

 

今なら

 

ラブラブタイプ別の人間関係

ラブラブ家族連鎖の根本要因

ラブラブ家族連鎖をクリアする方法

 

の詳しい解説をお届けしています。

 

下矢印 下矢印 下矢印 

家族連鎖 診断 無料 アダルトチルドレン

 

 

 

 

家族連鎖クリア&ライフコーチあまみ悠です。 

 

ライフコーチあまみ悠


初めての方はプロフィールはこちら音譜

 


9月16日の公開日に

「ヘルドッグス」観に行きました!

岡田准一さんが腕っぷし一つで
ヤクザ組織に潜入して、

のしあがる潜入捜査官役を、

そのバディとしては、

サイコパスでイカれた
若手ヤクザ役を坂口健太郎さんが、

 

そして
脇を固めるのは、


組長役のmiyaviや、

北村一輝、大竹しのぶ、

松岡茉優ととても魅力的な配役でした^^

 

 




ちょっと長めでしたが
飽きずに最後まで
見ることができました。

 

 

思いを寄せた人が

犠牲になった強盗殺人事件の

トラウマを抱え、

贖罪を続ける主人公兼高(岡田)と

幼い頃の虐待経験から

凶暴性と残虐性を持つ

室岡(坂口)と相性98パーセントで、

 

(どうやって調べるのか?)

 

室岡(坂口)が兼高(岡田)を

兄のように慕う姿が

印象的で、

坂口さんのメリハリの

効いた演技が光ってました。

 

どの映画にもあるのですが

2時間の中では人物設定が

どうしても薄くなりますね。

 

 

なぜ、室岡はサイコなのか?
 

脳の損傷がなんとかと

映画の中で言っていたように

思いますが

原作を少し読むと

しっかりその部分も
書かれていました。

 

室岡は子ども時代に

親に連れられて

宗教施設で育ったのですが、

 

そこで行われた実験

(虐待です)により、

満腹中枢が壊れていたのです。


愛着障害と虐待の後遺症による

後天的なサイコパス・・・

さらに親が犯罪をおかした

死刑囚であり、

心の奥底に深い闇を抱えていました。

そんなこともあり、

暴力への恐れや

痛みを感じる共感能力の欠如があり、

 

人を敵か味方か、黒か白か、

0か100で捉えてしまう。

 

 

その室岡が最後にああなって

しまうのはそうだろうと・・・

 

(ラストのネタバレになるので止めておきます)

 

愛と憎悪は背中合わせ

ってやつですね。

 

 

 

そういえば、潜入捜査って
『インファナル・アフェア』や
「土竜の唄』を思い出します。

そして、この映画は

『インファナル・アフェア』
のように複雑で切ない
ストーリーではないし

かといって
「土竜の唄』のように
コミカルな娯楽映画でもなくて、

あくまでノワールな
アクション映画。



なんといっても
やはり岡田さんはやはり
かっこいいし、

寝技を堪能できるので! 笑

ファンの方は
必見かもしれません。

 

 

『インファナル・アフェア』が

見たくなって調べてみたら、

今、アマプラでは3部作が無料。

 

秋の夜長に見ようかな。

 

 

 

 

 


 

⚫︎なぜ自分を信じられないの?

⚫︎なぜ子どもにイライラするの?

⚫︎なぜこの自分で良いと思えないのか?

 

その理由がわかる、

親から子へ伝わる生きづらさ
解消する無料診断を受けてみませんか?

 


 

今なら

 

ラブラブタイプ別の人間関係

ラブラブ家族連鎖の根本要因

ラブラブ家族連鎖をクリアする方法

の詳しい解説をお届けしています。

 

下矢印 下矢印 下矢印 

家族連鎖 診断 無料 アダルトチルドレン

家族連鎖クリア&ライフコーチあまみ悠です。 

 

ライフコーチあまみ悠

 



未完の仕事ってご存知ですか?

 

英語で、

unfinished business

といいます。

 

それは、

過去に起きた出来事の中で

 

言いたいことが言えずに

または感じるべきことが

十分感じれずに

 

感情と表現を抑圧して

時間が経過してしまった

 

未解決の課題なのです。

 

 

 

● 未完の仕事があると

 

・パターン化した苦手な相手、

 シチュエーションがあり、

 何度も繰り返してしまう

 

・相手と親しくなりたいと思っても

 親しくなれない

 

・イライラしたり猪狩ぽく

 なってしまい、

 周囲との関係が悪くなってしまう

 

など、望んではいないのに

 

なぜかこうなってしまう

 

そんなことがあるとしたら、

それは未完の仕事がまだ

残っているかもしれません。

 

 

 

● 過去の自分を助けにいく

 

地下室にある

埃をかぶった冷凍庫を

イメージしてみてください。

 

ほとんど使われないのですが

一応電気はとおっています。

 

その中には

いつしまったのか、

いつから凍っているのか

わからない冷凍物があります。

 

長い間しまっているので

存在すら忘れられているのです。

 

ですが、電気は食いますね。

 

安全の面でも

ちょっと心配です。

 

 

未完の仕事を

終わらせるとは、

 

心の地下深くに

しまい込まれた

過去の自分を救出すること。

 

 

憤りや無念、悲しみや怒りを

もたらした過去と向き合い、


その未完の仕事に手をつけて
溜まっている涙を流したとき

私たちはとてもラクになります。

 

 

 

 

 

● 「今ここ」に使えばいい


あるクライアントさんは

 

前に進もう進もうと思っても、

後ろから引っ張られるように、
行動できないんです、と言ってました。

 

前に進んでは引っ込んでと

アクセルとブレーキを同時に
踏みながら過ごしてきた日々。

 

 

それらは

どこからきているのでしょう?

 

 

クライアントさんは

小学生のころに、

親に言われた言葉を思い出しました。

 

 

「ちゃんとやりなさい!」

 

 

ちゃんとやらなくちゃ

と思えば思うほど

緊張してうまくいかない。

 

人一倍努力しないと

私はダメなのに、

それもできない。

 

 

こんなふうに

低いセルフイメージを

抱えてきたクライアントさんに

 

過去の場面をイメージしてもらい、

こう言ってもらいました。

 

 

「この子は子どもなんだから、 

 そんなに要求しないで!」

 

 

たくさん泣いたクライアントさん。

 

「私、こんな小さいときから

 がんばってきたんですね」

 

・・・・

 

 

その翌日から

ずっとこわばっていた

肩こりが消えました。

 

さらに後回しにしてきた

イベントの出店も、

決めることができたんです!

 

 

 

過去に漏電している

冷凍庫のコンセントは抜いていい。

 

そうすれば

「今ここ」で使える

パワーが増えます。

 

今の自分のために

そのエネルギーを

使えるようになるんです^^

 

 

未完の仕事は

家族連鎖を理解することで

見えてきます。

 

こちらがオススメ↓

 

診断はこちらをクリック!

 

家族や親しい相手にこそ、

欠かせないコミュニケーションスキルとは?

 

ライフコーチあまみ悠

 

 

こんばんは。

家族連鎖クリア&ライフコーチあまみ悠です。 

 

初めての方はプロフィールはこちら音譜

 

 

でね、

 

先週末はファミトレベーシック第2回目でした!

 

 

ファミトレとは

子どもや夫にストレスを

感じるママのための、
 
家庭に笑顔と安心を作る
心理コミュニケーションを学ぶ講座です。

 

 

その基礎編である
「ファミトレベーシック」
の2回目はこういった内容です!

 

 

 

 

ん? タイプ別の好み?

 

ファミトレでは

人格適応論という心理的な知識で、

自己理解と他者理解を深めていくんです。

 

人格適応論では

人には6つのタイプがあるといいます。

 

 

そのタイプごとの特性や

心理的欲求、地雷ポイントを知ることで

より良い関わりかたを

選べるようになっていきますよ^^

 

 

私たちは特に

家族や親しい人にほど

自分が思っているように

相手もわかるだろうと、

 

自分が思っていることが

なんで理解できないんだろう

と思ってしまうことがあります。

 

 

それが人格適応論を学ぶと

 

「わからないわ、そりゃ!」

 

違いを頭のレベルから

腑に落ちるレベルまで納得するので

そこから新しいコミュニケーションを

取れるようになっていくんですよ。

 

 

人は人の中で生きていくもの。

 

 

だから、

幸せになったり

支え合うのにも、

 

歪みあったり、

非難しあうのも、

 

コミュニケーションに

寄ることになります。

 

 

コミュニケーション、

大事ですね。

 

その中でも、

特に家族や親しい相手にこそ、

欠かせないコミュニケーションスキルを

今回はお伝えしました。

 

その感想をいただきましたので

紹介します。

 

↓ ↓ ↓ ↓ 

 

 

由記ちゃん、

素敵なご感想をありがとうございます^^
 

 

「どんなレベルで」

 

そう、小さい頃から

レベル2以上で

話を聞いてもらえた子は

自尊心が高くなりますね。

 

 

人は自分が何を

感じているのか

 

本当はどうしたいのか、

 

聴かれることで

初めて気づく。

 

言葉にすることで

実感する。

 

だから動き出せる。

 

そんなことがあります。

 

 

『聴かれる』
その体感覚があるとないでは

人との関わり方は
大きく変わっていきます。

 

 

だから、

子育てしている方、

モヤモヤしている方、

自分軸を大事にして

前に進みたい方は、

 

「聴かれる体験」を

いっぱいしてくださいねーー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診断はこちらをクリック!

 

 

 

実は、人が苦手・・・と感じるのは

珍しいことではありません。

 

 

家族連鎖クリア&ライフコーチあまみ悠です。 

 

ライフコーチあまみ悠

 

初めての方はプロフィールはこちら音譜


 

「人が苦手な感覚」を

持ってしまう理由のひとつに、

 

『親の感情の取り込み』

 

があります。

 

 

セミナーで感情について

お伝えしているのですが、

こちらでも大切なことを

シェアしていきます^^

 

 

 

まず、

 

『親の感情の取り込み』

には2種類あります。

 

 

ひとつは、

 

親が自分の感情に

気づかなかったり、

 

感情を表現しないように

抑えつけているとき。

 

 

この表現されない感情は

なくなったわけではなくて、

 

一瞬の表情や態度、

言葉のニュアンスをとおして

霧のように周囲に散らばります。

 

 

 

 

たとえば、親が

 

「きっと悪いことが起きるに違いない」

 

と不安を抱えている場合、

 

その恐れを子どもは取り込みます。

 

 

 

親自身の恥や罪悪感が

子どもに流れこんで

 

子どものセルフイメージを

収縮させるのです。

 

 

 

 

 

ふたつめは、

 

親が自分の感情を

自分で処理できず、

子どもに向かって

爆発させるとき。

 

 

ひんぱんに激怒している親や

批判している親の元で育つと

子どもは その怒りをとりこみます。

 

 

そして、

取り込んだ怒りの矛先が

 

自分に向かうと「自己否定」に、

他者に向かうと「他者否定」に

つながっていきます。

 

 

 

また、

 

「自信がもてない」

「自分はダメなのではないか」

 

不安でいっぱいの親のもとで育つと、

 

子どもはその感情を取り込んで

『私には価値がない』と感じます。

 

 

 

これは目には見えない働きですが、

親が自分の感情を扱わない、

または気づかないでいるなら、

 

子どもがそれを代わって

背負うことがあるのです。

 

 

 

ですので、もしも、あなたが

いわれのない不安感や不信感、

罪悪感を持っていたり、

 

あなたのクライアントさんが

そういったことで

前に進めずにいるのなら

 

親由来の「感情」を疑ってみてください。

 

 

 

 

私たちは自分の感情であるならば

人間関係を築いたり、成長していく中で

消化していけることが多いのです。

 

(未完感情は除く)

 

 

 

ですが、自分のものではない感情を

まだ自我状態が区分けできる前、

 

つまり、7歳までに取り込んでしまうと

 

自分のものではないと認識できずに

セルフイメージに入り込んでしまいます。

 

 

 

その感情は無意識のパターンとなって

行動に影響をもたらします。

 

 

そして、大人になって

親になったり、パートナーを持つなど

親しい人間関係の中で、

噴出していったときに

 

 

相手はもちろん、本人でさえ、

 

なぜこんなふうに

感じてしまうのかと

困惑してしまったり、

 

その立場に似合わない言動に

なってしまうことがあるのです。

 

 

この親からの取り込みは

気づいただけでも

スッと手放せることが多いので、

 

 

んん?

 

と思った方は、

紐解いてみてくださいね^^

 

 

次回は、親由来とはまた違って

 

その人自身の経験による、

「未完感情」ついて

詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

診断はこちらをクリック!

 

「世代間トラウマ」、知ってますか。

 


家族連鎖クリア&ライフコーチあまみ悠です。 

 

ライフコーチあまみ悠

 

初めての方はプロフィールはこちら音譜



「世代間トラウマ」とは、
親やその上の世代が経験したトラウマが、

子ども世代に受け渡される、
という現象をいいます。
 

 

トラウマとは

肉体的精神的に強いショックを

受けたことで、

長い間心の傷となってしまい、

PTSDなどの症状を引き起こすものですが、

 

 

そのトラウマは後天的な経験だけでなく、

 

親から遺伝という形で

先天的に受け継がれる

可能性があることが明らかになりました。

 

 

 

さて親やその上の世代が経験した

トラウマといえば、

 

戦争やホロコースト、

人種差別などを思い描く人は

いるかもしれません。

 

 

 

 

実際に

ホロコースト生存者や退役軍人、

9・11経験者で

PTSDを患う人の子どもは、

 

ストレスに対処するための

ホルモンであるコルチゾールレベルに

親と同じ異常が見られるそうです。

 

 

マウントサイナイ医科大学

PTSD研究部門のレイチェル・イェフダ博士が、

 

ナチス・ドイツの強制収容所に

抑留された人や拷問の経験がある人、

 

第二次世界大戦中に

身を隠す立場にいた人など、

生き延びた32人のユダヤ人の男女を集めて、

遺伝学研究を実施しました。

 

 

 

日本では第二次世界大戦により、

家族を失った人、家を失った人、

立場やそれまでの生活を失った人と

たくさんの喪失がありましたね。

 

 

その体験がそのまま孫やその次の世代に

再現されるわけではないと思いますが、
 

そこで受けた感情やストレスなどは

解消されないままでいるならば、

 

影のように親から子へその子へと
受け継がれていくことになります。


 

 

 

 

 

診断はこちらをクリック!

先日は娘に薦められた

映画「ライフ」を観ました。

 

宇宙で採取した生命体が

モンスターとなって地球に降り立つお話です。

 

視聴後後の感想を

一言で言うと

 

「もう二度と観ない!」

 

なぜなら、
 

・怖い

・救いがない

・後味が悪いから

 

あ、個人的な観点ですので

まだ観ていなくて気になる方は

チェックしてみてください。

 

お好きな方もいらっしゃるかと

思います。

 

映画ストーリーはフィクションですが、

空を見上げると思います。

 

広い宇宙、

人類以外にも生命体が

いるほうが当たり前って。

 

そういえば、

この宇宙を構成している物質で

すでに知られているものは

全体の何%あるか、

知っていますか?

 

 

 

なんと、

3%です!

 

 

 

じゃ、残りの

97%は何かって?

 

まだまだ

未知の存在(ダークマター)

だそうです。

 

今日はそのダークマター、

 

その中でも私たちの

心の中にある

ダークマター中の

ダークマタ—(笑)

 

未完了の感情についての

お話です。

 

 

 

「未完了の感情やグリーフ

(深い悲しみ)に取り組む」

 

 

 

◎未完了の感情とは

 

未完了の感情とは、

過去に感じた悲しい、

くやしいなどで

 

「感じてはいけない」

と抑圧した感情のこと。

 

 

未完了の感情があると、

それに似た状況や相手、

シチュエーションなどに

面したときに

 

いいようのない不安や不快感が

立ち上がります。

 

 

それは苦手感や逃げたくなる衝動、

コントロールできない感情の暴発

として現れることもあります。

 

 

この未完了の感情が

解消されないまま

何度も積み重なったとき

「心の地雷化」していくのです。

 

 

心の地雷とは、

深い喪失感や苦手感、空虚さ、

悲しみ、罪悪感、無力感、

自己否定感、

そして、見捨てられ不安のこと。

 

 

冷蔵庫の中にモノを

ぎゅうぎゅうに詰めると、

冷蔵効果が落ちますよね。

 

心の地雷もそうです。

 

多ければ多いほど

心的エネルギーを

消費してしまいます。

 

 

生きてるだけで疲れる、

そんなことありませんか。

 

悩みが多いと、ちょっとした

ストレスが加わっただけで

ダウンしてしまうんですよね。

 

つまり、許容量が過ぎているのです。

 

 

 

深い悲しみ(グリーフ)とは

 

特にその中でも、

深い悲しみ(グリーフ)は

個人の健康と幸せに

大きな影響をもたらします。

 

 

グリーフとは、

自分にとって大切なものを

失ったときに感じる、

様々な反応や感情のこと。

 

 

それは

恋人や親、友人との生死別、

天災で家や日常生活を失うこと、

 

病気になり健康が損なわれる、

仕事をやめる、

引っ越しをすることも

グリーフになる場合があります。

 

 

また、あるはずだったものが

ないこともグリーフの対象になります。

 

 

たとえば、

子どもらしい

子ども時代を過ごせなかった、

それもグリーフになるのです。

 

 

軽い喪失は

時間とともに癒されますが、

 

深い喪失は時が止まったまま

感情が凍り付いて

残る場合があります。

 

 

 

 

 

深い悲しみの否認がもたらすもの

 

悲しみを感じないことが

その人にどんな影響を

与えるのか、実際例をお話ししますね。

 

 

ひとりは不倫を繰り返している

女性です。

 

夫はフツーの良い人で

子どもも2人います。

 

離婚をする気は

まったくないそうです。

  

そんな彼女には

小学5年生のときに

浮気をした母親が出ていった、

という記憶がありました。

 

その後、父親に育てられた

彼女は、父方の親族から

母親の悪口を聞きながら

成長します。

 

そのようにして

母親の不在を嘆くことも

愛を感じることも

禁じられてしまったのです。

 

彼女は母親のように

家庭を捨てたりは

絶対にしないと決意しています。

 

けれど、最近では

娘が彼女の秘密に

気づいている様子。

 

とても気になります。

 

それでも危ない橋渡りを

やめられないのです。

 

 

 

もうひとりは男性です。

 

その男性は

高校3年生のときに

父親が自宅で首を吊って

自死してしまいました。

 

喪主となり

涙ひとつこぼさず立派に

お葬式を終えた彼は

何事もなかったかのように

学校に戻り卒業しました。

 

その後、

残された母親と兄弟姉妹を

助けるために

がんばって働いている彼を

見て、誰もが思いました。

 

あんなことがあったのに

いつも笑顔で偉いね、

良い子だねと。

 

彼はマジメに働いて成果を得て、

結婚もして子どもができました。

 

幸せな家庭を築いた彼でしたが

 

40代に入り、

父親が亡くなった年齢に

近づいた頃、変化が訪れます。

 

浮気に多額のサラ金と

たくさんの問題が発覚したのです。

 

 

「まさか、あの人が……」

 

周囲は本当にびっくりしました。

 

 

妻は彼を責めましたが

のらりくらりと答えた彼は

ある日突然、妻子を捨てて

失踪してしまったのです。

 

 

悲しいときに泣かず、愚痴もいわず

周囲のために生きてきた彼は

自ら社会的死を招いてしまいました。

 

 

 

この2人の話はとても

悲しいものです。

 

自分だけではなく、

大切な家族も不幸にしています。

 

 

もしかして、これは

特別なケースだと思うかも

しれません。

 

そして、実は

世の中の多くの事件や破局、

不和にはこのように

 

子ども時代の喪失の影響が

からんでいる場合があるのです。

 

 

子どもはときに

親への愛を表現するために

同じ道を歩むことがあります。

 

そうすることで

理解しようとするのです。

 

それが破綻に

つながっているとしても。

 

 

 

癒されていない心の傷は

人生にいろんなことを引き起こします。

 

そういう意味では

特別なことではありません。

 

 

 

宙は未知に満ちていますね。

 

小宇宙といわれる人間の

私たちもきっとまだまだ

たくさんの未知の可能性に

あふれている存在。

 

 

未完了の感情を扱うと

いうことは

ダークマターに

光が当たるようなもの。

 

そのときは怖いかもしれません。

 

けれど光の元では

未知が既知が変わります。

 

既知は心の基地を広げてくれるのです。

 

 

 

 

 

もしも、あなたに

抑圧している悲しみがあるならば

 

言うに言えなかった、

感じてはいけなかった、

頼ってはいけなかった

 

そして、それを

悲しんではいけなかった…

 

そんなことがあるならば

 

悲しいことを悲しいと感じること、

それは人として

当然の権利なのだということを

まずは知っていただきたいと思います。

 

 

未完了の感情は放置せず

癒していくと

ラクに生きられるようになりますよ。

 

冷蔵庫は掃除しないと

どんどんいろんなものが

たまりますからね。

 

聞いた話ですが

夏に買ったきゅうりが

冬には袋の中で

水になっていた……

 

なんてこともあるようです(><)

 

 

 

 

未完了の感情を癒すことは

インナーチャイルドを癒す

ことでもあります。

 

内なる子どもを癒すとき、

今の自分と自分自身の

感情がつながっていきます。

 

それがありのままの自分です。

 

周囲の人たちも癒されていきます。。。

 

 

 

 

 

 

ベル今なら無料でタイプ診断!こちらがオススメです^^

 

こどもが可愛いのに

可愛いと思えない・・・

 

自分のことを信じられず

つい相手のいいようにしてしまう・・・

 

そんなことで悩んでいませんか?

 

 

それは家族に伝わる

「生きづらさの理由」

によるものかもしれません。

 

 

親から子へ伝わる生きづらさを
解消する無料診断で今なら

 

ラブラブタイプ別の人間関係

ラブラブ家族連鎖の根本要因

ラブラブ家族連鎖をクリアする方法

 

の詳しい解説をお届けしています。

 

下矢印 下矢印 下矢印 

家族連鎖 診断 無料 アダルトチルドレン

家族連鎖クリア&ライフコーチあまみ悠です。 

 

 

初めての方はプロフィールはこちら音譜

 

お盆休みはいかがでしたか。
 

今日は、

【心の地雷を撤去する方法】
を書いていきます。


心の地雷とは
心の奥に埋められている

いうにいわれぬ苦手感、

 

生きづらさに

つながる空虚感、


罪悪感や無力感、自己否定感、

見捨てられ不安のこと。


それらは
「防衛反応」と「未完了」

この2点により、

心の奥深くに埋められています。
 

詳しくはこちら⬇︎

 


心の地雷を撤去する

 

「防衛反応」に気付いて

やめていくこと

「未完了の感情」を

癒していくこと

この2つが

地雷撤去の作業となります。

地雷撤去は以下の
8つのステップで行ないます。
 

1.現在の感情を確認する
2.過去の出来事を振り返る
3.防衛反応と未完了の存在に気づく
4.防衛や未完了の要因となった過去を癒していく
5.そこに同等にある願いや希求を見つける
6.エコロジーチェック
7.今できる次の一歩のアクション
8.感情を再確認する


 これらのステップをとおして

心の奥にある「本当の気持ち」に気づき、

自己受容していく。

 

それが地雷撤去の

大切なポイントとなります。

 

 

 

 

 

ベル今なら無料でタイプ診断!こちらがオススメです^^

 

こどもが可愛いのに

可愛いと思えない・・・

 

自分のことを信じられず

つい相手のいいようにしてしまう・・・

 

そんなことで悩んでいませんか?

 

 

それは家族に伝わる

「生きづらさの理由」

によるものかもしれません。

 

 

親から子へ伝わる生きづらさを
解消する無料診断で今なら

 

ラブラブタイプ別の人間関係

ラブラブ家族連鎖の根本要因

ラブラブ家族連鎖をクリアする方法

 

の詳しい解説をお届けしています。

 

下矢印 下矢印 下矢印 

家族連鎖 診断 無料 アダルトチルドレン

 

 

家族連鎖クリア&ライフコーチあまみ悠です。 

 

 

初めての方はプロフィールはこちら音譜

 

 

心の地雷とはなんでしょう?

心の地雷とは、

いうにいわれぬ苦手感、

 

生きづらさに

つながる空虚感、


罪悪感、

 

無力感、

 

自己否定感、
 

見捨てられ不安の

ことをいいます。

 


誰もが過去に

悲しいことや
つらいことがあり

その影響や思い出を

多かれ少なかれ

忘れられずにいるものですが

なぜ、それが
地雷のように

危険なものになって
しまうのか。

そもそも、なぜ、
地雷として残ってしまう
のでしょうか。



それには

2つ理由があります。

ひとつは「防衛反応」。

 

人はときに、

 

何らかの葛藤や

痛みを予感したり

危機に直面したときに、

 

自分を守ろうとする

心の防衛反応が生まれるのです。

 

それは心理学用語で

防衛機制というのですが、


二度と傷つきたくない、
二度とあんな思いはしたくない

という感情が
無意識の反応になり
意識をコントロールします。


ふたつめは「未完了」です。

その苦手感や不安を

引き起こしたなにか、
感じさせた誰かとの間に
起きた感情が、

まだ終わっていないことを

意味しているのです。

次回は心の地雷を撤去する

方法についてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

ベル今なら無料でタイプ診断!こちらがオススメです^^

 

こどもが可愛いのに

可愛いと思えない・・・

 

自分のことを信じられず

つい相手のいいようにしてしまう・・・

 

そんなことで悩んでいませんか?

 

 

それは家族に伝わる

「生きづらさの理由」

によるものかもしれません。

 

 

親から子へ伝わる生きづらさを
解消する無料診断で今なら

 

ラブラブタイプ別の人間関係

ラブラブ家族連鎖の根本要因

ラブラブ家族連鎖をクリアする方法

 

の詳しい解説をお届けしています。

 

下矢印 下矢印 下矢印 

家族連鎖 診断 無料 アダルトチルドレン