筏(いかだ)流しを体験! | 京こね☆ニュース

京こね☆ニュース

京都の小ネタ・ニュースばかりを集めた「京こね☆ニュース」!
2019年は地元・亀岡を中心に発信中!!

京都府の丹波地域から京都市内への木材供給のために行われて

 

いた「筏(いかだ)流し」を体験するイベントが、14日保津川で

 

ありました。

 

筏流しは平安京造営時に始まったという壮大な歴史がありますびっくり

 

しかし、交通の発達から約60年前に途絶えていました。 伝統文化を

 

後世に伝えようと「京筏組」が2011年から試乗イベントを実施して

 

いましたが、昨年、一昨年は増水で中止したため、今回は3年ぶりの

 

開催となりました。

 

↑2011年の様子

 

 

この日は、長さ約4mのスギの丸太を8~9本組んだ筏を3連つなぎ、

 

参加者は筏の上に立ち、バランスをとりながら、約100mの区間を

 

往復しました爆  笑