ダニエル書の70週預言の真実

テーマ:

こんにちは。

 

今回は、旧約聖書のダニエル書についておもに説明します。

 

この点についても、世間には間違った解釈が当たり前のように横行しており、またその間違った解釈がさも正しいかのように言われ、信じられているのが現状です。本当に、世間はサタンの欺瞞で満ち溢れています。書店やネット等に出回って、人々に支持されている解釈論は誤りです。このように、人々に人気のある教えを信用しないようにと過去に散々申してきたとおりです。

携挙について、私が過去記事「携挙の真実」で詳細に説明したにも拘らず、にわかクリスチャンたちは、携挙が近いと訳の分からないことを言っています。無いものに期待を寄せるとは、非常に哀れです。過去にあったダミ宣教会の携挙騒動(1992年10月28日)ほど熱狂的ではないでしょうが、それに似たような感じです。

聖書だけでは彼らが理解できないので、私が分かり易く説明しても理解できないのは、彼らが世に属する人間、即ち、にわかクリスチャンだからであって、彼らは私の言うことに耳を傾けず、虚偽の教えばかり簡単に信用して疑いもしません。それで真実を知った気になって舞い上がっているのですから、惨めとしか言いようがありません。彼らには何を言っても無駄なので、放置します。

 

さて、過去に私が糾弾した偽教師のAmir Tsarfati(アミール・ツァルファティ)が先月(2017年6月)このダニエル書70週預言について誤った解釈をし、携挙に続いて、また誤解釈を広めようとしているのが分かりました。その証拠はこちら(Youtube)。彼に限らず、他にも誤った解釈をしている者が多いので、この点について携挙と同様、当記事で明確にしておきます。

 

まず、ダニエル書9章は、「定めの七十週」と題されています。同章23節に、天使ガブリエルがダニエルに「この幻を理解せよ。」と言い、24~27節に書かれているとおりの主なる神からの御言葉を伝言しました。

この幻とは原語のヘブライ語ではמַּרְאֶֽה(マーレー)が使われています。そして、もう1箇所同じ語が使われた所がダニエル書8:26にあります。

 

旧約聖書 ダニエル書 8章26節

雄羊と雄山羊の幻

この夜と朝の幻についてわたしの言うことは真実だ。しかし、お前は見たことを秘密にしておきなさい。まだその日は遠い。

 

上記聖句直後の27節に、ダニエルはこの幻を理解できず、数日間病気になったとあります。夜と朝の幻とありますが、これは何の事か分かりますか。8:14に説明があります。

 

旧約聖書 ダニエル書 8章14節

雄羊と雄山羊の幻

彼は続けた。「日が暮れ、夜の明けること二千三百回に及んで、聖所はあるべき状態に戻る。」

 

所謂、2300の夕と朝の幻です。これをダニエルが理解できなかったということです。

上記で取り上げた、ダニエル書9:23の幻と8:26の幻は原語のヘブライ語ではמַּרְאֶֽה(マーレー)が使われています。そして、他のダニエル書8章で使われる幻の原語ヘブライ語はהֶֽחָז֔וֹן(ハーゾン)が使われており、区別されています。つまり、明確に、ダニエル書9:23の幻と8:26の幻が同じ幻を指すということです。

ですから、ダニエルが理解できなかった幻というのは、2300の夕と朝の預言のことです。改めて、ダニエル書9:23~24を確認します。

 

旧約聖書 ダニエル書 9章23~24節

定めの七十週

この御言葉を悟り、この幻を理解せよ。

お前の民と聖なる都に対して七十週が定められている。

 

聖書を見れば分かりますが、9章には2300の夕と朝について言及がありません。しかし、上述したように、原語から同じ事を言っていることが明白です。

 

ダニエルは、9:4~19から明らかなとおり、イスラエルの民が神に従わず、罪を犯していることを嘆いて祈っていました。なぜそのようなことをしたかというと、旧約時代(紀元前)を生きたダニエルはイスラエルの民の行いが神の目に悪と映り、イスラエルのユダヤ人が選民ではなくなり、後に来るメシア(主イエス)が誕生できなくなることを憂いていたのです。旧約聖書を読めば分かりますが、イスラエルの民は神に従おうとしては反逆することを繰り返していました。ダニエルが与えられた啓示である70週というのが、ユダヤ人のために設けられた最後の恩恵期間でした。それが経過した後は、イスラエルは選民国家として終わりを告げるということです。イエズス会から端を発した、終わりの時代にイスラエルが国家的に回復し、イスラエルのユダヤ人たちが主イエス・キリストをメシアと信じて回心し、黙示録にあるように14万4千人が出現するというような話は有り得ないのです。これは非聖書的な解釈です。ダニエル書9:24の70週とは、70週=70年ではありません。たまに、死海文書も引き合いに出して、イスラエルが国家として再度出来た1948年から起算して、70年後の2018年にダニエル書9章にあるとおり、イスラエルが荒廃する、即ち、その地域で戦争が起こるとかデタラメを吹聴している者もいます。この解釈も非聖書的解釈です。仮に2018年にイスラエルで何かあるとすれば、過去記事で述べてきたようにNWO支配層が無理矢理それが聖書の正しい解釈と人々を勘違いさせるために故意に戦争、紛争等をけしかけたりするかもしれませんが、それは聖書の預言で発生することではない、即ち、神の御業ではなく、サタンによる破壊行為でしかないと、私のブログ読者のみなさんは覚えておいてください。正しくは、ダニエル書9:24の70週とは、70週=490年です。1週は7日であり、7日は7年というように解釈します。これは民数記14:34とエゼキエル書4:6で書かれているとおり、1日を1年と解釈するのが聖書的です。1週を1年と解釈するのは非聖書的解釈です。したがって、1週=7日=7年、70週だからその70倍、7×70=490年となるのです。では、その起算点が問題となります。その前に、聖書を見てみます。

 

旧約聖書 ダニエル書 9章25節

定めの七十週

これを知り、目覚めよ。エルサレム復興と再建についての御言葉が出されてから油注がれた君の到来まで七週あり、また、六十二週あって危機のうちに広場と掘は再建される。

 

当時、エルサレムはバビロンによって廃墟となっていました。ここで、エルサレム復興とあることから、エルサレム復興と再建が始まる時が70週預言の起算点であることが分かります。旧約聖書を読めば分かりますが、エルサレム再建命令は4回ありました。再建と言っても単に建物を建てたり、道路を整備したりするだけではなく、国として主権回復することも含んでいます。聖書をよく読んだ方は知っていると思いますが、いつエルサレムが廃墟になったかを確認します。

 

旧約聖書 歴代誌下 36章18~20節

ユダの王ゼデキヤとバビロン捕囚

彼は神殿の大小の祭具のすべて、主の神殿の宝物も、王とその高官たちの宝物も残らずバビロンに持ち去った。神殿には火が放たれ、エルサレムの城壁は崩され、宮殿はすべて灰燼に帰し、貴重な品々はことごとく破壊された。剣を免れて生き残った者は捕らえられ、バビロンに連れ去られた。

 

所謂、バビロン捕囚です。有名なので知っている人は知っているでしょう。ここにエルサレムが破壊されたことが記述されています。神殿や城壁が破壊、放火され、民は捕囚になり、国家として主権もすべて失いました。これを受けて、ダニエル書9:25のエルサレム再建があり、失ったものをすべて回復するのです。上述したエルサレム再建命令は4回あると申したとおり、まず1回目は、エズラ記1:1~2のとおり、紀元前537年ペルシアのキュロス王によって再建命令が出ました。2回目は、エズラ記6:1以降のとおり、紀元前520年ペルシアのダレイオス王によって再建命令が出ました。神殿は、エズラ記6:15のとおり、ダレイオス時に復建されました。3回目は、紀元前457年エズラ記7:8以降と6:15からアルタクセルクセス王によって出されました。そして、7:25から「神の律法を知るすべての者を治めさせ」とあり、主権回復したことが窺えます。この3回目の再建命令によって失われたものを回復する命令といえるものでした。したがって、ダニエル書9:24の70週は紀元前457年を起算点とすることになります。ところが、アルタクセルクセス王はもう1度命令を出し、これが4回目です。ネヘミヤ書2:1にあるとおり、紀元前444年に出されました。4回目の時はネヘミヤが王に懇願した結果出た追加命令であって、実質的再建命令は3回目の時です。よって、起算点は紀元前457年で相違ありません。

 

起算点が分かり、ダニエル書に話を戻しますが、紀元前457年から490年経つまでに何が起こったのか確認します。

 

旧約聖書 ダニエル書 9章24~27節

定めの七十週

お前の民と聖なる都に対して七十週が定められている。それが過ぎると逆らいは終わり罪は封じられ、不義は償われる。とこしえの正義が到来し、幻と預言は封じられ最も聖なる者に油を注がれる。

これを知り、目覚めよ。エルサレム復興と再建についての御言葉が出されてから油注がれた君の到来まで七週あり、また、六十二週あって危機のうちに広場と掘は再建される。

その六十二週のあと油注がれた者は不当に絶たれ都と聖所は次に来る指導者の民によって荒らされる。その終わりには洪水があり終わりまで戦いは続き荒廃は避けられない。彼は一週の間、多くの者と同盟を固め半週でいけにえと献げ物を廃止する。

 

起算点は上述のとおり、紀元前457年です。そこから7週、即ち、49年間はエズラやネヘミヤによってエルサレム再建が行われました。ここまでで紀元前408年です。そこから、62週、即ち、434年経つと27年になります。単純計算すると27年ではなく、26年と思われそうですが、そのように考える人は紀元前から紀元後の切り替わりを忘れています。紀元後の最初は元年、即ち、1年から始まるのであって、0年から始まるのではないため、27年で正解です。この27年は、主イエス・キリストが洗礼者ヨハネから洗礼を受けて公生涯が始まった年です。それを裏付けるのが、上記ダニエル書9:24にある「最も聖なる者に油が注がれる。」というのは、主イエスが洗礼を受けたこと、9:25にある「油注がれた君」というのも主イエスを指し、9:26にある「六十二週のあと油注がれた者は不当に絶たれ」というのが、主イエスが十字架で亡くなられたことを指します。主イエスはダニエル書の内容は勿論ご存知でしたから、この予定通りに洗礼を受けられ、十字架にもかかられたのです。9:27にある「半週」というのは、3年半です。主イエスが洗礼を受けられて公生涯を開始された27年から3年半後というのは31年頃になります。この時が、十字架の時であり、私の過去記事「安息日の重要性とモーセの律法」で述べたとおり、動物の犠牲制度が廃止されたのです。主イエスの流した血の贖いによって、焼き尽くす献げ物を廃止したということです。これは以下の聖書にも記載があります。

 

新約聖書 ヘブライ人への手紙 10章12節

しかし、キリストは、罪のために唯一のいけにえを献げて、永遠に神の右の座に着き、

 

新約聖書 ヘブライ人への手紙 10章18節

罪と不法の赦しがある以上、罪を贖うための供え物は、もはや必要ではありません。

 

このように旧約聖書と新約聖書の記述が見事に一致しているのが分かります。上述の31年に主イエスが十字架で亡くなられたことは、私が過去記事「最近の周囲の様子と大半の人々が陥る罠」でイエスの十字架は旧約聖書で預言されたことが実現するためと申したのはこの理由です。31年に主イエスが十字架で亡くなられた3日後に復活し、昇天されてから3年半後、ユダヤ人に福音伝道や説教をしていたステファノが殉教しました(使徒言行録6:54~60)。ステファノがキリスト教における最初の殉教者です。その時から、聖書の福音がユダヤ人を離れて、異邦人伝道が始まりました。これは、上述したとおり、ユダヤ人のための恩恵期間である70週(490年)の終焉です。

ダニエル書9:26のとおり、「都と聖所は次に来る指導者の民によって荒らされる。」とあり、これも新約聖書と繋がっています。

 

新約聖書 マタイによる福音書 24章15~16節

大きな苦難を予告する

預言者ダニエルの言った憎むべき破壊者が、聖なる場所に立つのを見たらー読者は悟れー、そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい。」

 

新約聖書 ルカによる福音書 21章20~21節

エルサレムの滅亡を予告する

エルサレムが軍隊に囲まれるのを見たら、その滅亡が近づいたことを悟りなさい。そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい。都の中にいる人々は、そこから立ち退きなさい。」

 

上記のとおり、ダニエル書と繋がっており、66年から始まったユダヤ人とローマ帝国の間で起こったユダヤ戦争、そして、70年のエルサレム陥落のことです。この戦争でエルサレムの都が荒廃したとダニエル書9:26に書かれているのです。当時、ローマ軍が近づいて来た時、主イエスが仰ったことを覚えていて、御言葉どおり忠実に山に避難した人々は無事だったことでしょう。それでも信じなかった人はローマ軍に殺されたり、捕虜にされたのです。

 

上述で説明したものをまとめたものを図として作成しましたので、よく覚えておいてください。

 

上述したAmir Tsarfatiについては、過去記事「携挙の真実」で私が聖書をもって虚偽を教えていると証明したとおり、カトリックが生んだイエズス会が提唱した、ダニエル書9章の半週の3年半を終末の時代に突然出現する独裁者を反キリストとして解釈し、それを教え広めているのです。しかし、ダニエル書9章は過去と未来のことを示すものです。ここでは過去のことについて説明しています。この歴史的事実を無視し、未来のことだけのように解釈することは、遠回しにダニエル書9章で言っているメシアである主イエスのことを反キリストの独裁者と言っていることになります。はっきりそう言わなくても、そう言っていることと同じなのです。過去記事「共謀罪、刑事手続、反キリストと新世界秩序、RAPT教というカルト」で大艱難は7年ではないと申したとおりです。しかし、世のにわかクリスチャンたちは、このイエズス会の誤った主張を支持し、固く信じています。イエズス会は、ダニエル書9:27の1週(7年)を遠い未来に据えて7年の大艱難と決めつけ、62週と1週の間に2000年以上の空白期間を勝手に作りました。そして、最後の1週(7年)の大艱難前に主イエスが空中再臨して、秘密携挙が起こり、大艱難後にも再臨するという二段階再臨説という空想小説レフトビハインドにまで発展し、にわかクリスチャンたちはその内容を真に受けています。はっきり言っておきますが、2回もキリストが再臨するなどと聖書のどこにも記載がありません。このイエズス会に起源を持つ誤ったダニエル書の70週預言の解釈も図にまとめてみました。上図と比較して、おかしいことに気付いてください。

 

カトリックやイエズス会だけでなく、現代のプロテスタントも誤った解釈を教え広めています。これは、私が再三宣べ伝えてきた、最も強力な反キリストがローマ教皇であるという事実を隠しているようなものです。そんな状態なのに、「主よ、主よ」と口先だけの信仰をして、自分たちは救われていて近々携挙される予定と根拠の無い自信を持っているにわかクリスチャンたちを見ていると、まったく呆れます。にわかクリスチャンたちは、未来に突然出現する偽りの反キリストを想像し、艱難も逃れられると勘違いしているので、とんでもなく霊的にもろい状態になっています。サタンは、人々を神の御言葉が詰まった聖書よりも、偽りを言う人間の言うことに注意を向けさせるように働いています。だから、多くのにわかクリスチャンが偽預言者、偽教師、偽善者、世の教会の牧師たちを指導者として頼って耳を傾けるのです。神との個人的な関係を築くことなしに、救いはあり得ません。このことも過去記事「真のクリスチャンになる道」と「安息日の重要性とモーセの律法」で申しました。過去記事「最近の周囲の様子と大半の人々が陥る罠」に寄せられた元RAPT信者からのコメントで発覚したことですが、偽預言者RAPTは、イエスが十字架以外にも道があったと言ったようです。これが虚偽であることも、私が上述のとおり聖書をもって立証しました。イエスの運命のみならず、十字架の意味もまったく違うものに曲解する偽預言者RAPTは、太陽神崇拝者(サタン崇拝者)であり、反キリストでもあるカルト宗教であるRAPT教の教祖です。そして、それに従うRAPT信者も反キリストのカルト集団です。絶対に彼らと関わらないようにしてください。RAPTの2017年7月3日付の記事に大々的に太陽の画像を貼り付けています。私に、過去記事でRAPTが太陽神崇拝者と正体を暴かれて、もはや隠さず、私に暗に反論することもなくなりました。もっとも、最初からRAPTやRAPT信者たちが私に反論できる余地など全く無いのです。また、2017年7月1日付の記事で、偽預言者RAPTは、RAPT信者の愛媛への移住者審査をしており、心のきれいで純粋な者だけを集めるとも言っており、完全にカルト宗教の麻原彰晃を教祖とする「オウム真理教」や千石剛賢を教祖とする「イエスの方舟」と同じ道を歩んでいます。それらのカルト宗教は、家族を捨てさせて信者に集団生活をさせていたのは周知の事実です。オウムはキリスト教とは無縁ですが、「イエスの方舟」なる存在を最近知り、その団体について調べると、それはキリスト教を装っていて、その教祖も教会を設立していたと知ってRAPTと同じだと思いました。この宗教団体については参考までにこちら(Wide-Thick)。いかに、彼らが危ない道を進んでいるかお分かりいただけたと思います。

 

さて、兄弟たち、日本において、共謀罪施行が1週間後に迫ってきました。私が、複数の過去記事で、共謀罪や政府や警察の監視、盗聴について記事にしたので、共謀罪に恐れをなす人は、ブログ等のSNSを一切やめる人もいるでしょう。前回記事「日本の将来と真のクリスチャンの姿勢」において、日本に未来は無いという話や、一人で内心こっそり信仰を保てば大丈夫と保身ばかり考えている者も臆病者に過ぎず、不信仰の者と同じ扱いということを再度強調しておきます。終わりの時代にあって、未だかつてない程に世の多くの人々が偽預言者、偽教師、偽善者たちを通してサタンに惑わされ、聖書の真理から遠のいています。このような状況だからこそ、私は彼らになびくことなく、こうして聖書の真理を宣べ伝えているのです。あなたが兄弟と本当に自負するなら、聖書福音を宣べ伝えなさい。あなたが現時点で自信が無くても、私が宣べ伝えてきた範囲においては正しい理解が出来ているはずです。世の大半がするような嘘の伝道はいけません。イエスの仲間であると公に言い表しなさい。そうでないと、後であなたは主イエスから知らないと言われるのです。私のメッセージをどれ程の人が真剣に聞き入れ、実際に行動に移しているでしょうか。私は、ほぼいないと思っています。いたとしても、片手で数えられる程でしょう。それ程、あなたがたの心は頑なになっているか、臆病のあまり行動できないでいるのです。過去記事「今後の社会情勢と神の裁きへの備え」で、時を知りなさいと教えました。「後でいいや。」、「明日から行動する。」と後回しにする余裕はあなたがたにはありません。何故優先順位を間違えるのでしょうか。聖書の真理よりも、世俗的な事を優先するのは何故でしょうか。それは、あなたが世に属する人間だからです。あなたがたが行動できないのが神の御心ならば、私は何も異議はありません。私は、私にできる限りのことをしました。

 

今後は、私が聖書の真理を今までどおり宣べ伝えることもサタンに妨害されて出来なくなる可能性もあります。なぜなら、真のクリスチャンは迫害の運命にあるからです。それでも主イエスが私を守られ、伝道することが許容される間は、引き続き聖書の真理を宣べ伝え続けます。

 

私は一人でも多くの人が救われることを願っています。


以上