LASIK小矢部=レーシックちょいヤベ between 金沢and富山
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

近視矯正ICL手術(金沢、富山、高岡市)

先々月の10月は近視矯正ICL手術を12眼行いました。
 
全例無事に完了しひと安心。
ICL手術は手術中ももちろん大切ですが
手術前の検査やICLレンズの注文(どのレンズを選択するかが意外と気をつかいます)も重要です。
その後もICL手術はコンスタントに行っており、
今月もICL手術予定がいくつも有ります。
今後も1眼1眼慎重に手がけていきたいと思います!
 
 
 

 

 


2014041213080000.jpg

数多くの学会発表(白内障、近視矯正、老視矯正、LASIKに関する)の経験。
白内障手術は約8千眼の執刀経験。
眼科専門医かつ医学博士の私 たがわが責任持って施術致します。
 

近視矯正手術 約3500眼の執刀経験。レーシックのみならず、PRK、フェイキック(ICL つまり眼内コンタクト挿入術)も自在に執刀。
眼科専門医かつ医学博士の私 たがわが責任持って施術致します。
(富山・岐阜県の方、石川県・福井県の方もR5年2月末までに検査された場合は特価を適用します。ホームページ新着をご覧ください。
本来の手術費用22万円と全く同内容の手術です。20年前から富山県でLASIK手術を執刀し続けることができている感謝を込めて。重症術後合併症と言われている感染症、まして失明もゼロです。斜視の悪化もゼロです。)

 

私、眼科医たがわが近視LASIKを執刀し、金沢大学眼科角膜チームで解析した世界初の結果がOphthalmic Surg Lasers Imaging (眼科学術誌、英文)の表紙に掲載。 

 

LASIK小矢部=レーシックちょいヤベ between 金沢and富山 border=

 

 

小矢部たがわ眼科の近視ICL手術。

近視ICL(フェイキック)手術導入12年

 

厚労省認可後、2010年7月に国内で初導入。

北陸で最多症例数。2022年現在、約400眼。

北陸で最初のICLインストラクター(全国で北里大 前眼科教授ら40人)

北陸から唯一のICL論文発表。

廉価版であるIPCL(厚労省認可無し)は使用しておりませんのでご安心ください。

近視手術LASIKも執刀。術式を選べるメリットが有ります。(片眼ICL,他眼LASIKの症例も当院には多数存在)。

 

 


 

【小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山】
ホームページから 「お問い合わせ」をクリックにて簡単にメールできます。
メールアドレスは kzexxpr@yahoo.co.jp
です。
お電話なら 0766-67-8910(ろく、なな、はち、きゅう、じゅう。留守電に お電話番号、お名前を録音頂ければ折り返し、当方から電話致します)
24時間 お気軽にご利用ください。

近視LASIK 中国 日本(金沢、富山)

 

 今年も暑い夏だった8月は近視LASIK手術を20眼ほど行いました。

 
下図はレーシック

スムーズな進行に協力頂いた多くの患者さんに感謝です。

その中には日本人以外に中国人の患者さんもいました。

 

中国人の患者さんといろいろ会話した中で世の中の変化を感じるものが有りました。(驚)

 

日本国内での技能実習生を中国国内で募集しても10年前と比べると最近は少ない。日本での生活を希望する中国人が減ったそうです。日本での賃金が安いためが一因。

 

近視LASIK手術費用を当院は両目20万円弱で行っています。が、中国国内のLASIK手術費用の方が高いらしく、日本で受けた方が安くて得とのことでした。

 

そういえば最近以下のニュースも同様の現象で、日本の国力低下、相対的な貧困化が心配ですね

 

アイリスオーヤマ、中国から国内に生産移して「コスト2割減」…SNSで議論沸騰「経済回復に貢献」「日本は安くなった」

 

生活用品大手のアイリスオーヤマが、約50種類の製品の生産を中国・大連から国内の工場に移すことを決めた。9月14日、NHKが報じた。  報道によると、大連の工場では、主に日本向けプラスチック製品を生産しているが、原材料価格や輸送費の高騰でコストが上昇。円安の長期化もあり、衣装ケースなどを国内3工場に移管するという。  埼玉県深谷市の工場には、すでに生産に必要な6種類の金型が到着。国内生産に切り替えることで、約2割のコスト削減が見込めるため、さらに園芸・除雪用品などの移管も検討してるという。  スポーツコメンテーターの為末大氏は、9月15日、この記事を引用しつつ《中国よりも日本で作ったほうが安くなりました》と自身のTwitterに投稿。  タレントのモーリー・ロバートソン氏もやはり記事を引用して《こんな形で中国離れが起きるとは》と投稿するなど大きな話題となり、「アイリスオーヤマ」がトレンド入りする事態となった。 「アイリスオーヤマは、約100億円を投資して岡山県瀬戸内市に工場を新設すると発表。2024年に着工する予定です。  同社に限らず、日本の製造業の国内回帰の機運は高まっています。半導体大手のルネサスエレクトロニクスは、2014年に閉鎖した甲府工場の生産を2024年から再開すると発表。再稼働に900億円を投資する計画です」(経済担当記者)  アイリスオーヤマが中国から国内に生産を移すことで、約2割のコスト削減を見込めるということに、SNSでは議論が沸騰した。 《国内経済の回復にも貢献する素晴らしい決断だ!》 《この流れを拡げていって欲しい》  と歓迎する声がある一方で、日本の生産コストが下がっていることを危惧する声も多く上がった。 《いよいよ国内回帰が(止むに止まれず)始まったかな。現時点でも2割はなかなかインパクトある》 《150円/$で日本の生産コストは中国を下回ると言われている。輸送コストを含めれば、日本はすでに中国よりも労賃が安い国になったということ》 《これは輸送費とかの関連が原因で、人件費だけを見ればまだまだ中国の方が安い。しかし比べられる時点で、日本が安くなったのは確かなんでしょうね》 《中国より日本の人件費の方が安いからレノボやファーウェイが日本に工場作る時が来るかもね》  9月14日、円相場は1ドル=144円台後半で推移。岸田文雄首相は経済財政諮問会議で、足元の円安メリットを生かした企業の国内回帰や供給力強化といった「日本の稼ぐ能力」を高める取り組みが重要と話しているが、はたして――。

 

 


2014041213080000.jpg

数多くの学会発表(白内障、近視矯正、老視矯正、LASIKに関する)の経験。
白内障手術は約8千眼の執刀経験。
眼科専門医かつ医学博士の私 たがわが責任持って施術致します。
 

近視矯正手術 約3500眼の執刀経験。レーシックのみならず、PRK、フェイキック(ICL つまり眼内コンタクト挿入術)も自在に執刀。
眼科専門医かつ医学博士の私 たがわが責任持って施術致します。
(富山・岐阜県の方、石川県・福井県の方もR4年11月末までに検査された場合は特価を適用します。ホームページ新着をご覧ください。
本来の手術費用22万円と全く同内容の手術です。20年前から富山県でLASIK手術を執刀し続けることができている感謝を込めて。重症術後合併症と言われている感染症や角膜拡張症、まして失明もゼロです。斜視の悪化もゼロです。)

 

私、眼科医たがわが近視LASIKを執刀し、金沢大学眼科角膜チームで解析した世界初の結果がOphthalmic Surg Lasers Imaging (眼科学術誌、英文)の表紙に掲載。 

 

LASIK小矢部=レーシックちょいヤベ between 金沢and富山 border=

 

 

小矢部たがわ眼科の近視ICL手術。

近視ICL(フェイキック)手術導入12年

 

厚労省認可後、2010年7月に国内で初導入。

北陸で最多症例数。2022年現在、約400眼。

北陸で最初のICLインストラクター(全国で北里大 前眼科教授ら40人)

北陸から唯一のICL論文発表。

廉価版であるIPCL(厚労省認可無し)は使用しておりませんのでご安心ください。

近視手術LASIKも執刀。術式を選べるメリットが有ります。(片眼ICL,他眼LASIKの症例も当院には多数存在)。

 

 


 

【小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山】
ホームページから 「お問い合わせ」をクリックにて簡単にメールできます。
メールアドレスは kzexxpr@yahoo.co.jp
です。
お電話なら 0766-67-8910(ろく、なな、はち、きゅう、じゅう。留守電に お電話番号、お名前を録音頂ければ折り返し、当方から電話致します)
24時間 お気軽にご利用ください。

近視治療(レーシック、PRK)金沢市、富山市

二週続けての
先週土曜にも近視レーザー手術(レーシック、PRK、PTK)を10眼以上行いました。
 
患者さんは金沢市、高岡市、黒部市、富山市、かほく市から来院頂き、
年齢は25歳~85歳と若い方から高齢の方まで幅広かったです。
 
若い方は近視矯正レーザー手術(レーシック、PRK)でした。
 
85歳の方は角膜変性を治すためのレーザー手術。
この方のレーザー手術前
 
レーザー手術後
 
 
 
手術のおかげで
黒い丸(瞳)がはっきり視認できるようになり、患者さんも明るく見やすくなったと喜んでおられました。(^^)
 
 
反対目も同様
レーザー手術前
 
レーザー手術後
 
 
綺麗な角膜になり視力向上しました。
 
 

スムーズに進行し無事予定通りに完了しました。、

 

患者さんには協力頂き感謝です!m(_ _)m

2014051111350000.jpg

 

この角膜レーザーPTK手術や近視レーザー手術(レーシック、PRK、)は金沢駅前の眼科で行います。(田川が執刀)

 

 

 

 


2014041213080000.jpg

数多くの学会発表(白内障、近視矯正、老視矯正、LASIKに関する)の経験。
白内障手術は約8千眼の執刀経験。
眼科専門医かつ医学博士の私 たがわが責任持って施術致します。
 

近視矯正手術 約3500眼の執刀経験。レーシックのみならず、PRK、フェイキック(ICL つまり眼内コンタクト挿入術)も自在に執刀。
眼科専門医かつ医学博士の私 たがわが責任持って施術致します。
(富山・岐阜県の方、石川県・福井県の方もR4年8月末までに検査された場合は特価を適用します。ホームページ新着をご覧ください。
本来の手術費用22万円と全く同内容の手術です。20年前から富山県でLASIK手術を執刀し続けることができている感謝を込めて。重症術後合併症と言われている感染症や角膜拡張症、まして失明もゼロです。斜視の悪化もゼロです。)

 

私、眼科医たがわが近視LASIKを執刀し、金沢大学眼科角膜チームで解析した世界初の結果がOphthalmic Surg Lasers Imaging (眼科学術誌、英文)の表紙に掲載。 

 

LASIK小矢部=レーシックちょいヤベ between 金沢and富山 border=

 

 

小矢部たがわ眼科の近視ICL手術。

近視ICL(フェイキック)手術導入10年

 

厚労省認可後、2010年7月に国内で初導入。

北陸で最多症例数。2022年5月現在、約350眼。

北陸で最初のICLインストラクター(全国で北里大 前眼科教授ら40人)

北陸から唯一のICL論文発表

近視手術LASIKも執刀。術式を選べるメリットが有ります。(片眼ICL,他眼LASIKの症例も当院には多数存在)。

 

 


 

【小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山】
ホームページから 「お問い合わせ」をクリックにて簡単にメールできます。
メールアドレスは kzexxpr@yahoo.co.jp
です。
お電話なら 0766-67-8910(ろく、なな、はち、きゅう、じゅう。留守電に お電話番号、お名前を録音頂ければ折り返し、当方から電話致します)
24時間 お気軽にご利用ください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>