昨日の昼間に書いたやつです↓

 

 

 

 

 

ハロモバに新曲リリースのスペシャルコンテンツみたいなのができてるんですが、そこの各メンバーによる楽曲紹介(曲の印象・見どころ・聴きどころなど)が更新されてるので会員の方はぜひチェックしましょう。

 

 

フクちゃんがわりと長文で語ってくれてるのはいつものとおりですが、まーちゃんも結構語ってくれてます。

 

 

ちなみにこのコンテンツ、前作のときはリリースから1週間以上経ってようやく更新されたものでしたが、今回はちゃんとリリース週に更新してくれてありがたい。いやそれが普通なんだけども。

 

 

 

 

 

 

 

ところでハロプロONE×ONEの#9、小田ちゃん浜ちゃんデート回はもうご覧になったでしょうか。

 

 

まだ見てないぜという方はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

まさにデート。

この二人が仲良しというのはファンなら周知のことですが、こうして実際にイチャイチャしている姿を見るのは珍しかったりします。

ブログ等で話はよく聞くんですけどね。

 

 

浜ちゃんがテンション高めで、なんか新鮮。

小田ちゃんから聞く浜ちゃんのイメージって「彩乃は基本、女子を信用してない」とかいうダークなものが印象的だったのでw、こうして女の子らしくはしゃいでいる姿がより可愛らしく見えます。

 

 

 

後半はエッグ時代の裏話などもあり、そこではつんく♂さんの名前も出てました。

小田ちゃん浜ちゃんあたりが、つんく♂さんに見てもらってた世代の最後くらいになるのかな。

二人にとってやはりつんく♂さんは大きな存在なのだなぁというのが改めて感じられます。

それを絶えさせず、後輩たちにも伝えていこうという意思が頼もしい。(この辺の話はこちらの特別映像でたくさんしてますね)

 

 

 

小田ちゃんからの言葉に思わず涙する浜ちゃんと、つられて小田ちゃんも泣く展開が熱い。

 

 

本当にお互いが理解し合ってるんだなというのが伝わってきます。

それだけに、もうすぐ浜ちゃんがハローを去ってしまうというのが残念。

 

 

 

 

ちなみにこちらでは二人のインタビュー記事が載ってます。

 

 

 

ちょっと前に、ブログでもお互いのことを語り合ってましたよね。

 

 

そこで「小田は人の目を見て話すけど私は恥ずかしくて見られない」みたいなことを浜ちゃんが書いてたんですが、確かに小田ちゃんってめっちゃ目を見て話しますよねぇ。

 

 

 

 

 

こういう画をよく見る気がする。

相手の目をじっと見て話す小田ちゃん。

 

 

そして背が低いから自然と上目遣いになってしまうやつ。

間近でこんな風に見つめられたら、わたくしなら5秒で気を失うでしょう。

 

 

 

 

そんなONE×ONEでした。

 

 

なんと次回がもう最終回。もっとやってくれ。

すでに発表されてるので言いますが、最終回はあゆみんと愛理ちゃんになるそうです。

 

 

最後にしてOGが来るとは。

個人的には最後にも娘。メンが出てくれて非常に嬉しいです。

(全体的に娘。とジュースとつばき率が高かったね)

 

 

次回も楽しみにしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

それと、AbemaTVで放送された『矢口真里の火曜The Nght』も見ましたよ。おもしろかった。

 

 

AbemaTVでは、7日間は無料でアーカイブが見られるそうです。

 

 

こちら

 

 

しかしYou Tubeのほうにもアップされてるので、こちらのほうが見やすいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

こちらがいつまで見られるのかちょっとわからないんですが、なんにせよ早めに見ておいたほうがいいでしょう。

 

 

結構長い時間トークしてくれてます。

見どころは多すぎて選べないので、とにかく見ましょう。

 

 

 

 

 

 

またしてもアンジュから卒業があると発表されましたがそれについてはまたあとで触れるとしても、なにもモーニング娘。の新曲発売日に発表しなくてもええやんけ、と若干お怒りモードになったことを許して頂きたい。

 

 

だって久しぶりの新曲ですよ。

15期のCDデビューでもあるのに、他のグループのこととはいえそんな日にドンピシャで卒業発表ブチ込まなくても……。

 

 

内輪で話題を潰してくるスタイルまじでやめてほしい。

その辺、本当になんにも考えてないんですねあの事務所は。

パッパラパーの極みじゃん。

 

 

せめてリリース週くらいはこのシングルを盛り上げることに専念してほしいものです。

 

 

 

 

 

そんな新曲はオリコン換算で初日に10万枚を超えた模様。

良い滑り出しです。

 

 

順位については昨日書いた通りですが、某男性アイドルグループはてっきり2グループがそれぞれシングルを出すのかと思ってたけど、合同なんですね。

というわけで順位的には2位でした。こっちとしては助かる形に。

 

 

 

 

 

 

昨日のめいちゃんのブログを読んだら、ただただ可愛くて微笑ましくて泣けてくる。

 

 

もちろん他の2人もなんだけど、デビューを純粋に喜んでるその感じがとにかく可愛らしいです。

先輩たちが事あるごとについつい「可愛い……」と声を漏らしてしまうというのもわかる。遠く離れた地から見てても可愛いのに、すぐ隣にいたらもう可愛くて仕方ないでしょうねきっと。

 

 

 

 

 

 

先日のリリイベのリハーサルや囲み取材の様子が動画になっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで、新曲リリースにまつわるアレコレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

さてここからは、24時間前に書いた話になります。

 

 

ひなフェスの件。

 

 

 

こちら

 

 

 

え、結局ひなフェスやるの?

 

 

 

と誰もが思ったことでしょう。

 

 

各グループの単独ツアーやらなんやらの日程を鑑みるに今年はどうやらひなフェスやらないんじゃないか説が濃厚でしたが、往生際の悪い事務所は今年もひな祭りとはまったく関係のない時期に半ば無理矢理決行することにしたようです。

 

 

というのも、モーニング娘。'20が出演するのは3/20の公演だけで、残りの土日公演には出ないという異例の事態。

 

 

つまり21日と22日はモーニング娘。のいないハロープロジェクトでひなフェスをやるということになりますね。

 

 

 

 

そうきたか。

確かに21と22は、娘。は大阪でコンサートがある。

 

 

だったらもう無理してひなフェスやらなくてもいいんじゃないか……去年豪華がゲストで盛り上がったしあれで終わりにしても……という気もしますが、事務所的には絶対に外せない行事なんでしょうねきっと。

 

 

 

 

この「土日は娘。抜きでやる」という措置に対して、「は?娘。はいなくてもいいってこと?あーそうですかそうですか」と憤ることもできるし、「ひなフェスよりも単独ツアーのほうを優先してくれてよかった」と安堵することもできます。

 

 

個人的にはハロコンやひなフェスにはあまり関心がないので、無理してひなフェスやらされるよりも単独ツアーを優先してくれてよかったなという感じではある。

 

 

いっそ夏冬のハロコンも、もっと優先すべき仕事があるグループは欠席してよしという制度にしたらいかがでしょう。

無駄に長いハロコン期間のおかげで単独でのお仕事のスケジュールが調整しにくくなったりしてると思うんですよね絶対。

 

 

 

 

 

まぁそんなわけで娘。は20日だけの出演となるわけですが、21日22日の集客がどうなるのかという興味はちょっとある。

またOGのゲストとか呼びまくってお客さん集める気かな。

 

 

と思ったけど、会場となる明治神宮会館はキャパシティが1900前後と、そう大きいわけではないっぽい。

 

 

なら大丈夫、と判断したのかもしれませんね。

幕張メッセとかと比べるとだいぶ小さいですし。

 

 

 

 

 

 

 

……とか書いてたら、むろたんの卒業が発表されたわけです。

 

 

このひなフェスのアンジュプレミアム公演がラストになるみたいで。

 

 

ならばなおさら集客は大丈夫なのでしょう。

もはやヲタとしてはそれどころではないですけど。

 

 

 

でもそうなると、娘。のメンバーだけむろたんの卒業に立ち会えないことになるんですね。

 

 

それもなんか……どうにかならんかったのかな。日程とか会場とか。

 

 

そもそもこれは“卒業ライブ”と言っていいのかどうか。

ふなっきの卒業を3ヶ月も延期したりとこれまた異例の事態が巻き起こってるところなど見ると、とても2018年末から話し合ってきたとは思えないグダグダな状況なんですが。

 

 

むろたんも、他のメンバーの卒業を延期してまで「3月いっぱいで卒業したい」と思うのは何か事情があるのかな。

まぁそこを詮索する気はありませんけど。

 

 

 

 

 

 

この話についてはまた後程するかもしれないししないかもしれない。

 

 

とにかくいまは娘。の新曲発売を楽しみたい所存です。

 

 

 

 

 

 

日付変わって本日はモーニング娘。'20の新曲発売日です。

 

 

わたくしはとりあえず初回SP版をAmazonで注文しておきました。

他のもあとで買うかも。

 

 

 

久しぶりのシングルですね。

チャート的には運悪く2グループ同時デビューの某男性アイドルグループとかぶってしまいましたが、もはやCDのランキングなんて気にしてる人はそう多くないでしょうから、こちらもそこまで気にしなくてもいいのかもしれません。

 

 

もちろん順位がつく以上、上位であるに越したことはありませんが、ランキング自体は運要素も大きいですからね。

10万枚を軽く超えても1位になれないこともあれば、10万枚にも及ばない作品が1位になってしまうこともある。

そんなものに一喜一憂しすぎるのも、ちょっとアホらしい。

1位になったところでめちゃくちゃ話題になるような時代でもないですし、マイペースにいきましょう。(というのはもちろん消費者側の話ですけど)

 

 

 

 

それよりも今回は、記念すべき15期のデビュー曲だという点を大事にしたい。

 

 

 

 

 

あーかわいい。

 

 

合格発表から半年以上経ってようやくのCDデビューですね。

おめでとう!

 

 

 

 

 

 

トリプルA面のなかでどれが一番好きかと言われればダントツで『KOKORO&KARADA』なわけですが、

 

 

 

 

 

 

 

MV的には15期がフィーチャーされてとにかく可愛らしい『LOVEペディア』が好きかも。

 

 

 

 

 

 

 

と言いつつ最近は『人間関係No way way』のMVをしょっちゅう見ています。

 

 

 

 

 

 

 

MVについては以前書いたのでさておいて、Aメロのまーちゃんパート「めっちゃ良い子でいたいよもちろんそりゃ」の歌い方が好きだな~としみじみ思うこの頃。

 

 

独特の歌い回しですよね。

舌を使ってると言いますか、英語のLの発音(の口内)みたいな感じっぽさ。

 

 

あとサビの「どうしたらいい」というソロパートも、語尾の切り方が実にまーちゃん流。

 

 

あの歌い方って、狙ってそうしてるのか自然にああなるのかどっちなんでしょう。

あれ自分にはできない。やってみてもわざとらしい感じにしかならないので、まーちゃんすげーなといつも思います。

 

 

 

 

まーちゃんの歌い方を「ハロプロ歌唱」とか「つんく歌唱」と呼ぶのかどうかはわからないし、個人的にはあんまり興味もないんですが(強いて言えば「まーちゃん流」だと思ってる)、他のメンバーとは違った個性があるというのは大事ですよね。

 

 

ハロプロに歌の上手い子はたくさんいますが、そういう上手い下手とは別の個性を持ってる子は意外と少ない。

グループでやってるからこそ、そういった個性はあったほうがいいのではと思うわけです。

 

 

 

アイドルというのはどうしても大人に指導されたとおりに歌ってしまう部分があると思うんですよ。特にまだ歴が浅い子なんかは。

 

 

そんななかでも徐々に成長していって“自分の歌い方”というものを身につけたメンバーは強い。

あんまり主張がありすぎると大人から注意されそうではありますが、ギリギリのところを攻めて自分の個性を歌声でも出していけるメンバーは強いし、目立つパートをもらえることも多いですよね。

 

 

 

現在の全ハロメンのなかで、まーちゃんの歌い方は個性的なほうと言っていいんじゃないでしょうか。

特にこの人間関係No way wayでは、いままで以上にクセのある歌い方をしてらっしゃる。そこが好き。

 

 

 

 

 

 

そんなway wayな曲のMV鑑賞会動画もきました。

 

 

 

 

 

 

こちらもニヤニヤしながら見ちゃいますね。

 

 

でもあゆみんがブログで「結局左下のMV見ちゃう」って言ってたのわかる。

なんでしょうねこれ。この動画で見るべきはメンバーのリアクションなのに、気付くとMVのほうを見てしまってる。なので意識してメンバーを見るようにしてます。

 

 

 

 

 

そんなこんなでリリース週。

 

 

リリイベもいろいろありますが、さすがに行くのは厳しいので在宅でできる限り楽しみたいと思います。