当院は2019年12月26日付で日本産科婦人科学会より「PGT-A(着床前胚染色体異数性検査)の有用性を検討する多施設共同研究」への参加が承認され、これまで多くの患者様に検査を実施してきました。

2022年8月31日でこの臨床研究が終了し、2022年9月からは日本産科婦人科学会「着床前診断に関する見解/細則」(2022年1月9日改訂)に基づき実施することとなりました。

それに伴い、以下PGT-Aを受けられる患者様の条件が変更となりました。

 

▪反復体外受精不成功:過去の胚移植で2回以上臨床妊娠が成立していない方

▪習慣流産(反復流産):過去に2回以上の臨床的流産がある方

▪均衡型染色体構造異常:ご夫婦いずれかに生殖に影響する染色体構造異常をもつ方

 

また、臨床研究に参加されていた方で継続してPGT-Aを行う場合、新見解に基づき新たに手続きをとる必要がありますので、一度ご来院くださいニコニコ

なお、PGT-Aは現在のところ保険適用となっていませんので、PGT-Aを実施する場合は、採卵から移植まですべて自費診療となります。