ローレルゼロは希少なブルドッグボス産駒 走りや普段の様子はあの競馬漫画のマキバオーそのものだ

ピッチ走法なので

道悪は苦にしない

スタミナ、パワー

かなりあるな


ローレルゼロ




ローレルゼロ

 父ブルドッグボス―。その希少な存在に地方競馬ファンからも注目を集めるローレルゼロ(牡2歳、栗東・高橋康之厩舎)が6月16日の函館・芝1200mでデビューを予定している。


 父はJBCが初めて浦和競馬場で開催された2019年に、御神本訓史騎手とのコンビでJBCスプリントを制覇。


浦和所属として、地元の期待を一身に背負い、ゴール前でコパノキッキングを差し切ったシーンが印象に残っている方も多いはず


 ブルドッグボスは同年のNAR年度代表馬に選出。

20年のゴールドC優勝を最後に現役を引退すると、21年から種牡馬入り。

初年度は24頭に種付けし、生産頭数は20頭。

11日時点でJRA登録は本馬を含めて3頭のみとなっている。


 「マキバオーみたい」とローレルゼロを表現した古屋助手。

「ピッチ走法で回転が速い走りをする。顔もかわいいしね」


普段の様子を聞くと、「普段はボーッとしていて、厩舎内で周りの馬がガチャガチャしていても大の字で寝ていたりする。2歳としては珍しいよ」。

その走りだけでなく、性格もまさにマキバオー。


 能力があるところも示しており、

5日に函館芝コースで行われた1週前追い切りでは、ほとんど馬なりでキスメット(2歳新馬)と併入。

洋芝を物ともしない力強いフットワークを披露し、父譲りのスピードとパワーを秘めていそうだった。

「スピードに乗ると上体が起きて、きれいなフォームで走る」と同助手もキラリと光るものを感じている。


 貴重なブルドッグボス産駒への血統だ