ルーブル美術館の「モナリザ」は本物? コピー? | 西方見聞録(旧パリレポート)

西方見聞録(旧パリレポート)

2015〜2020年パリ、2020年4月に本帰国しました。帰国後も”これは!”と思うものを探し、レポートしています!!

9月19日(土)
天気:晴れ

今週はシルバーウィークを利用し
奥さんの家族が
パリに遊びに来ているので、
今日は一日パリ観光へ。

そして本日9月19日と、
明日20日は
ヨーロッパ文化遺産の日。

フランス大統領の
官邸[エリゼ宮]など
普段入ることができない
ところにも入ることができます。

ということで、
まずは朝8時半にそのエリゼ宮へ。

しかし、甘かった。。
すでに、推定3時間の行列。
{5E97555C-4C9A-4B71-BCA0-FA8F7A3D6053:01}
1Kmぐらいの行列。。。これは無理です

予定を変更し、
ルーブル美術館へ。

しかしルーブルは
相変わらず長蛇の列。
{475F1325-686E-452F-A907-94F1C65B92C9:01}
ピラミッドの入り口は、いつもこんな感じで混んでます。。

そこで、あまり知られていない、
ルーブルに入る
別の入口へ。

{00AB9277-6C44-480B-8529-1AA2FDA6BDFA:01}
ルーブルの端にある入口へ。全然並んでません

{B3CEDB6B-737F-447B-AE58-49290DBD4A6B:01}
ここからなら、すぐに入れます

{31E33A4C-E097-44E4-864B-A447546A86EA:01}
端っこから入るので、まだ誰もいません

{8EA2F8CE-CDE6-4610-B17E-AB1289285CF7:01}
とりあえずモナリザの部屋へ

{1B89528F-16B8-418F-90EB-53262D76FF72:01}
まだそんなに混んでなかったので、最前列まで簡単に行けました。そして、絵はびっくりするほど小さい

{505226D3-BEE0-48F2-A188-4ADF0EA47F8D:01}
防弾のガラスでプロテクトされています

モナリザはレオナルド・ダ・ビンチの
作品ですが、
彼のテクニカルな手法により、
どこから見ても、不思議と
モナリザと目が合うように
描かれています。

そしてショッキングなことに
このモナリザは
コピーで、本物は
ルーブルの地下に
保管されているとこのです。
(フランス人の友人曰く)

そしてそのことは
フランス人なら
みんな知っていること
とのことでした。。。

しかし、コピーは
モナリザだけで、
ほかの作品は
オリジナルとのことです。

次に行ったのは
「ナポレオンの戴冠式」。
{2AA6AD0F-A1C5-4AC0-9A9B-BF166965E99A:01}
かなり大きい絵です

{4D1C7457-EE6A-4878-B6BB-B8189E061E63:01}
ナポレオンの人生のクライマックスを描いた絵です

{C1B85FE2-A8F4-4529-9BD5-A7A294759A41:01}
「サモトラケのニケ」。スポーツメーカー「ナイキ」の名はこの女神が由来。ギリシャ神話の勝利の女神。かっこいい!

{DA9097F6-50AA-4174-AE9D-E8BDDF457489:01}
「民衆を導く自由の女神」。フランスを象徴する女性、マリアンヌが国旗を手に、民衆を導いています。ニューヨークの自由の女神のモデルでもあります

{5A1E3D66-128F-419B-869D-C2330A538C01:01}
「ミロのヴィーナス」。鼻は折れていて修復済み。キレイな顔をしています

以下。気になった作品です
{CC36038C-5F3D-4634-BAF2-71EA269D566E:01}
骸骨に肘を置いて眠る子供。シュールです、

{1AC427D1-81A4-4BC7-A25B-A1B33FCB005B:01}
な、なぜ乳首をつまんでいる?!

一日中見て回っても、
全然見終わらない作品たち。

それにしてもモナリザの件は
コピーだなんて、
本当に驚きです。