安息日の重要性とモーセの律法

テーマ:

こんにちは。

 

今回は、安息日の重要性とモーセの律法について書きます。

 

安息日とモーセの律法というのは、クリスチャンならば聞いたことがあるでしょう。しかし、安息日とモーセの律法を本当に理解していますか。前回記事の携挙と同様、本当に理解している人はものすごく少数だと思います。そして、本当に理解した上で実践している人はもっと少ないと思います。しかし、これらは、あなたの運命を決定する重要な掟なのです。

 

まず、安息日に関するよくある誤解について書きます。安息日は、イスラエルの民、ユダヤ人のためだけに作られたと言う人がいます。しかし、これは誤りです。すべての人に対するものです。理由は後で分かりますので、読み進めてください。

 

正しい安息日はもはや不明で、誰も正確には分からないという人もいます。当時に比べれば、暦は変えられたし、聖書を見ても第七日目が今の何曜日に当たるか分からないと考える人もいます。しかし、書いてないからといって何故すぐに諦めるのですかこれは簡単に諦めて放置してよい問題ではありません。分からないのならば、調べる。基本です。今は情報社会なのです。調べれば答えは見つかります。ただし、間違った情報を鵜呑みにしたり、本来の意味から逸れて自分勝手に解釈(私的解釈)したり、分からないからと放置するのは論外です。まず、辞書を見ます。一般的に普及している辞書には大抵、土曜日を調べると、土曜日は週の第七日とあります。そして、日曜日は週の第一日と定義されているのが多いと思います。しかし、辞書によって異なる可能性は否めませんので完全には盲信しません。次に、日本語以外の他の言語で第七日について調べると、英語のSaturdayは、古代ローマ神話の農耕神Saturnus(サトゥルヌス)から来ています。しかし、ドイツ語のSamstag、イタリア語のSabato、フランス語のSamedi等の他の多くの言語では、ヘブライ語יום השבת‎(安息日から由来しているのです。そして、旧約聖書を基にしているユダヤ教の人たちも当然モーセの律法に従っています。彼らの習慣を見ると、金曜日の日没から土曜日の日没までを安息日としています。この日没については、以下のとおり、聖書に記述があります。

 

旧約聖書 レビ記 23章32節

夕暮れから翌日の夕暮れまでを安息日として安息しなさい。

 

このように、簡単に変更可能な辞書やWikipediaは完全には信頼できなくても、曜日の由来や現場の習慣、聖書から真実が分かります。結果的に、土曜日ということが明白です。そして、上記のように、厳密には、聖書のとおり、安息日は金曜日の日没から土曜日の日没までの間ということです。安息日は、神が天地創造を六日間かけて終え、休まれた第七日を祝福し、聖別したものです。神は何のために休まれたか理解しましょう。神は完全なるお方です。疲れから休む必要性は本来無いのです。では、何のための休息の日でしょうか。それは、第六日目に神御自身にかたどって人を創造され、そのことを極めて良かったと仰いました。他の創造は、すべて「良しとされた」とだけあり、明らかに、あらゆる被造物の中で、人に対して神は特別な感情を抱いておられるのです。それ故、神は人と過ごすために、第七日という日を特別な日として設け、それを現在まで続く安息日となっているのです。その日は、神と人との間において愛の関係を深めるのです。安息日は神が制定されたのです。イエスも安息日は人のためにあると仰いました。人が安息日のためにあるのではないとも仰いました(マルコ2:27)。神は神御自身のために安息日を定めたのではありません。上述のように、人のために制定され、神と人との個人的な関係を深めるためのものです。もし、仮に安息日が無ければどうなっていたでしょう。人は毎日休みなく忙しく過ごし、世俗的な事で一杯になり、神のことを完全に忘れることでしょう。人が自分は被造物であり、創造主が神ということを忘れるようになるのです。そういうことがないように、神は安息日を設けられたのです。神と人間の関係を深めるにはある程度の時間が必要になります。今日すべて悔い改めたから、明日から大丈夫ということでは決してありません。例えば、夫婦の関係、友人関係、親子関係、どれを取っても時間が必要です。一緒に過ごしたり、互いに想い合う時間を取らないと関係は深まりません。何故、それらの人間関係には時間を肯定して、神との関係は時間が要らないと言うことができましょうか。むしろ、神との関係は、人間関係以上に大切にすべきもののはずです。それにも拘らず、ほとんどの人間は安息日を蔑ろにしているのが現実です。なお、偽預言者RAPTは、2017年5月8日の記事で人間関係の天国をも作られると訳の分からないことを言っていますが、無視してください。人間関係に天国などありません。一応言っておきますが、聖書は決してそのようなことを教えていません。彼の話はすべて聖書から外れた創作話です。話を戻し、安息日は、単に何もしない休みの日と思うのではなく、モーセの律法にあるとおり、聖別しなければなりません。聖別とは、世俗的使用から分け隔てるということです。即ち、あらゆる仕事、旅行、買い物、スポーツ(観戦も含む)、娯楽(ゲームや映画、音楽等)といった日常的に行うこと、言い換えれば、人の世俗的欲求で過ごし方を決めないということです。普段の暮らしと同じことをしているのでは、聖別することにならないからです。真のクリスチャンならば、周りの人間からどう言われようが、どう思われようが気にせず、安息日を守るべきです。これが基本的なあるべき安息日の過ごし方、守り方です。これは神を愛し、神に従うことを意味します。決して、自分勝手ということにはなりません。おそらく、神に服従しない人間から見える真のクリスチャンの行動はおかしいように見えるかもしれません。「あいつは付き合い悪い」、「何で土曜日は休みなのに遊びに行かないんだろう」等、色々陰で言われているかもしれません。そのような人の陰口に怯えるようでは真のクリスチャンではありません。真のクリスチャンは、人間ではなく、神を畏れる者のはずです(マタイ10:28参照)。私が思うに、安息日における人の行動を見るだけで、神と人間のどちらに優先順位があるのか明確になります。口先だけで「私はクリスチャン」、「日曜礼拝に行っている」、「聖書を何十回も通読した」、「毎日祈っている」、「イエスは主、全能の神」等、自慢気に言っていても何の意味もありません。行動が伴わないとあなたの信仰は、何の意味も無いのです。厳しいようですが、これが真理です。決して、ファリサイ派になっている訳ではありません。ユダヤ教正統派等のように、安息日にいかなる電気器具も使ってはいけない、医療行為も禁止等、必要以上に人間が勝手に設けた細則に拘束される必要はありません。それこそ、コンピュータや携帯も一切使うなと言ったりするのはファリサイ派の人(ユダヤ教徒)になりかねません。彼らのように、人の行動を著しく制限することは単なる自虐行為であり、聖別していることにはなりません。これは、イエスが安息日に病人をいやしたことを非難したファリサイ派や律法学者が、イエスから非難されたとおりです。安息日に善いことをすることは許されているのです(マタイ12:12)。人助け、礼拝、福音を宣べ伝える(ただし、故意、過失問わず嘘の伝道は悪)、聖書を読む、聖書を読んでも一人では真理がなかなか分からないから情報を得るために調べる等することは善いことです。嘘の伝道が悪と書きましたとおり、これは安息日ではなくとも慎むべき行為です。偽預言者RAPTのように「RAPTが時代の中心者」と平気で言ったり、聖書曲解解釈を流布する行為は神への冒涜行為です。前回記事「携挙の真実」で紹介したAmir Tsarfatiを盲信するにわかクリスチャンが彼の宣伝をしたり、RAPTブログを本物と言って推奨することも悪の行いです。もっとも、本人はよかれと思ってやっているのでしょうが、悪の行いです。何故だか分からないなら、過去記事「反キリストについて」を読んでください。信仰の薄い者たちは、所謂素人なので、自ら聖書福音に関する情報発信を控えるべきです。あやふやな知識、本物か偽物か判断できない状態で、知らない間に虚偽の情報を広めるからです。彼ら自身のためになりませんし、兄弟たちを惑わすことにもなるからです一人前に情報発信する前に、まずは、聖書(旧約、新約とも)を複数回通読し、聖書の真理をきちんと理解して、自分で正しく説明ができるようになってから伝道すべきです。自分はまだまだと思っている状態では伝道してはいけません。まずは自分が学ぶべきだからです。コンピュータや携帯を使い、ネット上でブログやTwitter等、情報発信が手軽になった影響で罪を犯し易くなっていることにも留意すべきです。

 

さて、話が若干逸れましたので安息日に話を戻します。

安息日は、モーセの律法にあると言いましたが、シナイ山で十戒を与えられる前から存在していることです。ここまで読んで忘れている人がいるかもしれませんが、上述したとおり、創世記2章に既に安息日について記述があります。つまり、天地創造の時から神によって定められ、永遠に朽ちることのない非常に重要な掟なのです。冒頭で言及した、安息日がイスラエルのユダヤ人のみに対してではなく、すべての人に向けたものといったのはこのためです。決して、出エジプト記のモーセがシナイ山に行った時(19章)に発生したものではないのです。ここを勘違いしないでください。また、出エジプト記16章にマナの話があります。ここに4回も安息日が出てきます。当該箇所は長いので引用は割愛しますが、読んだことがない人は是非読んでみてください。以上より、安息日は十戒の前からあることが分かりましたか。たまに、旧約聖書の内容は、キリストが来てから新約聖書だけになり、旧約聖書にあるモーセの律法も終わったことだと主張する者がいます。しかし、聖書をもって、このサタンの主張を粉砕できます。

 

新約聖書 マタイによる福音書 5章18節

すべてのことが実現し、天地が消えうせるまで、律法の文字から一点一画も消え去ることはない。

 

主イエスが上記のとおり仰ったのです。律法、即ち、モーセの律法は決して無効になっていないのです。天地が消え失せるまでというのは、キリストの再臨の時までです。前回記事で書いたとおり、キリスト再臨時、真のクリスチャンのみ携挙され、地上の物は熱で溶かされ、地上に残ったすべて人間は滅ぼされるのです。そして、主イエスはこうも言われています。

 

新約聖書 マタイによる福音書 24章20節

逃げるのが冬や安息日にならないように、祈りなさい。

 

安息日を守ることの大切さを忘れないようにということの主イエスからの注意喚起であると同時に、世の終わりまで安息日が存続することを明言されているのです。また、主イエスが十字架での死後、墓に葬られた時の様子にも安息日のことが書かれています。

 

新約聖書 ルカによる福音書 23章53節

遺体を十字架から降ろして亜麻布で包み、まだだれも葬られたことのない、岩に掘った墓の中に納めた。その日は準備の日であり、安息日が始まろうとしていた。イエスと一緒にガリラヤから来た婦人たちは、ヨセフの後について行き、墓と、イエスの遺体が収められている有様を見届け、家に帰って、香料と香油を準備した。

婦人たちは、安息日には掟に従って休んだ。

 

当時のイスラエルの人たちも安息日を守っていましたし、主イエス御自身も死んでいながら安息日を守られたのです。金曜日の午後3時頃に亡くなられ、その日の日没が来る前(安息日が始まる前)に葬られ、安息日を経過した後、週の第一日目である日曜日の朝に婦人たちが墓に行った時は既に主イエスが復活されて墓にはおられなかったのです。安息日は主の日でもあります。旧約聖書から見ていきます。

 

旧約聖書 出エジプト記 20章10節

七日目は、あなたの神、主の安息日であるから、いかなる仕事もしてはならない。

 

旧約聖書 出エジプト記 35章3節

安息日には、あなたたちの住まいのどこででも火をたいてはならない。

 

旧約聖書 ネヘミヤ記 10章32節

わたしたちは、この地の民が安息日に商品をはじめ、いかなる種類の穀物を持って来て売ろうとしても、安息日と他の聖なる日には買わない。

 

旧約聖書 イザヤ書 58章13~14節

安息日に歩き回ることをやめ

わたしの聖なる日にしたい事をするのをやめ

安息日を喜びの日と呼び

これを尊び、旅をするのをやめ

したいことをし続けず、取り引きを慎むなら、

そのとき、あなたは主を喜びとする。

 

旧約聖書 エレミヤ書 17章21〜22節

主は言われる。あなたたちは、慎んで、安息日に荷を運ばないようにしなさい。エルサレムのどの門からも持ち込んではならない。また安息日に、荷をあなたたちの家から持ち出してはならない。どのような仕事もしてはならない。安息日を聖別しなさい。

 

新約聖書 マルコによる福音書 2章27~28節

安息日は、人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない。だから、人の子は安息日の主でもある。

 

上記のイザヤ書58:13〜14の新共同訳の訳の質が悪いので、訂正を入れます。当該箇所の英語では、「“If you turn back your foot from the Sabbath, from doing your pleasure on my holy day, and call the Sabbath a delight and the holy day of the Lord honorable; if you honor it, not going your own ways, or seeking your own pleasure, or talking idly; then you shall take delight in the Lord,」です。ですから、「もしあなたが安息日に出歩くことをやめ、わたしの聖なる日にあなたの喜びや楽しみとなることをするのをやめるならば、安息日を喜びと呼び、尊ぶべき主の聖なる日と呼べ。もしあなたがそれを尊ぶならば、あなた自身のしたいことをせず、あなた自身の楽しみを模索したり無駄口を言わない。その時あなたは主を喜びとする。」と私は訳します。このように、安息日は、主の日であり、とても重要な日であるということがお分かりいただけたと思います。そして、安息日にしてはならないことも書かれています。上述のとおり、世俗的な欲求である、あなたのしたい事をするべきではないとはっきり聖書に書かれています。サタンは、神と人との関係を憎んでいます。神がサタンよりも人間を大事にするからですそういう訳で、サタンは、神と人間の関係が深まる、愛に満ちることを嫌います。よって、サタンは、神と人間との関係を深める時間を減らしたり、よりによってその時まで変更したのです。そのことで人間が神の掟を守らなくなり、神の怒りを人間に降りかからせるためです。安息日はキリストの十字架で廃止されたという人が結構います。そのような者は、サタンの惑わしに騙されています。現代のプロテスタントのクリスチャンや牧師でも、そう思っている人はいます。彼らはその根拠を以下に求めます。

 

新約聖書 コロサイの使徒への手紙 2章13~16節

肉に割礼を受けず、罪の中にいて死んでいたあなたがたを、神はキリストと共に生かしてくださったのです。神は、わたしたちの一切の罪を赦し、規則によってわたしたちを訴えて不利に陥れていた証書を破棄し、これを十字架に釘付けにして取り除いてくださいました。そして、もろもろの支配と権威の武装を解除し、キリストの勝利の列に従えて、公然とさらしものになさいました。

だから、あなたがたは食べ物や飲み物のこと、また、祭りや新月や安息日のことでだれにも批評されてはなりません。

 

この十字架に釘付けにして取り除いたというのは、主イエスの十字架の功績によって不必要になった割礼、動物の犠牲制度、地上の聖所、祭司制度、司法律法(石で打ち殺す等)、贖罪をはじめとする儀式等は当然のこと、忘れてはならないのは過去に犯した罪の記録のことです。新共同訳の日本語では非常に分かりづらいのですが、コロサイ2:13〜14の英語では「And you, who were dead in your trespasses and the uncircumcision of your flesh, God made alive together with him, having forgiven us all our trespasses, by canceling the record of debt that stood against us with its legal demands. This he set aside, nailing it to the cross.」であり、「そして、あなたがたは律法違反の罪で死んでいて肉体に割礼を受けなかったが、神がキリストと共に生きるようにしてくださり、律法違反の訴えにより私たちに立ちはだかった債務の記録を取り消すことによってわたしたちの律法違反の罪をお赦しになった。神はこれを脇に置いて、それを十字架に釘付けにされた。」と私なら訳します。つまり、正しい信仰に入る前にしていた罪を主イエスがお赦しになるということであり、この聖句は律法を廃止する意味では決してありません。これを律法廃止論の根拠にする者は反キリストです。旧約時代では罪の贖いとして、牛や山羊などの動物を屠って焼き尽くす捧げ物としていました。これをキリストの十字架以降廃止されたのです。今でも贖罪のために動物の犠牲を捧げるのは主イエスの十字架を冒涜することになります。過去記事にも書きましたとおり、人類の罪の代価はキリストの十字架で流した血によって贖われるようになったからです。このことが読めない、理解できない者が、クリスチャンやプロテスタントと自称し、聖書に依拠していないのは、もはやプロテスタントとも呼べない状況です。反キリストのカトリックと一緒です。カトリック、ローマ教皇は安息日について、以下のことをしました。

 

旧約聖書 ダニエル書 7章25節

彼はいと高き方に敵対して語り

いと高き方の聖者らを悩ます。

彼は時と法を変えようとたくらむ。

 

律法において時に関する定めは安息日だけです。これを変えようとしている、ダニエル書が書かれた紀元前の時代からすれば未だ起こっていないので、「変えよう」という未完の書かれ方をしています。上記のように、ダニエル書で預言されたとおり、実際に時と律法を変えた者がいます。それは、これは私が再三申し上げている反キリストのローマ教皇です。カトリックの十戒はご存知ですか。以下のとおりです。

 

カトリックの十戒

1.わたしのほかに神があってはならない。

2.あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。

3.主の日を心にとどめ、これを聖とせよ。

4.あなたの父母を敬え。

5.殺してはならない。

6.姦淫してはならない。

7.盗んではならない。

8.隣人に関して偽証してはならない。

9.隣人の妻を欲してはならない。

10.隣人の財産を欲してはならない。

 

注目するのは第2条、第3条、第9条です。おかしいと気付きましたか。聖書と明らかに異なっています。聖書では、第2条は、偶像礼拝の禁止です。しかし、それが取り除かれています。カトリック教会はあらゆるイエス像やマリア像、聖人像を建てまくっていますね。この偶像礼拝を肯定するために削除したのです。第3条は、「神の名をみだりに唱えないこと」のはずですが、「主の日を心にとどめ」という訳の分からない文言になっています。もっとも、カトリックが示す主というのは、実のところローマ教皇のことを指しています。あからさまに教皇と書かないのは人々の批判を呼ぶからです。過去記事ローマ教皇が神の子の代理人と自称していることについて書いたとおりです。聖書の第4条にある安息日の文言が消され、さっきのが代わりに第3条に繰り上げて挿入されています。それ以後順番が1つずつ繰り上がり、第9条に隣人の妻を欲するなとあり、聖書では第10条に含まれるものを分割しています。つまり、偶像礼拝禁止規定を削除して少なくなったので、第10条を分割して無理に補填したのです。このように、カトリック教会、ローマ教皇の権威で、彼らが勝手に神の律法を変えたのです。まさに神への反逆、冒涜行為です。

 

旧約聖書 箴言 30章5~6節

神の言われることはすべて清い。

身を寄せればそれは盾となる。

御言葉に付け加えようとするな。

責められて偽る者と断罪されることのないように。

 

新約聖書 ヘブライ人への手紙 4章9~11節

それで、安息日の休みが神の民に残されているのです。なぜなら、神の安息にあずかった者は、神が御業を終えて休まれたように、自分の業を終えて休んだからです。だから、わたしたちはこの安息にあずかるように努力しようではありませんか。さもないと、同じ不従順の例に倣って堕落する者が出るかもしれません。

 

お分かりでしょうか。旧約聖書だけでなく新約聖書にも安息日について書かれています。決して無効になったりはしていません。また、変更されるということもないのです。もし、万一、安息日について変更があれば、聖書のどこかに変更について書かれていなければおかしいです。しかし、実際は安息日が変更になった記述はどこにもありません。聖書の御言葉、神の掟に人間の戒めを追加することは断罪されるとは書いてあります。上述で説明したとおり、コロサイの使徒への手紙2:14~16を誤読し、または、都合よく聖書を引用して安息日の存在を消し去ろうと主張する者はサタンに惑わされて堕落した者です。

 

過去記事でも私が批判した、中川健一牧師は、モーセの十戒にある内容に拘束される必要はないと明確に言い切りました。証拠はこちら(Youtube)。即ち、神が定めた安息日を無視しろと言っていることに他なりません。彼は、カトリックのように安息日を日曜日に変更されたという教えこそ否定したものの、イエス・キリストが現れて以降、安息日自体は無いというおかしな考えを持っています。牧師がこういう状況ですから、いかにプロテスタントも堕落しているかお分かりでしょう。そのように考えているのは彼一人ではないでしょう。彼に教えを受けたクリスチャンも同じ考えになっているに違いありません。嘆かわしいです。世にはクリスチャンと自称する反キリストが氾濫しています。礼拝する日は、安息日だけでなくてもいいのですが、日曜礼拝というカトリックの慣例に従うのは、日曜日を聖別していることになり、反キリストであるローマ教皇に従うことを意味するので絶対に避けるべきです。ちなみに、聖書では安息日(土曜日)に礼拝するのが多く見みられます

 

新約聖書 ルカによる福音書 4章16節

イエスはお育ちになったナザレに来て、いつものとおり安息日に会堂に入り、聖書を朗読しようとしてお立ちになった

 

分かりましたか。イエス御自身が安息日にいつものとおり」、即ち、習慣的に人々の前で聖書をお読みになっていたのです。勿論、会堂には他にも人々が集まっていました。これは人々が集まって聖書を読み、神を礼拝する場であったということになります。

 

新約聖書 使徒言行録 15章21節

モーセの律法は、昔からどの町にも告げ知らせる人がいて、安息日ごとに会堂で読まれているからです。

 

そして、使徒パウロも同様の行動をしていました。

 

新約聖書 使徒言行録 17章2節

パウロはいつものように、ユダヤ人が集まっているところへ入って行き、三回の安息日にわたって聖書を引用して論じ合い

 

新約聖書 使徒言行録 18章4節

パウロは安息日ごとに会堂で論じ、ユダヤ人やギリシア人の説得に努めていた。 

 

新約聖書 使徒言行録 13章42、44節

パウロとバルナバが会堂を出るとき、人々は次の安息日にも同じことを話してくれるようにと頼んだ。

(中略)

次の安息日になると、ほとんど町中の人が主の言葉を聞こうとして集まって来た。 

 

上記箇所のとおり、安息日に人々と一緒に聖書を読み、議論して理解を深めているのが明白です。そして、聖書のどこにも日曜日にそのようなことをすることは書かれていません。当時は日曜日という概念はなく、今の日曜日は、当時の週の第一日目であり、休みの日ではなく、現代の平日扱いなのです。しかし、現代では、日曜日が休みなのは当たり前になってしまっています。私たちが生まれた時からそうなので、何の疑いもなく、当たり前と認識している人がほとんどでしょう。しかし、これは当たり前などではなく、過去に人間が意図的に週の始まりである第一日目の日曜日を休みにしたのです。それはローマ皇帝のコンスタンティヌスが321年に日曜休業令を出したことから、端を発しました。当時のローマは過去にも書いたとおり、反逆者ニムロドを起源とする太陽神崇拝(悪魔崇拝)をしていました。その礼拝日が日曜日だったのです。キリスト教を取り込むため、ローマに浸透させるために融合させ、出来たのがカトリックです。364年、ローマカトリック教会は、ラオデキヤ会議で、安息日を教会の権威により、神に逆らって、土曜日から日曜日に変更したのです。そして、近い将来、ローマ教皇は日曜休業に関する秩序(新世界秩序)を各国に強制するでしょう。なぜなら、日曜日に休むことを守らせるのが、神の掟を破ることになり、それがサタンとサタンの代理人たるローマ教皇の目的だからです。この点は、過去記事を参照ください。サタンは、昔から、神の御言葉が詰まった聖書の真理を人々に知られたくないために、あらゆる欺瞞を使って、人々を欺いています。そして、人間を破滅に導くために、神の律法を破らせるのです。分かっていない人が多いと思いますが、安息日は神と神の民の間のしるしです。

 

旧約聖書 エゼキエル書 20章12節

また、わたしは、彼らにわたしの安息日を与えた。これは、わたしと彼らの間のしるしとなり、わたしが彼らを聖別する主であることを、彼らが知るためであった。

 

旧約聖書 エゼキエル書 20章20節

わたしの安息日を聖別して、わたしとお前たちとの間のしるしとし、わたしがお前たちの神、主であることを知れ

 

旧約聖書 出エジプト記 31章13~14節

あなたたちは、わたしの安息日を守らねばならない。それは、代々にわたってわたしとあなたたちとの間のしるしであり、わたしがあなたたちを聖別する主であることを知るためのものである。安息日を守りなさい。それは、あなたたちにとって聖なる日である。それを汚す者は必ず死刑に処せられる。

 

聖書の中で、旧約、新約問わず安息日は非常に重要だと何回も繰り返し出てきています。そして、繰り返し、神が安息日を守るように仰っており、守らない者は死刑だとも言われている位、重要な掟なのです。それにも拘わらず、クリスチャンたちが安息日を軽んじるのは理解に苦しみます決して、安息日はユダヤ教徒だけのものではないのです。安息日に限らず、神の定めた律法のうち1つでも破れば、すべてを破ったことと同じことなのです。つまり、妥協は無いのです。以下のとおりです。

 

新約聖書 ヤコブの手紙 2章10節

律法全体を守ったとしても、一つの点でおちどがあるなら、すべての点について有罪となる

 

真のクリスチャンかのように振る舞う反キリストは、モーセの十戒を基本的には支持するのですが、第4条の安息日のことになると律法主義だの、ファリサイ派だの意味の分からない批判をするのです。安息日の重要性に気付いていないから、このような批判ができるのです。上述のように、たとえ十戒のうちの9つを守ったとしても、安息日を破るだけで、全部破ったことになるのは聖書に書いてあるのであり、私個人の意見ではありません。安息日を守ることの重要性について、散々上述したとおりですが、さらに、ヨハネの黙示録にも記述があります。

 

新約聖書 ヨハネの黙示録 14章12節

ここに、神の掟を守り、イエスに対する信仰を守り続ける聖なる者たちの忍耐が必要である。

 

上記箇所の「神の掟」というのは、まさしくモーセの律法を指します。勿論、主イエスが仰った「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。」と「隣人を自分のように愛しなさい。」も同様です。神を愛する者は、神の掟を守る者なのです。反対に、神の掟を守らない者は、神を愛していないのです。口先だけで行いが伴わないと無意味と私が何度も言ってきたとおりです。神の民(真のクリスチャン)にとって、神が定めたすべての律法を守ることは非常に大切なことです。安息日を守らない者は獣の刻印を押されます。偽預言者RAPTやRAPT信者は、過去に私のことをファリサイ派、律法学者だの無意味で的外れな批判をしてきたことがありました。何も分かっていないのは彼らです。過去に言ったとおり、偽預言者RAPTやRAPT信者が私を律法主義と無意味な批判をすることは、彼らがクリスチャンではないことを彼ら自身が示しています。

 

上述でプロテスタントの牧師を非難したとおりですが、主イエスの復活を記念して日曜日に礼拝するという牧師やクリスチャンが少なからずいるでしょう。プロテスタントで日曜礼拝をする言い訳にこれを使う牧師が多いです。既に述べたとおり、日曜日を守るのは人間であるローマ教皇の戒めです。それなのに、無意味にわたし(神)を拝んでいる(マタイ15:9)と神は嘆かれています。また、クリスマスやイースターというカトリックが異教文化から取り込んだ儀式に参加する人は、日曜礼拝にも参加する人です。はっきり言っておきますが、これらは間違った礼拝なのです。まったく、主の日である安息日を軽んじています。私が間違ったことを非難するのは、人々がそれだけ間違いを当たり前のように疑いもせずに実行しているからです。聖書の真理を知らず、主イエスの本質を知らず、神の律法を知らず、正しい礼拝をしないで、本物の信仰を持っていると自称するクリスチャンたち、本当に襟を正してください。これはあなたがたの永遠の運命を決定することなのです。

 

新約聖書 ルカによる福音書 6章46節

「わたしを『主よ、主よ』と呼びながら、なぜわたしの言うことを行わないのか。」

 

新約聖書 マタイによる福音書 7章21~23節

わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。かの日には、大勢の者がわたしに、『主よ、主よ、わたしたちは御名によって預言し、御名によって悪霊を追い出し、御名によって奇跡をいろいろ行ったではありませんか』と言うであろう。そのとき、わたしはきっぱりとこう言おう。『あなたたちのことは全然知らない。不法を働く者ども、わたしから離れ去れ。』」

 

これがにわかクリスチャンに対する警告です。安息日を守らない者は、イエスから知らないと言われるのです。自分は違うと思いますか。どこからその自信は来るのですか。「携挙の真実」の記事でも書きましたが、艱難期前携挙説(秘密携挙説)を盲信するあなたがたが聖書の真理を知っているとは到底思えません。自分は大丈夫だと根拠の無い、変な自信を持って、高慢にならないでください。

 

安息日の重要性とモーセの律法についてよく理解していただけましたでしょうか。繰り返し言いますが、モーセの律法、安息日を忘れることは神を忘れることに繋がります。そして、サタンの誘惑にまみれた世俗の生活に完全に取り込まれるのです。前回記事で書いたとおり、神の掟を守らないで口先だけでイエスを主と言うだけのにわかクリスチャンは、艱難期にイエスの保護は受けられません(ヨハネの黙示録3:10参照)。そして、その艱難の過酷さに耐え切れず信仰から脱落し、獣の刻印を受けるのです。その前に、偽預言者RAPTやAmir Tsarfati等、偽りの教えや偽善をする者たちに心を奪われ、惑わされ、信仰から脱落します(テモテ一4:1〜2)。信仰から脱落というのは、聖書の真理から逸れて真のクリスチャンになれないことを意味します。安息日を守らず、真のクリスチャンになれないということは、結果的にローマ教皇に従うことになり、獣の刻印を受けることを意味します。当記事で、安息日の重要性はよく理解されたはずです。たかが安息日という者は絶対に救われません。今後、同性愛、同性婚についても記事にします。それも必ずご覧ください。

 

私は、あなたがたにそのようになって欲しくないから、一生懸命、聖書の真理とサタンの惑わしの危険性について宣べ伝えているのです。

 

私は一人でも多くの人が救われることを願っています。

 

以上