独立・開業を目指すファイナンシャルプランナーのための開業ノウハウ

独立・開業を目指すファイナンシャルプランナーのための開業ノウハウ

大阪のファイナンシャルプランナー事務所LBプランニングの中野が「独立FPとして起業したい」という方のために、FP業務を行うための開業ノウハウについて書いてます。


テーマ:

大阪の独立FPの中野です。

 

ここ数日、のどの調子が悪く咳が止まりません。
ちょっとずつ良くなっている気がするのですが、

週が明けても調子が戻らなかったら病院に

行こうかと思っています。

さて、最近個人のお客さんからも、

セミナーの問い合わせでも、

 

「Skeype相談やネット配信、DVD販売はしないのですか?」

 

というリクエストをいくつかいただいています。

21世紀、ネット社会ですから当然、こういうリクエストが

増えるんだろうなぁとはボンヤリと思っていましたが、
なぜか立て続けにリクエストをいただきました。
何かそういうテレビ番組とかがあったのでしょうか?

(ご存知の方がいらっしゃいましたらおしえてください)

私自身、東京や名古屋の仲間と仕事の打合せをするときには、

5~6年前からSkeypeやFacebookのMessengerなどを
使って会議をしていたので、全然使っていないというワケではありません。
大手の企業での研修セミナーなどでも、何回かライブビデオ

配信などでも講師をしたことがあります。

なのですが、自分自身のサービスとしては、利用するか、

というと利用はためらっています。

今回のセミナーでもDVD販売はないのか?との問い合わせを

いただいているのですが、予定をしていません。

独立FPの中でも、ネットでの相談をメインにしている人も

いらっしゃいますが、中野個人としてはネットだけで
相談を完結することはしたくないなぁと思っています。

これは、完全にアナクロ思考なのかもしれませんが、

ネットを経由して得る情報というのは、ライブに比べると

鮮度が落ちるというか、重要度が下がる感じがしてしまい、結果

としてお客さまのためにならないのかな・・・というのが今の心境です。

特に、セミナーとキャッシュフロー作成に関しては

わたしはライブ感を重視しています。

セミナーを動画配信とかDVD販売、ノウハウ本としてPDFで

ネット販売とかは簡単にできる時代ですが、購入してくれた人が
どれだけ真剣に見てくださるのか、こちらが伝えたいことや

熱量を感じてもらいにくいかな、と感じています。

キャッシュフロー表に関しても同じなのですが、

出てきた結果に対して、面談であれば、その時の相談者の

表情や声のトーンからどのような感情を持っていて、

修正プランを作った方がいいのか、不安を解消するために

追加情報を伝えた方がいいのかなどがリアルタイムで

分かることで、よりよい提案ができると感じています。

もちろん、PDFで販売したり、DVD販売したりした方が

『効率よく儲かる』のかもしれませんが、購入された人の

デメリットの方が多いかなぁ・・・なんて感じていたりします。

ただ、何度かお会いした人などでフォローのためにSkeypeなどを

使ってリアルタイムで1対1だと利用できるのかな?とは考えていて
顧問のお客さまでメンテナンスサポートの状態であれば年1回の

リアル面談と残りはネット相談もあり、と感じています。

ネットでのサービスは時間や距離を考慮せずに提供・享受

できるという利点があり、素晴らしいサービスだと感じていますが、
その反面、利用する際にリアルとの違いを理解していないと

お客様への提供しているサービスの品質が落ちている可能性がある
ことを知ってもらえたらと思っています。

アナクロな意見ですが、あなたのFPサービスの展開の参考になればとうれしいです(^^)

―――――――――――――――――――――――
FPで独立して、一般的な会社員・公務員から顧問契約を

いただくためのスキルを公開
【セミナー】保険・金融機関経験なしから顧問型独立FPで開業するには

―――――――――――――――――――――――

 


テーマ:

大阪の独立FPの中野です。

 

今日の大阪は雨です。
梅雨入りしてからの数日分の晴天分を

清算する勢いで降っています。

先日の地震で被災した家屋などに影響が

なければいいのですが・・・。

さて、わたしは2005年に開業したので13年にもなるのですが、

全く違う業種からいきなりFPになったワケですが、
開業当時によく言われたのは、

「好きなことを仕事にできていいね」
「独立してたら好きなことだけできるよね」

ということと、その反面、

「好きなことを仕事にするのはよくないよ」

ということも言われました。

どちらも間違っていないですし、どちらも正解とは

言えないかな、と思っています。

その上で、好きだけでFPの仕事を始めて13年経ったいま、

わたしが思うことは、好きなことを仕事にしてもいいんじゃないか、
むしろ、好きなことだから続けることができるのではないかと思っています。

なので、「好きなことを仕事にする」ことには肯定的です。

ただ、気をつけてもらいたいのは、

 

「好きなだけをしたいから好きなことを仕事にする」

 

ために独立するのはとても危険かもしれません。

会社などの組織の中であれば好きなことだけを仕事に

することはできるかもしれませんが、独立して好きなことだけを

仕事にするのはもしかしたらとても難しいかもしれません。

組織ではなく、ひとりで仕事をするという事は、いろいろなことを

自分でしたり、決めたりすることが必要です。
会社の中で分業でしていることを自分一人でするという事です。

となれば、好きでないこともしなくてはいけなくなってしまいます。
もちろん、外部の人やサービスを使ってしたくないことを

外注することもできるかもしれませんが、その決断や結果に対する

責任は結局は自分自身に戻ってくることになります。

なので、

「好きなことだけをしたいために独立する」

のか、

「好きなことをしたいため、そのためにしなくてはいけないこともする覚悟で独立する」

のかはしっかりと考えて独立してもらいたいと思います。

FPとして独立するための準備ではどんなことが必要か?

をFPで独立して10年超の下村FPがノウハウを公開してくれます。

下村FPはわたしと違って、綿密に計画をされるタイプのFPです。
経験から発せられる内容は重みがあり、とても参考になります。
特に今回は、下村FPがもつネットワークの中で10年以上独立FPで

活躍している人に対して、「今後FPで独立する人のためのアンケート」を
取ってくださっていて、それも公開していただけるとのことです。
さまざまなタイプの独立FPのアドバイスはとても参考になると思いますよ!


興味があれば、下記リンクLから内容をご確認下さい。
『独立系FPとして成功するための計画・準備と独立後のポイント』

 


テーマ:

大阪の独立FPの中野です。

今日は市内の事務所には行かず、
自宅やサ〇マ〇クカフェで仕事をしていました。
今更ながら、ITなどの技術革新はすごいですよね。

午前中は東京のFP会社と打ち合わせだったのですが、
比較的大きなデータも一瞬で送られてきますし、
会話はメッセンジャーで通話料金ゼロでPCは4~5時間なら
バッテリー駆動でフルに仕事ができてしまいます。
しかも、欲しい資料はインターネットで探せば出てくる、
とても便利な時代になりました。

情報は自分で取ることができる時代なのですから、
FPなんて必要ないのでは?と感じる人も居るかもしれませんが、
それは、単にFPが情報提供者としてしか考えていないからかもしれません。

 

一般の人は情報を得ることが出来ても、分析や評価をすることができません。
FPはあふれる情報を整理して分析、評価することに価値があります。

しかし、一般の人はそのFPの価値を知りません。

なので多くの人は、

「ちょっと専門家から情報を聞き出したい」
「自分で得た情報の精度を確認したい」
「面倒な情報収集を簡略化させてるためにFPから情報を得たい

」というニーズしかない状態で相談にお越しになります。

そんな人に、聞かれたことを答えているだけでは、
面談は一回、よくても2回目で終了してしまいます。

 

そこから以下に、複数回、できれば長期的な顧問契約に
つなげるためにはこちらからのアクションが必要になります。

このアクションは難しいことではありません。

 

「知ってるか、知らないか」

 

です。

実際にわたしも教えてもらう前と教えてもらってからでは、
次につながる確率が飛躍的にアップしました。
正確には確率ゼロから、高確率になったので、
初めは自分自身でも信じられないくらいでした。

特にFP知識が向上したわけでもなく、
こちらからのアクションを意識するだけですから、
まさに「知っているか、知らないか」だけです。


【セミナー】保険・金融機関経験なしから顧問型独立FPで開業するには

では、

 

初回面談から高確率で顧問契約をしていただくための初回面談でのFPからのアクション
をしっかりとお伝えしますね。

楽しみにしてください(^^)

 


テーマ:

独立FPの中野敦成です。

今日は大阪で地震がありました。
もし、ご覧いただいている中で被災された方が
いらっしゃいましたら、無理などされないように
してくださいね。

わたしは事務所に向かう車の中で地震にあったのですが、
停車中だったこともありかなりの揺れでした。
通勤路の下は地下鉄が通っているいて、
道の脇が地下鉄の出入り口になっていて、
その出入口からたくさんの人が出てきていました。

そんな状況なので、事務所には行ったのですが、
被害がないことを確認してパソコンと通帳を持って、
早々に事務所をでました(わたしの事務所は
築約45年の古いビルの2階なので余震が
怖くて逃げました(^-^; )。

 

自宅と事務所の間にある先輩FPの事務所に
お邪魔をして、デスクを借りてセミナー資料などの
作成をしていました(^-^;

さて、ここからが本題なのですが、先輩FPの
携帯電話にひとつの電話がかかってきました。

 

内容は、「地震保険に入った方がいいかな・・・」と
いうもので、『手遅れじゃ!』と先輩FPが言っていました(苦笑)。

備えは、備えですので、事前に準備しておかないと
意味がありません。

そういった意味では、リスクに対して安易に考えている人に
対してFPが情報提供する必要があります。

 

「保険に入った方がいいですよ」ということではなく、
どのようなリスクがあるか、をしっかり伝えてお客さんが
きちんとした判断ができるようにするのがFPの役目だと
私は考えています。

たまに、

 

「医療保険やがん保険は加入しても、
支払った保険料ほど給付を受けることは
できませんから、損ですよ」

というような論調の人がいますが、
わたしはこの考え方はナンセンスだと思っています。

損か得か、ではなく、治療費が必要になった場合に
金銭的な準備ができているか、急な支出に対して
負担感がないか、といったリスクに対して備えるか、
必要がないかを考える必要があります。

FPがミスリードをしてしまうと、当然ですがお客さんは
間違った方向に進んでいくことになってしまいます。

 

FP自身のお金に対する考え方、スタンスを持つことは
大事ですが、お客さんの選択肢を減らしてしまうような
アドバイスにならないように気を付けてもらいたいです。

―――――――――――――――――――――――
FPで独立して、一般的な会社員・公務員から顧問契約を

いただくためのスキルを公開
【セミナー】保険・金融機関経験なしから顧問型独立FPで開業するには
―――――――――――――――――――――――
 


テーマ:

中野敦成です。

今日は久しぶりにご質問をいただいたので、
お答えしたいと思います。

質問:
「中野様、始めまして。○○といいます。今FPで独立を目指して
独学中です。しばらく前に中野さんのブログを見つけて、
メルマガも登録して勉強させてもらっています。~中略~
バックナンバーを見てると、土日も仕事をして忙しそうですが、
中野さんの一週間のスケジュールはどんな予定なのでしょうか?~後略~」

バックナンバーまで読んでいただいていて嬉しい限りです(^^)

わたしの一週間のスケジュールですが、そんなに決まった
感じはありません。
土日に面談が入るのはほぼ必須なのですが、平日は意外と
時間に余裕があったりします。

ある一週間の予定は以下のような感じです。

月曜日:午前中 研修受講 午後以降 土日に手続きなどがあれば、それの整理
火曜日:お休み
水曜日:午前中 事務処理 午後 セミナー講師業務
木曜日:午前中 研修受講 午後以降 セミナー資料の作成、ブログ、コラムの作成 夜 面談
金曜日:終日 土日の準備
土曜日:終日面談
日曜日:終日面談

こんな感じです。

平日は資料作成や手続き、土日の準備などがメインですね。
休みは、月曜日、火曜日 または、火曜日、水曜日に休むようにしています。

わたしの場合、85%が現役の会社員や公務員のなので
平日夜に面談が入る場合がありますので、タイミングによっては
一日休みが取れない時もありますが、半休(?)が3日だったり、
時には3~4日ボーっとしているときもあります(^-^;

土日に休めないので、会社員時代の友人と遊びに行ったり
するのが難しくなっているのが残念ですが、

もちろん、この前のように祖母の納骨で日曜日に休んだりも、
もちろん自分でコントロールできるので、土日だから絶対休めない
というワケではありません。

ただ、平日だとどこに行っても空いていて、土日より割安で
利用できるので、今の生活スタイルは気に入っています(^^)


ちなみに、最近はお客さんに教えられて週6回トレーニングジムに
通っています。つまり、平日もそんなに夜遅くまで働いているという
ワケでもありません。
早ければ夕方5時くらいに帰ることもあれば、夜の9時くらいまで仕事を
していることもあります。

もちろん、ものすごく頑張らないといけない時期やタイミングはありますが、
ずっと一生懸命だと体も心も壊れてしまいますので、
自分の生活スタイルにあった働き方ができるのも独立して
活動しているからこそかな、と思っています。

〇〇さん、参考になったでしょうか?

あなたも何か質問があれば、気軽にメッセージを送ってください。
出来る限りお答えさせていただきますね(^^)

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。