酸辣粉(サンラーフン)は、春雨を使用しているため、

写真だと、どうしても透明な麺に見えるので

冷たい感じがします。ガーンあせる

 

でも、でも温かい料理なんです。ラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブ

もっちもち新食感が、日本人が知らないもっちもち感で。

その、新食感にハマる人が、続出しています。うさぎクッキークラッカー

 

当店の、常連さんも

中国まで、食べに行く方がチラホラ(笑)

そのくらいに、この料理は麺がポイントの料理なんです。ラーメンラーメンラーメンラーメンラーメン

 

中国は、広いので各地でアレンジが加えられてます。

各々の、地域の人が食べやすい感じに変化しています。

 

日本でも、地域により料理が変化しているのと

一緒です。

例えば、芋煮や肉じゃが。

牛肉を使う地域があれば、豚肉だったり

それぞれです。

 

どれが、正解とかはありませんが

自分が好きなスタイルの物をチョイスすれば良いと思います。

 

私は、重慶市で食べた

タレタイプの酸辣粉が好きで

重慶に滞在している間は、

そのお店に、毎日通いました(笑)チュービックリマーク

 

そこで、麺イコール、春雨が、日本のものと

全く違う事に、気がついいたんです。目目目

 

また、日本には

この酸辣粉用の極太春雨が輸入できないため、

日本の春雨会社さんに

機械ごと開発してもらったり、ちょっと春雨オタク???

というくらい、のめり込んでしまいました。(笑)ウインクベル

 

因みに

以前から、春雨が好きだった訳ではありません。(笑)

 

そのくらい夢中にさせる、料理なんです。

 

もし、小田急線豪徳寺にお越しの際は、

是非この新食感春雨を、楽しんでいってもらいたいです。

 

連休中も、通常通りの営業です。

皆様のお越しを、お待ちしています。

 

 

世田谷 酸辣粉専門店

辣上帝(ラシャンティ)

『サンラーフン』で検索♪