『ツジカワ株式会社』を潰すためだけに書かれるブログ

『ツジカワ株式会社』を潰すためだけに書かれるブログ

大阪市のブラック企業『ツジカワ株式会社』の闇の部分に光をあてる。
経営者がクソすぎるブラック企業の代表格。

Amebaでブログを始めよう!
さて、毎年春節の時期になると中国はどこにいてもうるさくてしょうがないです。

爆竹とか、ただ酒飲んで騒いでるやつとか、ホント、大っ嫌いです!

去年は逃れることはできませんでしたが、ことしは上海のま反対、ブラジル・サンパウロまでやってきました。

 
サンパウロ空港から市内に向かうハイウェイの名前が
“アイルトン・セナ” だって。
泣かせるなあ・・・

先週はリオのカーニバルがあって、サンパウロもきっとサンバのリズムに乗って陽気な人たちとの出会いがあるのだろう。

中国での、あの狂ったような喧騒から離れて、素敵な1週間を過ごそう・・・

ホテルは旧日本人街の近く、リベルダージ通りのホテルにしましたが、昨日の土曜日、朝起きてホテルから出ると大変なことが・・・

それは・・・


 

 

 

 

 

そう、“春節” のお祝いです!

ブラジルも最近中国からの移民が多いらしいわ。聞くところによると日系移民と同じくらいの150万人だって。

 

 

 

春節も祝っちゃいますよね~

何のためにここまで来たのか分からん・・・


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

先日、インドネシアのスラバヤからシンガポールに向かう途中、消息を絶ったエアアジア機の残骸とみられる破片が、カリマンタン島南西部の海上で発見されていると発表があった。

今年に入ってから、ほぼ毎週飛行機を利用している私は、この事故がとても他人事とは思えない。

先週もインド・バンガロールからチェンナイをエアアジアで往復したばかり。エアアジアは料金も安い上に安全だと聞いていたので、これまで6度利用している。

もしかしたら今回墜落したエアアジア機の中に、顔を合わせているCAがいるかもしれない・・・。そんな思いがよぎる。

「これだけ飛行機に乗ってたら、死ぬとしたら飛行機事故の可能性が高いわな・・・」

というのは、つい先日、仕事を一緒にしている社長さんとのほんの軽い気持ちでいったジョーク。しかも、飛行機の中で。

もう、こんなバカな冗談を言うのは止めよう・・・。

墜落した機内にいた方々の恐怖は計り知れない・・・。



アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村
インド、バンガロールに滞在しています。

今朝のことです。早朝、一緒に滞在していた知人を空港まで送って、その帰りにマックによりました。

 


 

朝10時ですが、お客はまったくいません。

外に出てふとベンチに座るドナルド氏を見ると、どこかけったるそう・・・。

 

「あ~、なんかだるいわ・・・」

そんな感じでくつろいでいます。

 
 
 
 
 

ところで今日、初めて「リキシャー」というローカルのタクシーに乗りました。

 

 

インドの人もみんな「リキシャー」と呼んでいますが、その語源をきいても誰も知らない。

もしかして「人力車」の「人車」なのかな?

と、思ったりもしますが、なんでインドのタクシーの語源が日本語なんだか説明がつきませんので、違うかもしれない。

料金は最初の2キロが25ルピー(46円)、それから1キロごとに15ルピー(28円)。

 

 
 
安いけど、超揺れて怖かったです。

意外と速いしね。

ちなみに、普通のタクシーと違って近場にしか行ってくれないそうです。

近場と言っても、誰にきいてもだいたいどのくらいまで行くのか分からない。

5キロくらいかな。予想ですが。

渋滞の中をクネクネ走って、いつ車にぶつかるかも分からない。

よほどのことがない限り、やめとこうかなと思います。



にほんブログ村


アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ
今年8月。ある暑い夏の日。路上で小さな籠にたくさんウサギを入れて売っていた。

本当に小さな金属の籠で、体長20センチにも満たない子ウサギが体を動かすこともできないほど。

そして、水もろくに与えられず、数匹の子ウサギはいまにも死にそうだった。

1匹、買って帰る。ビニール袋に入れられたウサギを持ってタクシーに乗る。

そして、家に帰ると取りあえず洋服を整理するプラスティックの箱の中に入れ、菜っ葉とニンジンをやると、恐ろしいほどの速さで食べる。


 

 

 


 きっと、ちゃんと食べさせてもらってなかったんだろうなあ・・・と思う。

本当に小さなウサギ。

量ると200グラムほど・・・。

そして、その1週間後、また別の路上で、売っていたウサギ。そのウサギは本当に今にも死にそうだった。

そのウサギを30元で引き取ると、家に連れていって育て始めた。

あれから早いもので、4ヵ月・・・。

 
2匹のウサギは、なんと3キロ越えの巨漢に成長!


 

 
本当にでかいんだわ! いいもん食ってるからね。


 
たまに外に出してやらないとフラストレーションがたまるんで、散歩させてます。

まだまだ育ちざかり。もっと大きくなるね。

上海では路上や公園の入り口の前とかでウサギや子犬が売ってますけど、売れ残ったウサギはある程度育てて大きくなったらみんな食料業者に食肉として売ってしまうらしい。

可愛い子ウサギなら買う人がいるかもしれないけど、大きくなったウサギなんて誰も買わないからね。

大きく育ったうちの2匹のウサギ。彼らが寿命を迎えるまで、ずっと家族として生活するつもりです。

食料として売られるはずだったウサギを助けてやったという気持ちもない。

夏の暑い日。路上で出会ったのもきっと何かの縁だろう。

ただ、そう思うだけだ。



中国(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

インド、バンガロールに来るようになってから早いもので3か月が経ちました。

といっても、その間ずっとバンガロールにいたわけではなく、東南アジアの国々を転々として、時には上海に戻ってくることもあります。時々・・・

さて、もう1か月前の話になり恐縮ですが、バンガロールのJETROに立ち寄り、職員の方から様々な貴重なアドバイスをいただいたその帰り、お昼を過ぎていたのでランチをとることに。





 

ちなみに、バンガロールのJETROの前の通りはこんな感じです。

それでと・・・そうそう、お腹が空いて何気なく入ったのがステーキハウス。


その店の特製ステーキを頼むと、こんなに大きな、肉がどこにあるのかも見えないステーキが!

お店もそこそこ流行っているようで、20くらいあるテーブルが満員です。もちろん、私を除いてお客さんはみんなインド人。

あれ?でも確かインドでは牛は神聖な動物だから食べなかったのでは?と、ステーキを食べている途中で気づきましたが・・・

しかし、周りの客は気にしてる感じまったくナシ!フツーに食べてます。

その後、調べるとヒンドゥー教は食べないだけで、その他の宗教の人たちはその限りではないとか・・・

しかしながら、街中にいる自由に生活している牛たちを見ると、彼らを食べるのは非常に忍びない気がします。

それと、インドでは全体の80%がヒンドゥー教徒だとのことですが、残り20%の人たちのためだけにステーキ屋とか開いて商売になるのかなぁ?

と、素朴な疑問が。

ステーキ自体は非常に美味しかったですが、なんとなく後味が悪いランチではありました。

 


アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ



にほんブログ村