LEO-tuneのガレージ

LEO-tuneのガレージ

チョロQやプラモデル、乗り物について書いていきます
チョロQの改造に力を入れています!

LEO-tuneのガレージをご覧いただきありがとうございます。
このブログではチョロQの改造やトミカの紹介、自転車、自動車などの乗り物やレースゲームについての記事を掲載しています。


コメント、読者・アメンバー申請大歓迎です。



Twitterも更新中!→@leotuneq


since 2010.07.13





新宿→
←小田原

メッセージボード上に鉄道建設中!

テーマ:


スズキ ワゴンR MH21S(3代目) 前期型 FSをつくりました。

ベースはQステアのワゴンR RR (後期型)です。



リアビュー
四角い感じが表現できたかな。

モデルの実車について


この車は、家のセカンドカーとなったときに、私も運転できるようになりました。前期型で、グレードはFSです。純正エアロ装着です。色はベージュ。RR以外では最高グレードだったので、フルオートエアコンなどが便利で快適でした。
背が高く角ばったボディで、運転がしやすい車です。
この型は外見では区別できませんが、ターボ車です。
CVTではなく4ATで、硬い足回りと相まって、走り出しの力が直に伝わる感覚が好きでした。
今は乗り換えのために売却してしまいました。



私が免許を取ってから、一番長い時間と距離を乗った車です。
この車で成人式やチョロQ探しなどに行きました。



ヤビツ峠で撮影

実車は手元を離れても、Qステアなので運転できますね。

改造前と比較
ベースのワゴンR RR 後期型と比較します。
image
image

緑文字は自作部品、青文字は成形や塗装で表現した箇所です。

大人の実用的な車をモデルにしたということもあり、アンテナやミラーなどを自作しました。
コインホルダーの車名は、大学のレーザープリンタで印刷しましたwww
こだわり仕上げやリアルギミックチョロQシリーズのディテールを意識しています。


製作過程
以下、ツイートや写真を工程の時系列に並べ替えました。(短いのですぐに読めます)


















image
塗料はMr.カラー 44番 タン に、40th Aninversary 02 プリビアスシルバーを少量混ぜました。
塗装したチョロQは実車よりもベージュが強く、メタリックが弱いです。
スケールエフェクトを考慮し、室内の明るさでの模型映えを狙いました。
ギラギラした色よりも落ち着きが表現できたと思います。

以上です。次は何を作ろうかな?

テーマ:
こんにちは!今日は9月9日 チョロQの日です。
これにちなんで、今年も作品を発表します!



「マッドスペシャル ゲーム仕様」
プレイステーションのゲーム「チョロQ2」にライバルカーとして、カスタマブルチョロQのマッドレーサースペシャルが登場しました。
今回はゲーム仕様で作ってみました。

image


改造前のリアには何もありませんでしたが、ゲームのようにテールランプとマフラーを作りました。



ボディのナンバーやロゴマークはすべて裸眼・フリーハンドで筆塗りです。狂気の沙汰ですね。
この作業にかかせない、カスタマブルチョロQのステッカーの資料を、Alkioneさんより提供していただきました。とても助かりました。ありがとうございます。



エンジンはボディの文字通り、ブルーMAXを搭載。



ゲーム仕様と割り切って、ローラーバンパー用のダボは切り落としました。
image


ゲーム内と元のカスタマブルチョロQと比較
フロントは丸みを帯びるようにしました。

image

この先端の形がこだわりポイントです!

曲線が上に凸か下に凸か?
極大・極小はどこか?
変曲点はどこか?考えながら成形しました。

image

元のリアは平らですが、ゲーム内のようにぷりけつにしましたw



ちなみにこの改造に使ったマッドスペシャルのベースは、青メッキの64仕様です。すぐにメッキがはがれてしまうので、ぼろいジャンク状態で108か216円で買いました。

imageimage

ちなみに成形中はこんな感じです。
納得できるまで何度もやり直しました。
この車はタカラのオリジナルですが、ベースとなった実車はマツダ RX-01だといわれています。それも参考にしました。



これでチョロQ2のスプリントレースのトップ3がそろいました。なぜか3台ともゼッケンが1号車ですね。
オレンジスマイルは去年の改造コンテストで銅賞をいただきました。
マッドスペシャルとホワイトマーブルはまだコンテストに投稿していませんが、説明文を考えて今年中に投稿します。

次は何をつくろうかな?

テーマ:
本日、2018年7月13日で、当ブログは8周年を迎えました。
同時に私の誕生日であり、22歳になりました。
いつもLEO-tuneとその作品をご贔屓いただきましてありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

もう21歳🤜🏻🤛🏻ではないので拳で抵抗できませんね🤓

ちなみに、ブログを始める前から、改造チョロQをコンテストに投稿したり、Qステアでタイムアタックしたり、ペーパークラフトをインターネット掲示板に投稿していました。
当時からの交流は今でも続いてる方もいます。ありがたいです。
一方で残念ながら、全く投稿が無かったり、ブログなどを削除してしまった方もいますが、私はいつでもコメント受け付けています。

初投稿作品は「フェアレディZ nismo S-tune」です。
第10回チョロQ学園改造コンテストの、ちびっここだわり部門に投稿しました。ちょうど10年前の夏でした。それ以降、学園長のすみや様にはお世話になっています。ありがとうございます。


2008年(小6)の作品です。今見ると仕上げが粗く、修復跡もあるのでボコボコですね。
初めての改造で、成形・塗装・自作ステッカーなど小学生だった私が、月500円😭の小遣いで、自力で頑張りました。

最近の作品は、ゲームに登場する車種が多いです。Twitterを一年半ほど前から始め、チョロQゲームファンの方との交流も増えました!いつもご好評いただいて嬉しいです。



プレイステーションのゲーム、チョロQシリーズに登場するライバルカーです。
左が、チョロQ1のスプリントレースのセリカ(名前はつけられていない)
真ん中がチョロQ2のセリカ 「ホワイトマーブル」
右が同じくチョロQ2のフォルクスワーゲン タイプ1 「ブラウンドッグ 」
工作は完了しましたが、いい写真を撮るまでが作品です。
撮影が完了したらまた紹介します。チョロQ学園改造コンテストにも投稿予定です!

私自身の近況としましては、理系学部の大学4年生となり、就活も終わりました。小さい頃から考えていた、乗り物に関わる職業です。

改めまして、今後ともよろしくお願いします。


テーマ:
零式水上偵察機のプラモデル を作りました。
1.零式水上偵察機について
零式水上偵察機は日本海軍が使用した水上飛行機です。
艦載機として艦艇に搭載され、カタパルトから射出、帰りは着水して艦艇のクレーンで回収されます。艦隊の目として終戦まで活躍しました。
飛行場が整備されていない南方などでは水上基地で運用されました。

1/700ウォーターラインシリーズの艦船に付属のディテールアップパーツにも含まれています。(零式三座水偵)


また、ブラウザゲームの「艦これ」にも登場します。

最高速度は367km/h,航続距離はなんと3326kmです。ちなみに日本列島の長さは択捉島から与那国島まで3294kmです。
当時の水上機で最多の1423機が生産されました。
しかし、プラモデルが全然手に入りません!えーん
ハセガワの1/72スケールのキットは、通常ラインナップではないので滅多に再生産されません。1/144スケールでエフトイズなどの食玩も再生産はありません。
通販ではどれもプレミア価格です。
そのため、中古店を地道に周って、ついに見つけました!

秋葉原で見つけた大昔のキットです。

2.組み立て
3人乗りの座席を作りました。
実物は前にエンジンがあるのでバランスが保たれますが、模型では重りを入れないと尻餅をついてしまいます。

元は単なる子供向けのおもちゃで、細かく作り込まれてはいません。
フロートは、片側に支柱4本のタイプで作りました。
初期のものは支柱2本+張り線でしたが、空気抵抗対策で支柱4本に改良されたそうです。

風防はボンドGPクリアーで接着しました。塗料が吹き込まないように隙間なく接着剤を塗りました。
ちなみに、プロペラとエンジンカウルは最後まで接着しません。塗装のしやすさと、破損防止のためです。

3.機体の塗装


気休め程度に下塗り。

飛行機を作るときは下面、上面の順でエアブラシで塗装します。フロートは塗装後につけた方がやりやすかったかな?双フロート機は初めてでした。

4.細部の塗装と部品の後付け
尾翼の白線は偏流測定線。横風でどれほど流されているかを、地上の目標と照らし合わせて角度を見て、求めるそうです。対潜装備の11型乙は、電探も装備しています。
11型乙と、対潜ではない11型甲との外形の違いはないようです。ほかのプラモデルや、雑誌によると、電探装備機は垂直尾翼に黄帯、対潜装備機は胴体に逆C字が書かれたそうです。寄せ集めの情報から判断して作ったので、正しいとは限りません。
他にも装備のバリエーションがありますが、資料が残されていないそうです。

58-から始まる番号はラバウル所属だったようです。大戦末期にできた11型乙は、孤立したラバウルにはなかったかもしれません。
ラバウルを選んだ理由は、少ない資料の中にあったということと、艦これのサーバーがラバウルだというだけです。
本当は、私の先祖が兵役で行ったとある南方の島の仕様にしたかったのですが、資料が手元になく、インターネットで検索しても分かりませんでした。

5.完成
完成後は手で持って、移動しながら写真を撮ったりして遊べるように、強度を確保して接着しています。
取れやすい細かい部品は、紛失しても作りやすいように、伸ばしランナーや真鍮線で作りました。
眺めるだけなんて、もったいないですよね!




そして製作は続く・・・かも

船今回はここまで飛行機

テーマ:
ゴールデンウィークも明日までですね。
私は大学4年生になり、土曜日の授業をとらなくてよくなったので、数年ぶりの連休を楽しんでいます。


チョロQのホイールを塗装するとき、メッキの上からだと塗料が弾かれてしまします。
そのため、メッキを剥がす。
または
メタルプライマー(金属下地用の塗料)を塗る必要があります。でもこちらは塗膜が厚く、モールドが緩く見えてしまします。

簡単なメッキ剥がしの方法です。

改造は自己責任でお願いします!

ゼンマイをマスキング(失敗して無意味でした。)

塩素系漂白剤の原液に浸けます。
タッパーを斜めにして漂白剤の量を節約。
換気は十分に行って下さい!ドクロ
また、漂白剤の注意書きもよくお読み下さい。

1分くらいで剥がれます。
塗装する表側だけ剥がれればOK!
その後、タッパーに水を注いで薄めながら洗います。直に手を突っ込んではいけません!

結局マスキングは失敗して無意味だったので、ゼンマイ内部まで漂白剤が入っていました。
溜めた水で洗いました。流水だと、ゼンマイ内部の薄い油膜がなくなってしまうかもしれないので注意です。

これで好きな色に塗りましょう!
缶スプレーやエアブラシ などで吹き付け塗装だと、塗膜が薄くて、ホイールの形や細部の造形が簡単に引き立ちます。

今回はここまで

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス