kamelievo.blog

kamelievo.blog

ライブ情報、日常

疲れました

 

いろいろあって実家に帰ってきて2年ちょっと経ちます

親との距離感も掴めない

いったん東京戻ったけれど一人で自分を管理できなくて連れ戻され

それ以来コロナの影響もあり

一人暮らしができません

 

仕事をし、報酬を得、好きなものや食べたものを購入するのに困っていません

それなのに疲れました

 

若い頃の自分は

今なんてすぐ終わることをわかっていました

 

それでも年老いて尚何もない人生を

そんな人生にしてしまった自分を

憎み、それなら嫌なものを排除しようとして気がついたら独りになっている自分を

殺してしまいたいです

 

 

死んでしまったらどれだけ楽か

それなのに死に切れない自分が憎くてなりません

 

 

神様ごめんなさい

なぜ望んで生まれたわけではないのに

こんなに弱く、情けない自分になってしまったのでしょうか

 

 

 

よくある「メンヘラ」の戯言です

もう見ている方は居ないと思うので面白いから独りよがり更新w

 

 

今、もうめちゃくちゃ焦ってますw

此の歳になって、こんなことで、いいのかなって

目の前の現実から目を背けたくてたまらない毎日ですw

 

wをつければ落ち込んでない感じでいいなw

 

 

最近、人生について考えます

此のブログを何度か自分で読み返し、あの頃に戻りたいと何度も思ってます

此の歳になった頃、そう思うだろうな、ってあの頃からわかってた

 

若さってバカさとそっくりで

褒められない生き方ばっかりしてきたから

そのツケが今回ってきてるのかなって思う

 

仕方ない、ないものはない

あるものだけに目を向けて、ちゃんと生きていければ

いいな

 

 

いいなw

 

 

 

 

抽象的なことしか書けないのは

それほど今の自分に恥じているから

自分のことちゃんとわかってるのに 掴めない

 

傷付いた所の癒が遅くなってきて

焦ってる

焦ってる

 

昔のようなバカさが欲しい

時は金なり。

世間に認められた時間を過ごして

お金が貰いたい


世間に認められた唄をやって


お金が貰いたい



今の現状は



前者




世間に認められた時間を過ごして


お金が貰いたい




それなりに認められたお金が貰いたい



だから今の仕事をしてるし
誰にも何の文句も云われることなく
唄を続けられている




でもやっぱり私は




世間に認められた唄をやって
お金が貰いたい





今にストレスがあるわけじゃない




全くないとは違うけど






たまに
何をやっているんだろう
なんて思うことない?


って聞かれるけど






思わない






ただ、向いてないなって




思うよ






認められた唄をやって




お金が貰いたいからね