月と星の羅針盤

月と星の羅針盤

占星術で読む未来

今日から3日間ほど水星がノーアスペクト(他の惑星と関係を持たない/ペレグリン)になります。

 

惑星がノーアスペクトになる時の解釈は大きく2つあり

 

・その惑星の力が全く阻まれることなく最大限に発揮される

または

・その惑星のエネルギーは完全に無視され何物にも影響を及ぼさない

 

水星のエネルギーは言論・コミュニケーションで水瓶座に位置しています。

水瓶座はインターネットを表していることは最近よく言われるようになりました。

今、まさにその世界で闘争が繰り広げられています。

 

これからの3日間は予想もしなかったような情報が次々と発表され、情報収集力と分析力が試されることになるのではないかと思います。(水瓶座には分析という意味もあります)

 

大きな分岐点となるのは1月20日、2月2日(今年の節分は2月2日なのです)そして3月3日であると思われます。

 

歴史の大きな変わり目に遭遇できることは星読みとしては本当に幸運なことですが、世界の情勢を読む(マンデーン)という星読みの記事を今後も自由に書くことが出来るかどうかは今後の世界の進む方向性に大きく左右されることになります。

 

風の時代が本当の自由を体験する解放された時代になりますように。