Leadman オリジナル ベース&ギター | 神戸楽器店 リードマンのブログ

神戸楽器店 リードマンのブログ

楽器の販売からスタジオレンタル、PAまで幅広くサポートいたします!


テーマ:
Leadman オリジナル ベース&ギター

2015 スタートします!




1.木工作業現場風景
全員楽器好きでいい楽器が出来ることを考え常に作業を行っています。
LM-OGB01

2.木材加工の作業場を上から見たところ

LM-OGB02

3.ルーターにて掘り込み作業をしている様子
 機械任せでは無く,1本1本丁寧に目で見て確実な作業を行っています。

LM-OGB03

4.ルーターにてボディの掘り込み加工をする工程
 熟練技でプレイヤーさまのご要望にお応えすることが出来ます。

LM-OGB04

 5.ボディの木地を研磨しているところ 綺麗に塗装するための大事な作業です
 細かいところまで,美しく磨き上げます,日本製の誇れる部分です。

LM-OGB05

6.ピックガードのはめ込み作業の様子
 狂いの無い取付を行う為の重要な作業です

LM-OGB06

 7.塗装に入る前のバインディングにマスキングを巻いている様子
マスキング作業は地味ですが,出来上がりを左右するので,慎重に確実に行います。

LM-OGB07
 
8.塗装場で塗装されたボディはこのように吊るされ乾燥させます

LM-OGB08

9.塗装場の様子、ここで塗装されたボディやネックを研磨したり乾燥させたりします

LM-OGB09

10.水研磨作業中、スプレーガン塗装された塗面はデコボコ
 しているので平坦にする為に重要な作業です。
 出来上がりの美しさに影響するので,細心の注意を払い綺麗に磨き上げます。

LM-OGB10

11.奥でベルトサンダーを使って同じく塗装面の平面を出しています。
 ここも熟練の技が必要な所で,安心して視る事ができます。

LM-OGB11

12.バフ掛けの機械 これを掛けることで綺麗な艶が出ます、
 丸い布がかなり速いスピードで回転するので,楽器をしっか
 り持って細かい部分まで磨き上げます。

LM-OGB12

13.バフ掛け機アップ、ここが高速に回転して磨きます。
 楽器に研磨剤を塗り高速で回るバフ機にあてて磨きます,気を抜くと力強いバフ機に負け
 落下する恐れもあります。

LM-OGB13

14.機械で掘られた溝を更に手加工で溝の深さを微調整する作業。
 経験と職人技が光ります。

LM-OGB14

15.指版のサイドエッジの処理をしている様子
 1本1本丁寧に作業を行います。

LM-OGB15

16.組み込みを待つパーツ類( CTS,オレンジドロップ)
 音を考え良い素材を選んでいます。

LM-OGB16

17.各種半田と配線材
 出音に影響のある半田材と配線材,モデルによってマッチするものを使用します。

LM-OGB17

18.削り出したボディの保管棚。 出番を待っています。

LM-OGB18

19.塗装待ちのネック、ボディ保管棚。

LM-OGB19

20.美しいキルトメイプルのトップ材。
 色々な特注にも応じられるように,良い材も揃えています。

LM-OGB20

21.削り出されたボディ

LM-OGB21

22.工具類
 整理整頓された工具類です

LM-OGB22

23.ルーターのセンターピン これで加工サイズを調整します。
 道具の多さや綺麗さは,細かな作業を確実にでき完成時に違いが出てきます。

LM-OGB23

24.組み上げ、最終調整をする作業場です。

LM-OGB24

神戸楽器店 リードマンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス