熊谷市民音楽祭2018夏

テーマ:
熊谷市民音楽祭に出演。
ベーレンタール男声合唱団を指揮し…
・山田耕筰「待ちぼうけ」
・多田武彦「用水ぼり」
…を演奏しました。

団員もかなり増えて充実。
トップテノールが多くなりすぎる、という嬉しい悲鳴も聞かれます。
※ベース系の入団者を求めています


リハーサルではやや消極的に感じられたので、しっかり身体を使って、遠慮せずに一人一人がのびのびと歌おう、ということをアドバイスしました。


昨日の混声合唱団樹の演奏は、指揮者である僕が「演奏を掌握しよう」としてしまった。結果として団員さんたちを縮こまらせてしまった、という大反省を生かし、今日はむしろ団員さんたちから出てくる音、テンポに耳を傾け、それらをきちんと束ねていくよう心がけました。


バラつくところもあったものの、全員が「良い仕事をした」という演奏が出来たと思います。


終演後に、客席で聴いていた他の合唱団の方から「言葉がとてもよく聞こえた。メロディ以上に言葉が伝わってきた」と感想をいただきました。まさにそこを目指して練習してきたから、とても嬉しかったです。


あまり人数が増えてもアンサンブルが難しくなるから、現状を保ちたい部分もありますが、やはりバランス的にバスがもっと増えたら嬉しい。


どなたか、熊谷で男声合唱を歌いたい人、いませんか?
興味のある方はこちら