kazuyaの取扱い説明書

kazuyaの取扱い説明書

ライフワークとなっている食べ歩き、サッカー、フットサル、その他の趣味や行動について語っていきます☆

NEW !
テーマ:
平日仕事休みの食べ歩き

『麺屋 水』さんを後にして
周辺をプラプラして過ごしていました

夜に伺うお店は予約してありましたが
そこそこお腹は満たされていたので
もう食べ歩くのは控えておきましょう

極力汗をかくのを控えるように
移動しては冷房の効いてる場所で一休み
そんな繰り返しをしながら時間を潰します

18時の開店時間に近づき渋谷駅前から
お店まで歩いて行きます
やって来たのは青山学院大学の少し手間の
青山通りから路地を入った場所にあるお店
『OUT』さん


オーストラリア人オーナーが経営する
トリュフパスタの専門店なのです
なかなか見かけないそのお店のスタイルに
興味があり伺ってみたいと思っていました

外観からはレストランです!お入り下さい!
という意思表示があまり見られません
商売っ気をあまり感じないが大丈夫なのか?



唯一立て看板でお店のアピールしてますが
これだけだとちょっと宣伝不足な気がします

早速入店しました


先客無し、後客2名
お店は国籍は不明ですが女性店員さんが2名
予約をした旨を伝えるとカウンター席の
端の席を案内されました

因みに、ここは日本だと分かっていても
外国人を相手にすると英語を喋らないと
行けないという意識が働くところが
日本人の悲しいところですね

会話は日本語と英語半々位で対応しました
勿論それほど英語が堪能な訳では無いですよ

むか~し海外旅行でやり取りした記憶が
何となく蘇ってきました
オーストラリアには行った事無いけど
ニュージーランドには夏にスノボーをしに
旅行をしたことがありました
そう、あの時の感覚だ(笑)



店内は半円形のカウンターテーブルと
2席のみテーブル席があるようです
お店の内観はモダンに洗練されながらも
スタイリッシュな雰囲気で大人な雰囲気


・メニュー表



これだけの雰囲気のお店ではあるのですが
実は料理の注文は食券となっています


それにしてもこの券売機自体がラーメン店で
見かけるものと違ってオシャレに見える
そして反射するので写真は撮りづらい(笑)

外人さんが店員っていう時点で
もうオシャレだろと決めつけちゃってます

購入した食券は下記の通り

・THE SET(パスタ、トリュフ、ワイン)
・EXTRA PASTA(パスタ大盛り)
・CHAMPAGNE(グラスシャンパン)

食券を店員さんに渡すと
まず飲み物はワインとシャンパンどちらを
先に飲むかと聞かれました
もちろん英語で(笑)

とはいえ英語が理解できるかどうかではなく
食事のやり取りだと意味は通じるもので
食前酒として飲むならという事で
シャンパンを先にお願いしました



水はミネラルウォーターか炭酸水の
どちらかが選べるみたいです
炭酸水をお願いしました
この2択ですらオシャレに感じる


●前菜


カプレーゼが出てきました

甘味のあるフレッシュなトマトと
ジューシーでミルキーなモッツァレラ
とても美味しい前菜です


●シャンパン


スッキリしていて食前酒にはもってこい

仕事も休みで食前酒にシャンパンなんて
飲んでしまえばもう気分はセレブリティ


●赤ワイン


南オーストラリアのウニコ・ゼロの
ザ・リヴァー 2017
品種はネロ・ダーヴォラ

ミディアムボディで辛口(ドライ)な味わい


●パスタ



その場でトリュフを削って出してくれます

パスタは通常サイズが150gですが
大盛りにしたので300gになっています
トリュフは5gとの事です


トリュフを薄くスライスし過ぎなのか
ちょっとトリュフの断面の美しさが。。。

これ、パスタが大盛りに対してトリュフが
通常の量だから敢えて薄くスライスして
くれたのかもしれません
パスタの量を増やすならケチってないで
トリュフも追加した方が良いのかも

パスタの種類は日によって変わるみたいで
この日は細めの平打ちリングイネでした

パスタは結構バターの風味が強くします
トリュフの香りを引き出すには良いのかも

このバターの風味が強いパスタですが
味が単調なのでこの量を食べるには
ちょっと食べ飽きてしまいました
トリュフの事もあるしパスタをわざわざ
大盛りにしなくても良かったかもしれません


トリュフパスタで提供するのがウリなので
味付けが限定されてしまうのは分かりますが
もう少しパスタの味のバリエーションが
何種類か選べると嬉しいですね

あとは軽いおツマミ等を提供するようにして
口直しが出来るようにするのも良いですね

どうしてもトリュフの値段が高いので
高級な食事となってしまいますが
たまの食事で利用するには悪くありません

この日は後客も日本人の女性客でしたが
外人さんが経営されているお店だけに
外人のお客さんも多く訪れるそうです

ネイティブな英語のコミュニケーションを
取りたい方はお勧めのお店だと思います


【OUT】
渋谷区渋谷2-7-14 VORT青山103
TEL 非公開
18:00~26:00
月曜定休

※SUNDAY BRUNCH OUTは
毎月最終日曜日の11:00~14:30(LO)に開催
開催日は昼のみの営業


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

記事をご一読頂きありがとうございました。この度ブログランキングに参加することになりました。下記のバナーへのクリックにご協力をお願いします。


 


ブログランキング・にほんブログ村へ 目指せ関東1位!!


 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 

OUTパスタ / 渋谷駅表参道駅明治神宮前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


NEW !
テーマ:
平日仕事休みの食べ歩き
『ナタ デ クリスチアノ』を後にして
渋谷駅前に向かいます

本来なら当たり前のように
歩いて向かう距離なのですが
猛暑で汗だくになりたくなかったので
バスを利用して駅前へ向かう事にしました

電車の乗り換えだと時間が掛かる事もあり
そういう時にバスも上手く利用できる事が
都内の食べ歩き攻略には欠かせません

終点の渋谷駅西口に到着して
そのまま駅と逆方向へ移動しました
やって来たのは徒歩1分ほどのお店
『麺屋 水』さん
 
 
以前は大森海岸付近にあったのですが
現在は渋谷駅前に移転しています
以前から行きたいと思っていましたが
移転後に初訪問する事が出来ました

お店はビルの4Fにあるようなのですが
ここら辺は水商売のお店が結構多くあり
なぜか行こうと思っていたお店の店員さんに
呼び込みに合ってしまいました
 
まぁ行こうと思っていたので良いんだけど
そんなにお客さんは言っていないのかなぁ
 
 
 
 
エレベーターにのって4Fで降りると
左手手前側にお店の入口がありました
どうやら替え玉は無料のようです
 
 
・券売機
 
 
ラーメンは『水ラーメン』の一択です
それとアルコールが2種類
ラーメンよりもアルコールの種類が多い
ラーメン店というのも珍しいですね
 
 
食券を買って早速入店しました
 
 
 
先客10名くらい、後客3名
 
え~と。。。
ラーメン屋さんの内観では無いですね
 
現在は昼飲みキャバクラ?の店舗の
間借り営業をしているようです
 
とある日には仕切りを挟んで
昼キャバクラ営業と同時営業してるとか
色んな噂が後を絶たないお店ですが
真意のほどは定かではありません
 
 
出された水もジョッキで置かれます(笑)
 
 
●水ラーメン
 
 
 
具材は鶏チャーシュー、玉子、三つ葉、
メンマがのっています
三つ葉がいっぱいあって清涼感があります
 
 
 
出汁を凍らせたものが入ってました
これなら溶けてもスープが薄まりません
 
 
 
スープは鶏の出汁を感じられるヒンヤリと
アッサリした味わいのスープです
 
 
 
三つ葉に隠れていたメンマも
結構一杯入っていますね
食感が良いのでチャーシュー同様に
口直しに食べるには良いです
 
 
 
麺は中太の縮れ麺でした
モチっとした食感が合って良いですね
 

営業時間が終了する間際だったので
店員さんが替え玉するか確認にきました

そうそう、麺が替え玉無料なだけでなく
ご飯(たくあん)も食べ放題となっていて
セルフで茶碗によそえば何度でも食べれる

比較的アッサリしたラーメンではありますが
麺とご飯でお腹を満たす事は可能なようです
しかもそれでラーメン1杯680円は
なかなか食べる価値はありそうです

お店のラーメンは山形冷やしラーメンを
モチーフとされたもののようですが
そもそも本家のラーメンを食べた事が無く
それと瓜二つなのか、似ているのか
似ても似つかないのかは定かではありません

中毒性のあるスープではないので
行列を作るほどの爆発力はありませんが
お店の存在が分かりづらい場所ながら
これだけのお客さんが来店しているのは
万人ウケする要素があるのだと思います

ひんやりアッサリしたスープなので
この暑い時期にはぴったりのラーメンでした

今のところ一択しか選択肢はありませんが
今後の展開に注目したいと思います

 
【麺屋 水】
渋谷区道玄坂1-7-10 新大宗ソシアルビル4F
TEL 非公開
11:30~13:30
土・日・祝定休
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

記事をご一読頂きありがとうございました。この度ブログランキングに参加することになりました。下記のバナーへのクリックにご協力をお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 目指せ関東1位!!

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

麺屋 水ラーメン / 渋谷駅神泉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


テーマ:
平日仕事休みの食べ歩き

『モンブランスタイル』を後にして
ちょっとお土産を物色していきましょう
流石に昼過ぎなので生ケーキは時間的に無理
もう少し長持ちしそうなものにしましょう

という事でやって来たのは
代々木八幡から井之頭通りを渡って
奥渋エリアに入ってすぐの場所にあるお店
『ナタ デ クリスティアーノ』さん
 
 
 
ポルトガル菓子やお惣菜を扱う専門店です
あまり目立ったお店では無いのですが
これが結構人気店なのだそうです
 
スペイン語で『ナタ』とは、
液体の表面にできる被膜の事を意味するので
世間で幅広く知られる『ナタ デ ココ』は
ココナッツの上澄みの被膜を発酵させた物を
意味しています

では、なぜ『ナタ・デ・クリスチアノ』
って店名なのでしょうか?
そもそもクリスチアーノって名前ですよね?

代々木八幡駅近くに『クリスチアノ』という
人気のポルトガル料理店があるのですが
そのお店の姉妹店としてオープンしました

『クリスチアノ』で人気のチキンパイや
ポルトガル式の自家製パン、日替わりの
お惣菜も販売しているようです

という事は、このポルトガル料理店の
上澄みだけとって出来上がったような
お店という意味で名付けたのでしょうか?
真意は定かではありません(笑)

小ぢんまりしていますが
あまり日本のお店の雰囲気はしません
日本人のオーナーさんなんですけど
変わった雰囲気のお店ですね
表にベンチが置かれているので買った商品を
その場で食べる事も出来るようです
 
 
 
店頭にあった立て看板で買って帰る
商品を選んでからお店に入店しました

店内は注文カウンターと脇にベンチがあり
店内のベンチでもイートインが出来そうです

注文カウンターのメニュー表を覗くと
一部のメニューが販売休止となってました
あら、立て看板には書いてなかったのになぁ

パスティス・デ・テントゥガルと呼ばれる
季節のパイ包みは断念する事になりました
 
 
今回買って帰った商品は下記の通りです
 
 
・パステル デ ナタ×3
・ケイジャーダ デ シントラ×2

早速帰って頂きました
 

●パステル デ ナタ
 
 
 
オーソドックスなエッグタルトです
お店の職人さんはポルトガル式玉子タルトを
本場の味に近づけるためにポルトガルの
名店である『tavi』で修行したそうです

本場のタルトは高温で焼きあげるのが特徴で
パイ皮がサクサクしていて中のクリームが
トロトロに仕上がるようです

色んなお店で食べてきた訳ではありませんが
こちらのお店のエッグタルトは
塩気が少し感じられ甘過ぎないので
他店の甘いエッグタルトに比べて食べやすい

今まで食べてきたエッグタルトで
一番美味しいかもしれません
 
 
●ケイジャーダ デ シントラ
 
 
 
ポルトガルのシントラという街で作られる
チーズタルトだそうです

外側はパリッと中身はしっとりと焼かれて
フレッシュチーズクリームが使われてますが
シナモンの風味がしっかりしているので
チーズ感は多少感じられる程度でした

これもなかなか美味しいお菓子ですね
 

ポルトガル菓子は普段の食生活の中には
なかなか登場する機会が少ないですが
そもそもカステラ、金平糖、ボーロなどの
玉子や砂糖が使われている南蛮菓子は
キリスト教の宣教師によって製法が伝わり
日本に長く根付いた洋菓子となりました

エッグタルトは現代の日本において
マカオ経由で広まっていきましたが
意外と日本で浸透するのは早いですね

これはポルトガル料理自体が日本人の味覚に
ピッタリ合うのではないかと感じています

ポルトガル料理も頂く機会は少ないですが
次回は『クリスチアノ』でポルトガル料理を
頂いてみたいという気になりました
またこの界隈に再訪してみたいと思います
 
 
【ナタ デ クリスチアノ】
渋谷区富ヶ谷1-14-16-103
TEL 03-6804-9723
10:00~19:30
無休
 ※年始のみお休み
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

記事をご一読頂きありがとうございました。この度ブログランキングに参加することになりました。下記のバナーへのクリックにご協力をお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 目指せ関東1位!!

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

ナタ・デ・クリスチアノスイーツ(その他) / 代々木公園駅代々木八幡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6


テーマ:
平日仕事休みの食べ歩き

『ポール・バセット』さんを後にして
目的のお店の近く代々木八幡まで来ました
時間は10時20分頃でした

目的のお店がオープンするのは12時ですが
ランチを提供しているお店では無いので
どこか11時くらいにお昼を食べるにしても
ちょっと時間が余ってしまいます

そう、こういう時の休憩場所として
考えられるのは喫茶店が第一にありますが
既に朝食をカフェで済ませて来ているので
喫茶店に入る気分にはどうもならない

常々私のレビューをご覧になっている方は
既にお気づきかも知れませんが
そういう時はパチンコ店で休憩するのが基本

みんな働いている最中にカフェで優雅に
朝食を摂るという後ろめたさを感じながらも
至福な時間を過ごすというのと同じ考え

冷房の効いたフロアで何も考えずに
ポケーッと時間を潰すのがこれまた
至福の時間でもあるのです

11時近くまで過ごしてBMしておいたお店に
ランチを食べに行こうと向かいました
ショートカットしようと入った路地は坂道で
大通りに抜けると信号も横断歩道も無く
かなり大回りしないと道が渡れなそうでした

この日の最高気温は35℃で歩くのは良いけど
汗ビショビショになるのは勘弁してほしい

今回の目的のお店はそこでは無いという事で
そのお店にランチを食べに行くのを
断念する事にしました

結局、パチンコ屋に戻って開店時間近くまで
時間を潰して目的のお店へ向かいました

やって来たのは代々木八幡駅から
徒歩2分ほどの場所にあるお店
『モンブランスタイル』さん



こちらは谷中の人気店『和栗や』さんの
セカンドブランドとして2018年5月に
オープンしたモンブラン専門店です


先週末、テレビ番組『有吉の正直さんぽ』で
代々木八幡周辺を散歩していました
まさか。。。とは思っていたのですが
正しくこちらのお店が紹介されていました


始めに断っておきます

自分がここへ訪問したのは約1か月前の
7月中旬なのでテレビを観て速攻食べに
行った訳ではありません
しかもBMしていたのはオープン直後です

こんな言い訳をしないといけないとは。。
テレビに放送されてしまったレビューを
後から載せるのは何とも嫌なものですね


10分前くらいにお店の前に着くと
女性のお客さんが既に2人並んでました
カウンター席8席しかありませんが
これなら1回り目に問題なく座れそうです

12時オープンと共に入店しました

カウンター席に詰めるように座りました
店員さんは2人いらっしゃいました



オープンキッチンなのでモンブランを作る
工程を『魅せる』ライブ感が重要ですね



外観も内観もお寿司屋さんのような雰囲気で
清潔感があってスタイリッシュです


・メニュー表





メニューは基本的に2種類しかありません
欲張りな自分は両方頼んでしまいました


まずはモンブランデセルと飲み物が到着


●モンブラン デセル(レギュラー)




茨城県笠間(岩間地方)にある自社農園と
契約農家の栗のみを使用したモンブランで
和栗故にその栗の風味が口いっぱいに広がり
栗本来の甘みを活かした仕上がりで
甘味はほとんど加えられていませんね

絞りたてで新鮮なのでこれだけ風味豊かに
仕上がっているのかもしれません


中身ははとても滑らかでコクのある上品な
生クリームと固められたメレンゲが入って
食感の変化も楽しめますね


●厳選 茎焙じ茶ラテ


モンブランのために提供されている
オリジナルのラテとの事です

焙じ茶を低温殺菌牛乳で煮出していて
鼻を抜ける焙じ茶の風味がとても良いです
とても和栗に合う飲み物でした


●モンブラン パフェ


バリエーションとして、通年:小豆か
季節:桃のシャーベットが選べるようです
やはり桃好きなので後者を選択しました


モンブランのペーストはデセルより少なめで
上に和栗が1粒のせられています


その下に生クリームとマロンクリームがあり
最下層に桃のシャーベットが入っています

生クリームのミルクの風味がマロンの風味を
上手く包み込んで新たな風味を生み出して
いるような印象がありました


桃のシャーベットは食べる頃には
生に近いような状態に溶けており
これがなかなか美味しい桃でした
瑞々しくスッキリした甘さがありました


大満足でお店を後にしました

入店後すぐにお店は満席となり少人数ながら
お店の前に並ぶ人もいる状況でした

私が訪問した頃は平日の開店時間に
間に合わせれば入店出来ましたが
テレビでも紹介されてしまったので
今や平日でも開店時間前に行列が出来たり
する状況となっているかもしれません

休日になんて行くのは大変でしょう

栗の風味や味わいを堪能したいなら
デセルを食べるのをお勧めします
ミルク感と栗感の相乗効果を楽しむなら
パフェの方が良いかもしれませんね

確かに値段はかなりするのですが
とにかく栗好きな人には一度
ぜひ試してもらいたいお店でした

但し永くお店を続けるにはもう少し
メニューの種類が合った方が良いかなぁ

それにしても、普通に散歩しててこんな
路地裏にあるお店なんか見つからないだろ!
っとツッコミを入れたくなるような
路地にあるお店です
テレビ番組の構成って良く出来てますね(笑)


【モンブランスタイル】
渋谷区富ヶ谷1-3-3 スズビル1F
TEL 070-4343-1568
12:00~19:00
水曜地球



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

記事をご一読頂きありがとうございました。この度ブログランキングに参加することになりました。下記のバナーへのクリックにご協力をお願いします。


 


ブログランキング・にほんブログ村へ 目指せ関東1位!!


 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 


モンブランスタイルケーキ / 代々木八幡駅代々木公園駅代々木上原駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



テーマ:
平日仕事休みの食べ歩き

折角の休みなので都内で食べ歩きをします
事前に行きたいと思っていたお店を選び
夕食のお店は念のため予約しておきます

朝食を食べに行くお店は特に決めてませんが
渋谷で下車する予定を変えて新宿で下車
サラリーマンの多い街の方が朝食を
食べられるカフェは多いだろうと
安易な判断してしまいました
さてどこへ行きましょうか

この日も天気は晴れ渡っており
暑い日差しが降り注いでいました
新宿の良いところのもう一つは
地下街が発達しているので上手く利用すると
かなり広範囲を地下で移動する事ができます

やって来たのは新宿駅から西へ向かい
徒歩7分ほどの場所にあるお店
『ポールバセット』さん
 
 
 
こちらはバリスタの世界チャンピオンの
ポール・バセット氏のエスプレッソカフェで
『豆』と『焙煎』に拘ったお店となってます
 
 
 
モーニングタイムで無ければジェラートや
ソフトクリームなどもあるようですね
こちらも試してみたかった
 
 
早速入店しました
 
 
まずはカウンターで注文しましょう
 
 
 
ショーケースの中も気になってしまいます
 
 
・メニュー表
 
 
 
注文を済ませてドリンクを受け取り
空いていたテーブル席に着席して
料理が到着するのを待ちます
 
 
 
 
同系列のイタリアンのお店も併設されてます
 
 
 
9時前後の時間だったので
お客さんの入りは疎らです
大半のサラリーマンは働いている時間です
 
 
そうこうしている内に注文した料理が到着
 
●エッグスラット
 
 
 
 
 エッグスラットとは
ガラス瓶の中にミキシング又は裏ごしされた
ジャガイモのピュレと卵を入れて湯煎して
マッシュポテトと半熟卵の状態にしたもので

ロサンゼルスで人気の料理だそうで
フレンチトーストやエッグベネディクトなど
朝食で味わえる欧米料理が増えてますね

 
 
 

バケットにのせてそのまま頂きます
シンプルな料理ですがなかなか美味しい
自宅でも簡単にできそうなので良いですね


●アイスカフェラテ
 
 

 結構牛乳の割合が多めなカフェラテでした
でも結構あっさり目な印象だったので
脂肪分の割合は低めだと思います


普段朝食を外で食べる事はありませんが
多くの人が働きに出ているこの時間帯に
そういう人で溢れかえっているエリアで
後ろめたさを感じつつもゆったりと
カフェで朝食を頂くというのも悪くない

カフェの朝食は飲み物かモーニングの注文を
するお客さんがほとんどだとは思うのですが
グランドメニューも注文出来たら使い勝手が
良くなりそうですね

って、単純に自分がモーニングメニューよりも
グランドメニューが好きなだけですけどね

カフェのモーニングでは無く
凄い美味しい朝ごはんが食べられるような
お店にも俄然興味が湧いてきました
朝食の分野も徐々に手を広げてみたいですね


【Paul Bassett 新宿】
新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビルB1F
TEL 050-5868-7486
月~金
07:30~20:30

08:00~20:00
日・祝
09:00~19:00
無休
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

記事をご一読頂きありがとうございました。この度ブログランキングに参加することになりました。下記のバナーへのクリックにご協力をお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 目指せ関東1位!!

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

Paul Bassett 新宿カフェ / 西新宿駅新宿西口駅都庁前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4


テーマ:

牛サーロイン&黒毛和牛ハンバーグステーキ☆ 表参道の交差点から南(渋谷駅方面)へ向かい徒歩5分ほどの場所にあるお店『Yakiyakiさんの家 Omotesando』さん。 イタリアンを中心に多くの店を渡り歩き、『料理の鉄人』や『チューボーですよ』の街の巨匠などメディアにも多数出演している大迫シェフが総料理長を務める鉄板焼店です。 カウンター目の前で調理されるのを見ながら食事をしてライブ感を味わうことばかりでなく、個室でプライベートな時間を有意義に過ごしたり、屋上のテラス空間でパーティーに酔いしれることもできるとてもラグジュアリーなお店でもあります。 『牛サーロイン&黒毛和牛ハンバーグステーキ』は、ステーキとハンバーグの調理が並行して行われ、ハンバーグは形を整形するところから始まり、ステーキは一旦表面を焼いてから旨味を内に閉じ込めていました。 同時に熱々の状態で提供されるのでそれは美味しいに決まってますね! 詳しくは後日のブログにて☆ #yakiyakiさんの家 #鉄板焼 #鉄板焼き #ハンバーグ #ステーキ #サーロイン #サーロインステーキ #黒毛和牛 #料理の鉄人 #街の巨匠 #チューボーですよ #表参道 #青山 #steak #hamburg #sirloin #ランチ #lunch #おいしい #delicious #food #食べ歩き #食べログ #食べロガー #グルメ #グルメツアー #グルメブログ #KAZUYAの取扱い説明書 #kazuyaの取扱い説明書 #湘南かずや

杉山和也さん(@kzy19750512)がシェアした投稿 -

休日の食べ歩き

『ドラ アン フルール』さんを後にして
運動後の栄養補給を直ちにしましょう

京浜東北・根岸線新杉田駅から徒歩3分ほど
京浜急行線杉田駅東口から徒歩10分ほどの
距離にあるお店にやって来ました

もつ肉を扱う立ち飲みのお店
『杉田もつ肉店』さん
 
 
総本山である車橋を筆頭にして
宮川橋、関内、杉田、鶴見川橋、
チャコールスタンド ベンテン、大和町に
系列店をもつ人気店となっています

野毛で飲む際には常々宮川橋のもつ肉店へ
立ち寄りたいと思っているのですが
未だ訪問出来ていません
杉田店へ先に来るとは思いませんでした

因みに大倉山にある『大倉山もつ肉店』だけは
この系列店では無いようなので注意が必要です

外観からはお店の中の状況が全く分かりません
初見の人には難易度が高いお店でしょうか?
 

早速入店しました

先客6名、後客5名
お店は店主さん一人で切り盛りされてました

入口脇の場所を確保してから
注文をしにカウンターへ向かいました

立ち飲み店ならではですが
支払いはキャッシュオンデリバリーとなります
料理と飲み物を注文したら料金は先払いです
カウンターで料金を支払いましょう
 
 
 
メニューは壁やら店内の至る所に貼られてます
食べたい料理を見落とさないようにしましょう
 
 
入口側の壁には来店したお客さんが
渡していった名刺の数々も貼られていました
これはお店の歴史が感じられますね
 
 
●生ビール
 
 
運動後のこれに勝るもの無しです
 
 
●レバ刺し
 
 
低温調理された一品です
 
ごま油が掛かっているので
ニンニクと合わせて頂きます

単純に加熱したものと比べると
滑らかな舌触りでとても美味しいです
臭みも全くなくて良いですね
 

●マカロニサラダ
 
 
ジャンクな見た目ですが
立ち飲みだからこれで良いんです
 
 
●バイスサワー
 
 
 
スッキリバイスのサワーにチェンジです
 

食べ終わった器はカウンターへ返却ですが
飲み終わった瓶はカウンター下にある
瓶ケースに置きましょう
 
 
●まぐろすきみ
 
 
まぐろのすき身が豪快に盛られています
これは旨いですね~
焼酎か日本酒が飲みたくなります
 
 
●ハムカツ
 
 
これも大衆酒場ならではのメニューです
郷に入れば郷に従え的な感じです

こういうお店に初見のお客さんとして行くと
ルールが良く分からないのがネックですね
お店のルールもネットなどを通じて
事前に知ってもらえるとお店側も楽でしょうね
 

●チューハイ(小)
 
 
 
最後にチューハイで〆ました
最近サワー系をあまり飲むことが無いので
こういう機会もたまには悪くないです

甘過ぎずサッパリしているし
ハムカツなんかのツマミによく合います
 
 
運動後の立ち飲みだったので
相変わらずアキレス腱を伸ばすなど
ストレッチをしながら飲んでいました

基本立ち飲み店ですが
有料で椅子を借りることも出来るようです
※但し、体の不自由な方や高齢者が優先

流石に立ち飲み店だけあって提供価格は安く
料理の質も何ら問題となる部分は無くて
とても美味しいと思います

店主さんは少しぶっきら棒な印象もありますが
地元のお客さんが中心なお店だけあって
誰に対してもフレンドリーに接するというか
誰に対してもタメ口で話をするというような
スタンスで接客されているのだと思います

これは正直お客さんの好みの問題もありますが
皿や瓶を片付けた際は『ありがとう』という
言葉も返してもらえるし、お店を後にする際も
感謝の言葉をかけてもらえるので
最低限のお店側のサービスはあると思います

それが心地よくて来店している
地元のお客さんがとても多いんでしょうね

今回は煮込み系の料理を頂か無かったので
次回はそれにチャレンジしたいですね

また、他のもつ肉店にも行かないといけません
色々と宿題が出来てしまいました
 
 
【杉田もつ肉店】
横浜市磯子区中原2-3-33
TEL 非公開
月~土
16:00~22:30
日・祝
14:00~20:30
不定休
 ※休みの情報は食べログ上に掲載
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

記事をご一読頂きありがとうございました。この度ブログランキングに参加することになりました。下記のバナーへのクリックにご協力をお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 目指せ関東1位!!

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

杉田もつ肉店立ち飲み居酒屋・バー / 新杉田駅杉田駅屏風浦駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス