こんばんは。

東京都議会議員(品川区選出)の森澤 恭子です。

今日は前職で繋がりがあったデザイナーの
矢崎さんが
プロデュースされているということで、

「地域課題をITで解決するワークショップ」
の成果発表会@品川区役所へ。

{B589FAB5-3604-4A03-9A50-BF3DC5EF7489}

矢崎さん↓はCode for Tokyoの代表。
{1F5402F5-0B36-40DA-86A5-BED58C1F81A9}

実は、オープンデータで何ができるのか、
いまいちピンときていなかったのですが、
今日の発表を聞いて、
その必要性についてよく理解ができました

これまで、ワークショップ→アイディアソン→ハッカソンと進めてきて、今日は成果発表。

{1041A113-9DBE-4663-81C1-D02320D40B69}


特に、保活をサポートするアプリについて
すぐにでも実用化して欲しい!!
と思うほどでした。

それは、
品川区が他区に先駆けてオープンデータ化している保育園の入園基準(ボーダーラインの指数/階層)を活用した保育園情報検索アプリ 
Happy Child

勤務時間や所得で、
過去の入園基準に照らし合わせて
入れそうな保育園が検索できる!!

↓↓

{155428DD-8C31-4B2B-9099-4BF91F5B0B3B}

ちょうど、無駄に保活してしまっていることも多い、という声を聞き、

働き方も多様化する中で、
自分の働き方に合った保育サービスに効率的にたどりつくツールが必要!!
という問題意識をもっているので、

ピンポイントでした。


子育て系では他にも子どもの遊び、年齢に適した公園情報検索アプリも!↓

{8731B515-6FFE-47E7-B2F0-36D04B7E8251}

これも使いたい!

{7A93852A-82AC-48C3-AA90-09766BB4DFBA}



オープンデータ、ITの力で地域課題を解決することの大きな可能性を感じ、

こういった現場目線、生活者目線の取り組みを
どう行政が支援し、広がりをもたせていくのか

私も勉強し、

東京都では
何ができるのか考えていきたいと思う

すばらしい発表会でした