心を湛(しずか)にゆるがせて

心を湛(しずか)にゆるがせて

ヤフーブログから引っ越して来ました。
映画感想、読書感想が主なブログです。

 

皆様、ごきげんよう。

今月もまだ映画を観に出かけていません。そろそろ腰を上げなければ・・・と思っています。

ちょうど関心を引く作品の上映があってます。

 

本日は久々にアニメネタです。今現在放送中のアニメ「ヴィンランド・サガ」にガッツリ嵌っています。

原作漫画もTタヤでレンタルして一気読みしました。

流石に近年は漫画雑誌を読まないので、TV放送が始まるまで知らない作品でした。

 

11世紀初頭の時代背景、イングランドを攻める北欧ヴァイキングの物語です。

歴史物と言うよりも、その時代の若者も現代の我々と同じ人間である事を強く感じられ

共感を覚えます。勿論、過酷な生き方は現代日本人の比ではありません。

まだ原作も完結しておらず、アニメ放送も主人公が少年時代の段階なので

あまりネタバレしてはいけないのですが・・・

 

主人公トルフィン少年が、父を殺され、復讐を誓って(何とその時6歳です!)

ヴァイキングに身を投じ殺戮に明け暮れる日々を生きる中、

物語の展開と共に考えにも変化が起こっていき(欧州の話なのでキリスト教が絡んで)

「愛」に目覚めつつも・・・というお話。

 

文字に書くと堅苦しく感じられるかも。

しかしそこは少年漫画なので、台詞は現代の若者言葉だったりして身近なものです。

千年前の人々もその時々の若者言葉で話していたでしょうから。

毎回アニメを観終わってエンディング曲「Drown」(miket(ミレイ)という日本の女性シンガー曲)を

聴く度に物語の余韻に浸っています。

前述の通りヴァイキング(主にデンマーク)の話だけど、舞台は(現在放送中の話は)イングランドであり

ケルト系英雄アルトリウス(アーサー王のモデル)の末裔も登場、風森のツボでございます♪