ママ・旅行・イベントに身軽で便利なお財布ショルダー:イシロヨウコ

お財布ショルダーバッグ日本唯一の専門店。貴重品だけをコンパクトに身に付けて、両手が空く解放感・身軽なお出かけを楽しんで。子育てママ、旅行、イベント出展、幼稚園の送迎、運動会、親子遠足、ライブ、バイキング、立食パーティー、母の日・敬老の日のプレゼントに。

こんにちは、お財布ショルダー専門店のイシロヨウコです。

 
 
1年間見続けた、大河ドラマ・おんな城主直虎もいよいよ終わり。
 
 
その前にどうしても!の思いが募り、先日浜松へ日帰りしてきました^^
 
 
一人旅だった上田城と彦根城は語れなくて寂しかったので、歴女のこの方をお誘いして…
 
 
{796BBA14-79D4-485B-9223-5FB8FB5CDD94}

 
私のネットショップをカスタマイズして下さった志鎌真奈美さん
 
 
ご一緒してくださり、ありがとうございます!
 
 
これから行かれる方の参考になればと、時系列で振り返りますね。
 
 
日帰り7時間コースはこんな行程です。
 
 
●JR浜松駅
 
↓車で50分
 
●大河ドラマ館
9:00〜17:00
1月14日(日)まで無休
大人600円
 
↓車で10分
 
●龍潭寺(りょうたんじ)
9:00〜16:30
休館日8/15,12/22・23・24・25・26・27
大人500円
 
↓車で7分
 
●天白磐座遺跡(てんぱくいわくらいせき)
 
↓車で7分
 
●小野但馬守政次供養塔
駐車場なし
 
↓車で5分
 
(井伊谷城跡)
 
↓車で50分
 
●浜松城
8:30〜16:30
大人200円
 
↓徒歩10分
 
●浜松東照宮
駐車スペースなし、浜松城に車を置いて歩く
 
 
浜松はのぞみが止まらないので、ひかりで朝9時半頃着。
 
 
改札の向こうにスーツ姿の男性が沢山いて、なぜか皆こちらを向いている…
 
 
おかしいな?とは思っていたのですが、このあと理由が判明。駅前でレンタカーしようとしたら空きがないー!
 
 
浜松は出張者が多いそう。あれは待ち合わせだったのか…シマッタ。
 
 
2軒目で借りることができましたが、このロスタイムが後で響くことに。
 
 
あちこちサイトを見比べて、安いところを探すのが面倒で。お互い忙しいから、行きの新幹線でどうするか決めよう、なんて呑気なことを言ってた私のバカ〜
 
 
今思えばほんの少しの値段差よりも、この時大切だったのは「車があること」。
 
 
その時々で価値は変わるものだと痛感しました。
 
 
レンタカーするなら、絶対に事前予約をオススメします!
 
 
まずは50分ドライブして大河ドラマ館へ。駐車場から歩く途中に気賀関所があります。
 
 
{8BF05A52-1067-4166-8BE7-0FF9E31E1758}

 
気賀関所は無料。現在は隣に警察署があって、やっぱりそういう場所なんだと納得^^
 
 
大河ドラマ館は、トヨタレンタカーさんでもらった書類とJAFの会員証を見せると、少し割引になりました。
 
 
中はほぼ撮影できません。パネルや衣装で1年を振り返ります。
 
 
一人だと恥ずかしくてできないことも、二人ならできる♪
 
 
{AFCF98B3-3DC1-4DE7-AB73-59A38B7F77D1}
 
 
モッフ近藤さんのカツラをチョイス。おかっぱもありました^^
 
 
次は車で10分の龍潭寺へ。 
 
 
 
 
直虎さんが出家して修行した、井伊家の菩提寺。実在の人物なんだとあらためて思い、しみじみ。
 
 

 
 
あちこちに井桁マークが。
 
 
{34D42329-6750-4D50-9DC6-90A1CFD14367}

 
美しいお庭を座ってじっくり堪能した後は、お向かいのお店でうなぎ丼を堪能♪
 
 
{46F80672-EB3E-46C0-9557-581D139360BE}

 
お次は天白磐座遺跡。古墳時代の祭祀跡で、巨石がゴロンゴロン。
 
 
{8CCEFE08-F1CA-469F-925C-D1A315459591}


どうして山の中にあんな大きな岩があるのか、ぜひブラタモリで解説してほしい!
 
 
特に注連縄で結ばれている巨石の辺りはおごそかな雰囲気。カメラを向けるのは控えました。
 
 
このあと、井伊谷城跡に行くつもりが、先に政次供養塔を発見!
 
 
駐車場はないので、脇に止めてサッとお参り。
 
 
政次クラスタの方はお供えしたくなると思いますが、ダメと書いてありました。
 
 
供養塔が一番見つけにくいと予想していたので、お参りできてホッ。
 
 
車のナビでうまくいかない時は、同乗者にお願いして、スマホのグーグルマップに頼ってみましょう。
 
 
このあと、井伊谷城跡を目指すも駐車場への道が分からず、山のふもとを二周。
 
 
浜松城が4時半までなので、涙をのんで断念。クーッ!
 
 
直虎さんが見た景色をこの目で見たかったなぁ。
 
 
夕方は大渋滞します。
 
 
お城にたどり着いたのは閉館10分前。日帰りなので、勇気ある撤退は正解でした。
 
 
 
 
中の展示物は少ないので、10分でもなんとか。
 
 
野面(のづら)積みの石垣がワイルド。赤っぽい石が多かったので、調べてみると珪岩とのこと。
 
 

*珪岩:主として石英の粒からなる緻密(ちみつ)で硬い岩石。色は白・灰・赤など。砂岩が変成作用を受けて生じたホルンフェルスと、石英粒子が珪酸分で硬く結合された砂岩との2種がある。

(コトバンクより)

 

 
車を置いたまま、浜松東照宮まで歩き、出世祈願を☆
 
 
冬は日が暮れるのが早いので、これで限界。トータル7時間半のツアーでした。
 
 
駅構内の浜松餃子で締めくくり。
 
 
{A5E3E517-9136-4F0A-8AD6-F8E155F70C75}
焼き水(やきすい)セット
 
 
 
浜松の人々は、迷っていたら声を掛けてくれ、のろのろ運転でもクラクションを鳴らされることは一度もなく、よそものに優しい街でした。
 
 
浜松、というだけあって松がたくさん、市の木も松だそう。
 
 
道中は「井伊ね!いいね!」が口癖になるので自然と気分が上がり、イイ感じ^^
 
 
今回見落としたのは、井伊谷城跡の他に、井伊谷宮、妙雲寺、鍾乳洞など。
 
 
これらも全てとなると、朝のスタートをもっと早くして、一箇所にかける時間を短く、ということになり、さすがに日帰りは厳しいかと。
 
 
逆に言えば、これくらいに絞れば、首都圏から日帰りでも可能ということ。
 
 
いつかいつかと行けずに後悔するよりも、思い立ったが吉日。
 
 
背中を押してくれたのはやっぱりお財布ショルダーでした。
 
 
斜めがけのままシートベルトできるので、乗り降りがひんぱんなレンタカーの旅にぴったり♪
 
 
綸子のお財布ショルダー
 
 
旅×歴史×お財布ショルダー。
 
 
自分の好き!を掛け合わせた幸せな一日。
 
 
師走で忙しくても、ほんの少しの勇気で実現可能です。
 
 
日常から離れて距離を置くことで、自分を客観視・俯瞰でき、それがまた明日への活力につながります。
 
 
あなたの好き!は何ですか?何と何を掛け合わせますか?
 
 
 
宝石赤攻城団の行程が参考になりました
 
 
 
 
 


宝石赤2/23(金)【ハンドメイド作家さん向け】イベント接客の講師をします

 

 

 


 

 

イシロヨウコのお財布ショルダー専門店
Lavender sachet(ラベンダーサシェ)


お財布ショルダーバッグとは?

◆ネットショップやイベントで販売しています
オンラインショップ
イベント情報

◆お寄せ下さったご感想を随時UPしています
お客様の声

◆ご購入をご検討の方に
無料でリーフレットをお送りします
セミオーダー用テンプレートをダウンロード

◆新作やイベントなどの情報をいち早くお知らせ
メルマガ登録

◆ご質問やお問い合わせはお気軽にどうぞ
お問い合わせ

お財布ショルダー職人・イシロヨウコさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント