【フィットネス指導者・パーソナルトレーナー向け】人間形成、資産形成、技能向上に関する話
  • 14Dec
    • NSCAに入会して20年が経っていました

       アセットデザインとボディデザインを形にする!パーソナルトレーナーのリーンボディズです年末でデスク周りを整理していたらこんなものが出てきました!!↓↓↓2000年に受験したNSCA認定のCSCS受験のための学習教材として使った、エッセンシャル・ストレングストレーニング&コンディショニングです。現在は、4版までが翻訳されて出ています。パーソナルトレーナー、ストレングスコーチ、スポーツトレーナー・・・当時は今ほど情報が少なく手に入れにくい時代でしたので、どのようにして勉強し、どのようにしてこの職業として道を切り開いていけば良いか手探りな状態でした。そんな時にNSCAのエッセンシャルを読み、資格にチャレンジすることは一つの道しるべのようなものでした。かなりボロボロになるまで何度も何度も読み返したことが伺えます。ベースとしての学習はこの1冊でかなり詰めたと思っています。NSCA会員には年に10冊の会報誌に当たるS&Cジャーナルが届きます。入会して今年で20年が立ちましたのでジャーナルも200冊を超えました↓↓↓当時は本当によく勉強してな〜と。いつまでも勉強家であらなばなと思い出させてくれたテキストでした。2018年もあと少し、まだまだ頑張りますよ〜

      NEW!

      3
      テーマ:
  • 11Dec
    • 行動経営学講座に参加して、専門分野に対する力の入れようがより強くなりました

      アセットデザインとボディデザインを形にする!パーソナルトレーナーのリーンボディズです現在、VOSJAPANのコンテンツの一つである行動経営学の講義をうけています。事業主として独立したい、または独立している人をはじめ、すでに会社を経営している人や、自分自身を経営するという観点からサラリーマンの方まで幅広く参加されています。一応、わたしも個人事業主として13年やっていますので、マーケティングだのプロモーションだの、は一通りは勉強してきました。でもやっぱり抜け落ちてるところもあり、自分が専門とすることでもないからやはり疎か。改めて向き合えてよかったと感じています。行動経営学を学んで、やっぱり自分の専門性を高めないとな、という結論に至りました。ラーメン屋なら、経営学を勉強してやることは、まず、美味いラーメンを作ることでしょう。経営の勉強しても不味いラーメンを作り続けている限りは売れないでしょう。この美味い!というのが誰にとってなのか、を考えるのが経営で、美味いラーメンの探求がプロとしての仕事かと思います。パーソナルトレーナーなら、身体のことを学び、トレーニングについて実践し知識を深め、指導技師を高めていかないとプロとはいえません。そこに経営的な視点、誰にそれを届けたいのか?サポートしたいのか?アドバイザーでありたいのか?をマッチングさせる。そうするとまた、そのために自分に足りない部分が見えてくるということになります。いわゆる専門分野だけを勉強していては、お客様が見えていないということになり兼ねないので、常に経営的な視点は必要だということになります。行動経営学に参加して、改めて勉強は広い視野を持ってやっていきたいと、思った次第です。

      2
      テーマ:
  • 09Dec
    • 社会人向けフィットネストレーナー基礎講座。年内ラスト授業でした

      アセットデザインとボディデザインを形にする!パーソナルトレーナーのリーンボディズです週末グッと寒くなりました。体調を崩される方も周りでちらほらと…今日の授業も例外ではなく欠席が多かったです。気候変化のストレスに、寝不足や仕事の詰め込みが重なると自律神経が耐えれなくなります。色々バランスをとりましょう。今日は専門学校で社会人向け講座の年内最終講義でした。半年講座の前半3分の1ほどが終わりました。運動生理学とキネシオロジーという、運動指導者にとってのベースのベースが終わったところ。これから実践応用を積み重ねていくことになります。本日は、機能解剖の視点からエクササイズを考察していきました。機能解剖を理解してエクササイズを実践しても良いですが、まずはエクササイズを自らしっかり実践してそこに機能解剖学視点での理解を深めるのが良いかと思います。まずはエクササイズをトレーナー自身がしっかり実践することが理解への近道です。

  • 04Dec
    • パーソナルトレーナーやフィットネスインストラクターが最低限学んでおくべきこと

      アセットデザインとボディデザインを形にする!パーソナルトレーナーのリーンボディズです。資格取得だけでは身につかないことパーソナルトレーナー養成講座の位置付けと言えるNESTA_PFTゼミコースですが、年内講座は全て終わりました。こちらを担当して10年ほどになるのですが、ゼミコースだけではどうしてもお伝えしきれないことがたくさんあります。NESTAの教科書には、キネシオロジーの章もビジネスの章も用意がありますが、いかんせん資格取得がゴールの講座でもあるためはっきり言ってぬるいです。だから、受講生にはオススメの解剖学の本をお知らせしたり、経営に関する本をご紹介したりしています。しかし、勉強するかしないかは個人の問題ですし、本を読んだらわかるレベルの話でもありません。資格は合格したとしても、キネシオロジーを理解できてない、ビジネスもよくわからないまま仕事するのは心許ないと思います。必要だけどなかなかない学びの場最低でも、キネシオロジーを本当に理解していることがピラティス指導者、ヨガ指導者含めて運動指導者にはベースとして必要と思います。また、独立して店を出したり個人事業になる人だけでなく、雇われて働く人にとっても自分自身を経営するという意味からも経営学を学ぶことは不可欠なことだと思います。しかし、キネシオロジーを体系的に学ぶために今から医療系国家資格を学びに行くのか?MBAでも取るために学校に入りなおすのか?それはそれでまた本質から逸れて行くかもしれませんね。やっとオススメできる講座に出会えました運動指導者という立場で、時間的なもの費用的なもの、 内容が現場で役に立つものなどを加味するとなかなかオススメできるものがない状態でしたが、やっと「これはいい!」というものに出会うことができました。⑴B_collegeビーカレッジの「身体の基礎知識ベーシックコース」全6回ピラティスインストラクターが主催するこの講座では、医療従事者と運動指導者の橋渡しができるよう医療系国家資格をもつ医療現場で現役バリバリの先生を講師に迎え学びの場を用意してくれました。一回あたりの講座が4時間以上にわたるにもかかわらず2万円程度と大変リーズナブルなのも特徴です。詳しくはホームページをご覧ください↓↓↓https://bcollege.jp/⑵VOS_JAPANの「行動経営学」全7回スポーツの世界でもしっかり経営を学び、お金について知識を身につけ、それを行動に移せる環境を用意した講座になります。机上の話をいかにリアルな現場で落とし込めるかに重きを置きます。zoomなどビデオ受講も可能で全国どこにいても学べます。また、7回終わって、はい!さようなら、ではなく、継続的に何回でも学べる仕組みになっている点もオススメのポイントです。月1万円程度の投資で学べるので大変リーズナブルです。詳しくはメデァ記事より↓↓↓https://vos-japan.com/ar/1684パーソナルトレーナーがキネシオロジーについてしっかり理解しておくことは当然ですし、経営脳を身につけていくこともこれからの時代を生き抜いていくのに必須の学びです。お問い合わせ頂ければ、お話しさせていただきます。

      4
      テーマ:
  • 02Dec
    • 身体づくりも資産づくりも長期的戦略を立てて継続することをこの1年で学びました

      アセットデザインとボディデザインを形にする!パーソナルトレーナーのリーンボディズです12月になりました。今年を振り返りつつ来年を見据える大事な1ヶ月です。今年はあまり仕事しなかったなぁ…量より質だったか、または、多角的になってきたという感じでしょうかね。以前から関わっていたプロジェクトが大きく動き出したのも今年の収穫であります。パーソナルトレーナーのキャリアデザインスキルアップもそうでしょうし、飯を食うための経営なんかもそうでしょう。世の中を広く見ていくことも大事。そうやって視野を広げることで、我々パーソナルトレーナーが社会においてどういう役割があるか見えてくるように感じます。アセットデザインとボディデザイン人生100年時代というキャッチコピーがありますが、長生きできる時代、長生きしなきゃいけない時代です。ドクターからも長生き=死ねない、わけだから、そのためにやるべきことがあると教わりました。また、ファンドマネジャーからも、長生きするにはお金がかかるんですよ、資産築くことを早くから真剣に考えていかないといけないとも教わりました。健康で長生き。そのための健全なる資産形成。それがボディデザインとアセットデザインなんです。消費増税と日本の没落経世済民。本来の経済とはこうあるべきですが、今の日本の進んでる方向はどうでしょうか?私は日本という国は素晴らしい国だと思うし、これからもそうあってほしいと思います。しかし、現在の色々な法案をみると、経済的にも、周りのアジア諸国に追い抜かれてしまうのではないかとさえ感じます。10月にフィリピンのダバオに行った時にも、その成長感を肌で感じました。→https://ameblo.jp/leanbody-s/entry-12414596013.htmlそういう世の中の変化、起こっていることも敏感に感じ取りながら、個人としてはどう生きていくべきかを考えざるを得ないかなと思います。オリンピックがやってくる2019年、2020年。スポーツ界では大きなイベントとなるオリンピックが控えています。スポーツに関わるものとしても、オリンピックは成功して欲しいし、日本で開催されるオリンピックだからいつも以上に楽しみにはしていますが、ポストオリンピックも見据えてやっていかないといけないと考えています。個人の力をつける世の中がどう変わっていこうとも、個人の力=体力があるとか、経済力があるとか、知恵があるとか…があれば、自分や自分の家族、手の届く守備範囲の人に力を分け与え合うことができると思います。・体力をつける=運動・経済力をつける=稼ぎ、守り、増やす・知恵をつける=教育パーソナルトレーナーやフィットネスの現場で働く皆さんはより多くの人に関わり力を与えていく存在でもあると思います。・運動を継続する環境を用意する・資産形成を継続できる環境を作る・様々な教育を受ける環境を作る2019年に向けて始めていきましょう。苦手な分野や相談先に心当たりがない方は、相談に乗ることも可能です。↓↓↓hhttps://goo.gl/forms/JbYCnSULaxMQgM913

      1
      テーマ:
  • 24Nov
    • 【パーソナルトレーナー養成講座】ベストブレインウェルネスアワード優勝者とのご縁

      アセットデザインとボディデザインを形にする!パーソナルトレーナーのリーンボディズですフィットネス業界に関わっている方なら一度は目にしたり耳にしたりしたことがあるかもしれません。↓↓↓フィットネスビジネスのスピーチコンテスト。自分の事業をプレゼンし、評価を受けるコンテストです。例年、こちらでファイナルに残ったり、優勝した方々はみな、事業をその後成功させているようです。5年ほど、前から色々と仕事で関わりがあり、来年もいくつか一緒に仕事することが決まっているパーソナルトレーナーの方が、今年のコンテストで優勝されました!!運動で日本を健康で元氣にする。それを事業として形にするということで、とりわけマイクロジムの展開とパーソナルトレーナー育成に力を入れておられます。ボディコンサルタントスクール・パーソナルトレーナー養成講座https://www.kohriman.com/school/こちらの講座の一つを2019年1月に担当することになりました。NESTA PFTゼミコースとして16時間を組みこみます。開催要項2019年1月13日.14日2日間10時〜19時講師:NESTA JAPAN エリアマネージャー高津 諭会場:南森町トレーニングセンターNESTA認定パーソナルトレーナー資格の取得を目指した講座です。認定試験は2月17日に開催されます。ベストブレインウェルネスアワード2018覇者と一緒にパーソナルトレーナーの育成を行ってまいります。是非、ボディコンサルタントスクール・パーソナルトレーナー養成講座にご参加ください。

      6
      テーマ:
    • NESTA PFTゼミコース@大阪 年内最終回が終わりました

       NESTA JAPANエリアマネージャーのたかつです。11月の木曜日4回を使って、NESTA PFT試験合格を目指して、32時間のゼミコースが行われました。後半の16時間を担当いたしました。パーソナルトレーナーという仕事、そのために必要な知識、それから指導技術。これらを網羅し、試験という形で答えを出してもらうものになります。指導技術に関しては、資格取得後の学びの継続が大切です。資格を取って終わりということはありません。受験された方、資格をお持ちの方は引き続き高みを目指して学びを続けていただきたいと思います。今回のゼミコースも、定員いっぱいになったようです。2019年以降、受講を考えておられる方は早めにお申し込みください。年明けは、2019年、1月〜2月にかけて木曜開催で、予定しています。パーソナルトレーナー資格に関する情報は…↓↓↓http://www.nesta-gfj.com/

  • 18Nov
    • NESTAスペシャリスト講習「ダイエット&ビューティ」開催しました

      NESTA JAPAN エリアマネージャーのたかつです。土日二日間で16時間の講座・ダイエット&ビューティスペシャリスト講座を開催しました。ピラティスとのコラボ、ヨガとのコラボを模索して受講される方も多かったです。身体づくりの流れ・姿勢、歩き方をただす・ストレッチ・カーディオ・レジスタンストレーニング特に姿勢と歩き方の指導には重点を置きました。姿勢を作るといっても筋肉を緊張させた作られたものではなく、呼吸から誘導した自然体を目指します歩き方は、一人一人歩様にはクセがあることを理解し、共通するポイントを押さえ歩きました。重心移動と片脚にきちんと乗れることがポイントです。レジスタンストレーニングは、エクササイズをトレーニング環境に応じてどう工夫するか?が課題です。例えばスクワットというエクササイズはしゃがんで立つだけですが、対象者やトレーニングをやる場所によって目的に叶う効果を出すにはどのようにやってもらうのがいいのか…ということです。ダイエットに関しては、基礎的な栄養学をなるべく実際の食事に当てはめてはなすことで理解を深めていただきました。ダイエットとサプリメントに関しては一番質問が出たかも知れませんね。最後はスペシャリスト恒例のレッスン計画と発表12回のレッスン構築は未来予測能力が必要です。こうしたらこうなるだろという想定を元に組み立ていきます。そこから各エクササイズの指導をしてもらいました。明日からの指導に生かしていただきたいと思います。

  • 17Nov
    • SPORTEC WEST2018 スポルテック 2018@大阪 にてセミナーを担当しました

      アセットデザインとボディデザインを形にする!パーソナルトレーナーのリーンボディズです11月14日〜16日までインテックス大阪で開催されたフィットネス、健康産業の展示会スポルテック 。大阪で初開催となったスポルテック でセミナーを2コマ担当させていただきました。「筋肥大のためのプログラムデザイン」筋肥大の理論的背景をお話しし、理屈を元にプログラムデザインをして行くプロセスをお話ししました。トレーニングは刺激とその反応、適応の関係で説明できます。どのような刺激を与えるとどのような適応につながるか、その刺激をトレーニングプログラムとしてデザインしたらどのような内容になるか、ということです。教科書的なスタンダードな10回3セットはなぜこれまで支持されてきたのか。そこからどうバリエーション豊富なメニューにするかという内容としました。セミナー後の参加者の質問や、のちに感想を下さった方の内容をみるとやって良かったテーマだなと思いました。「フィットネスの結論」自分にとってはやや挑戦的な内容でした。前者の筋肥大の〜というテーマと比べたらまるで対極にあるような内容ですが、実は共通した話であると言うのがオチです。高齢者でも若い人でも筋肉という器官はとても大切です。特に健康という面で考えた場合、筋肉が元気=熱産生、ポンプ作用により体温を高め、循環を良くし、酸素や栄養素を身体の隅々まで届けることができます。筋肉が低下するのは主に速筋線維の萎縮によるとされています。ですから、速筋線維を適切に刺激したいわけです。その時に高負荷ウェイトトレーニングしか選択肢になければ、多くの人に受け入れてもらうのは難しいと考えます。酸素の取り込みと速筋線維刺激を、いわゆるヘビーなウェイトトレーニング以外でも対応できることで指導の幅が広がると考えます。そのような提案をさせていただきました。そのような考えでトレーニング指導されているパーソナルトレーナーさんもいらっしゃいます→http://fuji-training.blog.jp/archives/12785698.html年々、規模が大きくなっているスポルテック 。来年も目が離せません!

      7
      テーマ:
  • 14Nov
    • 食アスリート協会のインストラクターとして一緒に活動する仲間を募集「15期養成講座のご案内」

      お米を食べてボディメイクする!!でおなじみの食アスリート協会シニアインストラクターのたかつです。お米の販売もしている、パーソナルトレーニングジム W_gymではお米を食べてボディメイクを監修しています只今2019年1月からスタートします、ジュニアインストラクター養成講座15期生の受講募集をしています。その無料説明会を下記の日程で開催します。◯平日11月21日(水)19:00~21:30◯2019年1月13日(日)13:00~14:30どちらも四谷三丁目の食アスリート協会事務所です。※遠方の方にはzoom参加もございます食アスリートJr.インストラクター養成講座無料説明会日程 : 11月21日(水)時間 : 19時00分~20時30分場所 : 食アスリート協会事務所内容 : 「どんなことが学べるの」「インストラクターになって活躍するには」「食事で結果が変わるの?」講師 : シニアインストラクター 高橋 藍*********************『食べる力』で心も身体も強くなる!食を栄養の観点だけで捉えるのではなく、トレーニングとして捉える。☆食べることへの意識を変える!☆食べものを受け止める身体の機能を高めること!インストラクター養成講座では、身体と食の関係についての基本を理論的に学び『食べる力』を分かりやすく考える知識とスキルを身につけられます!トップアスリートからスポーツを始めたばかりの子供まで、基本は『食べる力』をシンプルな方法で身につけて結果を出す。全国各地でインストラクターが活動しており、あらゆる競技で続々と結果が出ています!現在、ジュニアインストラクター養成講座15期生募集しております!スポーツをする人をサポートする専門家やスポーツと食の仕事をしたい人におススメです。15期2019年1月からスタートします!詳細・お申し込みは↓https://peraichi.com/landing_pages/view/shokuathlete食アスリート協会HP↓https://s-a.or.jp/

      6
      テーマ:

プロフィール

リーンボディズ@フィットネストレーナー育成

誕生日:
1975年6月24日
自己紹介:
神戸~大阪を中心に活動しているパーソナルトレーナーのリーンボディズです。 トレーニング指導を仕事にし...

続きを見る >

フォロー

テーマ

一覧を見る

月別

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス