暴動〈ジレ・ジョンヌ〉のパリ。そのど真ん中に居合わせて見たもの | 西方見聞録 -パリレポート-

西方見聞録 -パリレポート-

2017年現在、パリ・エッフェル塔近くのアパルトマンに住んでます。パリ・フランスを中心に、イギリス、ドイツ、イタリア、スペインも巡りながら、”これは!”と思うものを探し、レポートしています!!


テーマ:
日本でもかなりニュースで
やっているかもしれませんが、

本日パリ(フランス中)で
大規模なデモ暴動があり
一日中パリはパニックでした。
凱旋門近くを中心に、フランス中で起きた大規模デモ暴動

デモの名前は〈ジレ・ジョンヌ〉という
直訳すると「黄色いベスト」というもの。

皆、交通安全で着る
「黄色いベスト」を着て、
このような”黄色いベスト”を着用して抗議デモします

”燃料税増税”に反対する抗議デモ、
というのが建前ですが、

もうそんな話ではなく、
とにかく社会に不満がある人たちが
大挙して凱旋門などに集まり

大人しくデモ行進するだけでなく
店を破壊して盗みをしたり、
警官隊に投石し衝突するなど

大変なことになってるわけです。

私は3年半ほど前に
パリにやってきましたが、
デモとしては今回のものが
最も規模が大きい、かつ
過激なものとなりました。

—————————————-
今日は〈ジレ・ジョンヌ〉があると
分かっていたのですが、

ランチを凱旋門近くのレストランで
予約していたので
暴動の中心である凱旋門のすぐそばに
行く形になり、
注意しながら向かいました。

凱旋門近くは
煙が充満していて
奥さんのくしゃみが止まらず、

周りのフランス人たちも
マフラーなどで鼻を防いでいました。
この方はイスラム教の方? でしょうか。ヒジャブ(?)で鼻を塞いでいます

町中が煙で臭く、
〈ジレ・ジョンヌ〉のデモに参加してる
人たちも煙くて同じく大変で、

ではどうしてるかというと、
マスクをしていたり、
人によってはガスマスクを
がっつり装着している人も
結構見かけるわけです。
こんな方も。第一次世界大戦かっ! どこで買ったん?

私たちがいたのは
「テルヌ」という地区で
凱旋門まで500mほどと目と鼻の先。

〈ジレ・ジョンヌ〉のデモも
このテルヌでも過激化していて

信号は破壊され、
ものは燃やされ、
道はデモでブロックされていました。
倒された信号

ゴミをぶち巻いて火を付け、鎮火された後

燃やされた後

倒した信号の上に乗ってアピール

このアラブ人は、私のことを見るなり「ヘイ! チーノチーノ。写真撮れよ」と。

チーノ(中国人)チーノうるさいので
「中国人じゃないわ! 日本人だわ!」
とでかい声で言い返しましたが、

ニヤニヤして、
よく分からなかった模様。

————————————————
ランチを食べて帰ろうとすると、
テルヌ駅は閉鎖されていて
凱旋門、シャンゼリゼ通り近くの駅は閉鎖されていました

仕方なく一駅歩いて、
隣の駅から乗車。

家に戻ってテレビを付けると
ずーっと〈ジレ・ジョンヌ〉の報道を
やっているわけです。

見てると、
凱旋門、シャンゼリゼ通りは特に
過激化していて

警官隊と衝突している様子が
ずっと流れています。
バリードを築くデモ隊

デモ隊は一生懸命バリケードを
築くのですが、

ほんと、やってることは
フランス革命の時と同じ。

フランス人って伝統的に
バリケード築きたがる国民性なんですねー。
バリケードを築くためのものをかき集めてる様子

そして、
デモ隊は過激化し、
シャンゼリゼ通り、リヴォリ通りなどの
銀行や高級宝石店などを襲い、
宝石などを強奪しまくるわけです。
店のウインドウを破壊する様子

何とこの映像で映ったのは、
破壊する道具として、
シェアキックボードを使っていること!
おい! それ使っちゃダメでしょ!!

酷いですよねー。
そして、強奪シーンが映ってましたが
ほんと集団心理って恐ろしいです。
銀行を破壊する人々

日本では
キャピタリスト(資本家、資本主義者)
という言葉は

特に悪ではなく、
むしろ凄い人、という
イメージがあるように感じますが

フランスでは”富を独占する悪”
”社会の敵”という風潮があり、

このような暴動が起きると
目の敵にされて銀行などが破壊されます。

フランスは、
前大統領のオランドが
キャピタリストに対抗して当選するも
最終的にキャピタリストになびき人気を落とし

現在のマクロン大統領は
キャピタリストの申し子ですが、
大統領選挙での相手が
極右のルペンだったことで
それを嫌う人たちの票を獲得し当選。

しかし、結果的に
マクロンを大統領にしてしまったことで
今回のような暴動が起こっているわけです。

まー、日本はキャピタリストの
話をメディアが徹底的に封じているので
日本人は「キャピタリストが〜」と
言われても
「キャピタリスト???」と
ポカーンとなって
誰も搾取構造に対し怒りを露わにしませんが

フランス人はよく分かってるので
このような行動に出るわけです。

※日本もこの数年でそんなことなくなっていて、搾取構造に声を上げてデモをするようなことが起こっていたら、申し訳ございません(>_<)

※そうは言っても、フランス人でデモに参加してる人のほとんどが、ただ世の中に不満があって暴れたいだけな人だと思いますが。じゃないと、強奪行為などはしないので

————————————————-
ところで、
友人が送ってきたのが
道でおかしな抗議の仕方をするおばちゃん。

ベストは着ていませんが、黄色いコートを着て木魚(?)を叩いてる、、、奇妙過ぎる、、、

まだこの〈ジレ・ジョンヌ〉は
明日も続く様子。

早く落ち着いて欲しいものです、、、

levagabondさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス