【レポート】城南宮のしだれ梅とお水とお酒のまち伏見を満喫する旅 | 京都 癒しの旅

京都 癒しの旅

疲れているあなたへ京都で羽根を休めませんか?
案内人と巡る京都癒しの旅はまるでセラピーのようと言われています。


テーマ:
こんばんは。
京都癒しの旅の案内人 安藤加恵(あんどうかえ)です。

今週は雨が続きそうな京都です。

先週3月16日に小雨降る中、城南宮のしだれ梅と酒蔵の街 伏見を満喫する旅に出かけてきました。

京都駅でドキドキワクワクしながらお客様をお待ちしていました。
お会いした瞬間から、待ちわびていた恋人に会ったかのような気分になりました。

天気予報は雨で夕方から曇りでしたが、朝、雨が降っていたのに私が出かける時には雨が止み、お客様とバスで出かける時にも雨は止み、自称晴れ女の私と私も晴れ女ですとおっしゃるお客様と意気揚々と旅の出発です♪

image

まずは、城南宮へ。
ふたりの晴れ女パワーも空には届かず、雨にしっとりと濡れた落ち着いた雰囲気の中、散り始めの枝垂れ梅を鑑賞。

綺麗ですね〜とゆっくりと源氏物語 花の庭を巡りました。

image

椿が満開でした。

image

傘をさしながら写真を撮るのは、なかなか難しかったですが、
何枚かパチリ。

お茶席にてお庭を眺めながらお抹茶をいただきます。

image

床の間に飾ってあった花瓶を見て、これは織部の作品ですねと仰り ゆっくりとお茶の時間も雅な時間になりました。

image


鳥羽離宮跡地を歩きながら駅に向かいます。

城南宮からのみちのりも地元の案内人ならでは
裏道を通って御陵なども見ながら歩きました。
この辺りを歩くのは初めてですと興味深く歩いてくださりました。

image

少しの時間、電車に揺られ お水とお酒のまち伏見へ到着。



地元の安藤はマジックミラーの散髪屋さん、初めてアルバイトをしたお店、友達の家のびっくり話などを紹介しながら、そして歴女のご友人と以前 伏見に来られたお客様のお話を楽しく伺いながら、鳥せいへ。

鳥せいは地元に愛され続けている大人気の創業340年の老舗蔵元直営の鳥料理店。
お酒がとても美味しいのです。

image

image

オススメしていたパリ揚げをとても気に入ってくださり、お酒もお好きなので、楽しい美味しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

image

お話に花を咲かせ、お酒のおかわりもして、写真を撮るのも忘れてしまいました。

時間を気にせず過ごせるのも癒しの旅ならではです。
友達と過ごすようにゆっくりとリラックスしていただけたら
とってもうれしいです!


旅の後半は予定を少し変更し、以前行かれたことのないところをご案内し歩きました。

image

ご参加くださり誠にありがとうございました。

帰りにお酒好きの共通の話題があり、お客様オススメのお酒を美味しく飲めるお店を教えていただきました。

またご一緒できますように。

京都 癒しの旅 案内人 下戸 眞由美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント