SCOTT SOLACE(スコット ソレイス)に試乗してきました!! | 京都→吹田 チャリンコ通勤!!

京都→吹田 チャリンコ通勤!!

京都から吹田までロードバイクで自転車通勤している自転車屋店員の日常をつづるブログ!!


テーマ:
今日は朝からSCOTT(スコット)のSOLACE30(ソレイス30)に試乗していました!!
折角試乗したので、備忘録がてらインプレもどきを書きます!!


スコットのソレイスは2014年モデルからラインナップされているエンデュランスロードバイクです☆
調度この時期に開催されているクラシックレースをターゲットにしたバイクで、楽な姿勢で乗れ、乗心地が良い事からロングライドや街乗りに向くと言われています。


上から見るとこんな感じ。
ソレイスはヘッドチューブ、ダウンチューブ、チェーンステー等、走っている時に力がかかりやすい箇所を「パワーゾーン」と定義して剛性を高めに設定。

一方、シートステー、バックフォーク等乗心地の良さに影響がある箇所を「コンフォートゾーン」と定義し、振動吸収性を高めるための工夫をこらしています☆


そのため、コンフォートゾーンのバックフォークは細身!!
ブレーキキャリパーもバックフォークから取り払い、チェーステー下に付ける事で、乗心地の良さをアップさせています!!


一方、ダウンチューブおよびチェーンステーはしっかりと太いのです!!
コンフォートバイクっていう定義のバイクで、チェーンステーがしっかりと太いモデルは結構珍しいかもしれません。

最近のバイクはチェーンステーを横扁平させたものが多く、ある意味「硬派?」なコンフォートバイクなので、どんな具合なのか気になる所ですニコニコ


一方、コンフォートバイクらしくヘッドチューブは長め!!
上体を起こした楽な姿勢で走りやすい設計です☆

早速試乗!!
まず腰を浮かして加速していこうと踏み込んでみたのですが、思いのほか初速の加速は良いです!!

「コンフォートバイク」というジャンルのバイクなので、正直初速には期待をしていなかったのですが、思いのほか加速は軽いですニコニコ
世の中の反応性の高いバイクほどではないですが、加速感はほどほどに良いです☆
そのままグイグイと踏んでいったのですが!!

こんな形状なのに、フレームがウィップしません。
てっきりバネ感を感じるような走り方をするバイクなのかと思いましたが...。
結構踏んだ分だけ進んでくれるような印象ですニコニコ

地面からの突き上げは良い具合に軽減してくれています☆
突き上げが「ドムドム」と手に伝わってくる感じ。
そのため、一定のペースで巡航するのはかなり楽チンですねニコニコ

上り坂にさしかかり、腰を上げてダンシングで進んでみましたが...
やっぱりコンフォートっぷりが邪魔にならない走りです☆

結構「優しい乗り味」を売りにしているミドルグレードのバイクは登りが苦手だったりするのですが、そんな事は無かったです。
ただ、上り坂で力いっぱい踏み込んでアタックをかけたりすると、若干モタつきは感じます。
あくまでも淡々と走っている方がこのバイクには向くようですニコニコ

最後にスプリントをかけてみましたが!!
思いのほかしっかりとフレームが力を受け止めてくれますニコニコ
おかしなバネ感が無い分、しっかりとフレームがパワーを受け止めてくれるようです☆


しかし阿呆みたいにモガいていたら、試乗車の調子が少し悪くなりあせる
少し早めに切り上げましたべーっだ!

もう少しモガきたかった...。

http://www.81496.com/jouhou/road/scott2014/solace30.html
(SCOTT SOLACE30のページ)

上のページにスコット ソレイス30を紹介しています☆
もしご興味あればチェックしてみてください♪

また、店にも展示しているので、もしご興味あれば見に着て下さい!!

Leonさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ