ハッピーエイジングワールドVol.2
アンチエイジング、ダイエット、温泉、フラメンコに子育てまで色々と発信します。2016年10月までのブログはこちら。
http://s.ameblo.jp/therme
  • 06Jun
    • 屋外で人があまりいないところではマスクを外しましょう。の画像

      屋外で人があまりいないところではマスクを外しましょう。

      こんにちは。前橋温泉クリニック院長の岩波です。日差しが強くなって来ました。徐々に外出する機会も増えてきて、日焼けもきになってきた頃かと思います。マスクをして歩いている方も多く、「マスク焼け」も気になるところです。前橋温泉クリニックでは皮膚科ドクター考案の、添加物、鉱物を使わない日焼け止めクリームを取り扱っています。シミ治療の「ライムライト」のあとにもこちらを使っていただけます。 クレンジングなしで落とせるところも便利です。ちなみにお値段は3280円です。屋外でのマスクについては屋外で周りにあまり人がいないときには外すように厚労省でも言っています。こちらを参照 熱中症の危険が高まるためです。屋外では無理せず外しましょう。仕事中にしていないといけない方も多いと思います。1人になったときには外して「換気」してください。気温がそれほど高くなくても湿度が高いと熱中症になりやすくなります。暑くなり始めの今の時期は注意が必要です。マスクを時々外す、水分をこまめに摂るなど、気をつけて下さいね。「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントを掲載しています。

  • 28May
    • 予防、対策 私たちにできることは?の画像

      予防、対策 私たちにできることは?

      おはようございます。前橋温泉クリニック院長の岩波です。緊急事態宣言が解除されて、今まで受診を控えていた方が来院するようになってきました。 先日初めて受診された方で、ここ1ヶ月くらい元気がない、食欲がない、という方がみえました。ご家族が心配して、近くの病院でいろいろ検査もしてもらったけれど特に異常なしとのことでした。ストレスなど心因的なものではないかと言われたとのことです。年配の方ですが、普段は元気で外出していた方です。ご本人はコロナウイルス蔓延のため習い事や集まりがなくなってしまってからではないかと思うとのこと。 検査で異常が見られなかった場合「ストレスのせいではないですか。」となることが多いです。その本当のところを突き詰めて調べるのは実際にはなかなか難しいところですが、「疾患」としての異常がなければ現代医療の範疇から外れることもあります。今回の方はセカンドオピニオンと、漢方での解決を求めていらっしゃいました。 私は日頃「アンチエイジングライフ」を推奨しています。「アンチエイジング」とは「寝たきりにならず、元気に歳を重ねること。」です。そのために。超高齢化社会の現代の日本では「認知症」「ロコモティブシンドローム」「メタボ」を予防することが重要です。(ロコモティブシンドローム ;骨や筋肉が弱くなることで寝たきりになりそうな状態)このためには「できるだけ外出して他人とコミュニケーションをとる」「運動する」「正しいダイエット」が重要です。しかし、今回のコロナ禍で「コミュニケーション」「運動」を実践することが困難な状況になってしまいました。食事については栄養を考えての自炊の方が理想的ですが、それでも買い物になかなか行けない、などの問題はあったと思います。 一人で家にいてもSNSなどで他の人と繋がれる現代ではコミュニケーションはそれほど疎外されていないと感じがちですが、年配の方はそうはいきません。週に1回気のおけない仲間と集まることが生きがいだった方は大勢います。それが禁止されてしまったために、気力が失われてしまい、引いては食欲減退、倦怠感が強いなどの体調異変につながってしまうことも。いわゆる「コロナうつ」の状態でしょう。今回受診された方もそのような状態だったと思います。色々とお話しできたことで少し安心して帰られました。症状に対する漢方薬処方と、集まりはまだ推奨できないものの、少し散歩をしたりと、1日一回は外に出ることをお勧めしました。「アンチエイジング医学」は飽食で便利な時代の到来に伴ってでてきたメタボやロコモなどの予防することで、生活習慣病や認知症、寝たきりなどを予防しようという考え方から生まれてきました。長生きすることが前提で、そのために生じる諸問題を解決しつつ、元気で長生きしようというのが目標です。しかし、今回のような「新しい感染症」が現れたら「アンチエイジング」は二の次です。とにかく命を守ることが最優先。そのために個人の楽しみや経済など、全てのことが犠牲になりました。そして、少しずつ付き合い方がわかってきて、感染症対策による諸問題が浮き上がってきました。これからはこちらに対しても考えていかなければなりません。 当然感染症対策は必要です。それと同時に体を動かすこと、脳を使うこと、なんらかの方法で他者とコミュニケーションをとることも考えていかなければいけません。今回の患者さんとお会いして改めて実感した次第です。 ご年配のご家族がいる方は、ぜひたくさんお話ししてください。遠くに住んでいるのなら電話してください。可能な状況なら外に連れ出して、日光を浴びて骨粗しょう症も予防したいところです。さらに、今回重症化した方の特徴として、肥満、糖尿病、高血圧などが指摘されています。まさにこれらを予防することは「アンチエイジングライフ」の実践です。つまり、第二波到来の可能性もある中、私たちにできることは「正しいダイエットで体重を落とす」「運動の習慣を身につけて免疫力をあげる」ことです。一般的には体重が減れば血圧も下がる場合が多く、血糖値もコントロールしやすくなります。そして、運動をすることで筋肉の貯金を増やし、悪玉コレステロールを増やさないようにすることで動脈硬化を予防できます。ソーシャルディスタンシング、手洗いを励行することとと共に、自分の体調を整えることも努力するべきです。今回のコロナ禍が落ち着いても、これから先新しい感染症が出てくることはあるでしょう。感染症対策しながらできる限りのアンチエイジングライフを実践していければよいですね。

  • 23May
    • マスクで肌荒れ?対策は?の画像

      マスクで肌荒れ?対策は?

      おはようございます。マスクが日常になって、肌荒れが起きてしまうという方が増えています。マスクの素材が合わない場合、湿気で蒸れてしまう場合といろいろな状況があると思います。仕事中などなかなか外せない場合もあるので対策が難しいですよね。食物繊維をよく摂ったり、睡眠時間を確保したりしても、日中マスクをつけなければならないと改善が難しいかもしれません。肌荒れ、ニキビの改善が悪い場合、漢方薬が役に立つ場合があります。また、ピーリング(自費診療)も効果的です。前橋温泉クリニック のピーリングはサリチル酸マグロゴールというお薬を使います。表面の角質のみに作用するので安全です。終了後は12時間は基礎化粧品のみで、ファンデーションなど、吸収されない方がよいものはつけないでいただきます。当院においてある日焼け止めはつけていただけます。治療のペースとしては、一度行ったら1ヶ月以上空けていただきます。(皮膚のターンオーバーを待つため。)自粛も徐々に解除され、美容治療をお考えの方も多いとおもいます。治療の際は、感染対策をしっかりした医療機関での治療をお勧めします。

  • 28Apr
    • 物事を客観的に見たい。の画像

      物事を客観的に見たい。

      おはようございます。GWですが多くの方がおうちにいらっしゃることでしょう。前橋温泉クリニックはカレンダーどおりの診療になります。本日火曜は休診日です。コロナウィルスの新規の患者さんが徐々に減ってきていて喜ばしいことですが、そういう時期に油断するとまた感染する人が増えてしまいます。やはりこの連休はなるべく出かけない方がいいですね。 最近遅ればせながら”FACTFULLNESS”を読んでいます。データから客観的に世界を判断することの重要性が様々な例を挙げながら書かれています。こんなふうに新しい感染症が蔓延する時代に遭遇するとは夢にも思いませんでしたが、今まさに私たちに必要な考え方だと思います。まだ読んでない方にはおすすめです。感染予防、家族のこと、仕事のこと、お金のこと、考えなければならないことが山積みです。でも前を向いていこうと思います。物事には始まりがあれば終わりがある。必ず事態が変わるときが来ます。

  • 19Apr
    • 前橋温泉医王薬師の湯 4月18日〜5月15日までお休みです。の画像

      前橋温泉医王薬師の湯 4月18日〜5月15日までお休みです。

      おはようございます。 全国に緊急事態宣言が出て、前橋温泉も昨日から5月15日までお休みすることになりました。残念ですが、できるだけ外出を控えていただかなければならない時期なので、前橋温泉は感染拡大防止に協力することにしました。もともとGW明けに設備工事の予定でしたので、15日までお休みして、16日から再開の予定です。2階の「キッチン風の穂」さんはテイクアウトとお買い物だけ可能です。前温泉クリニックは感染対策しながら診療継続してます。ゴーグルもガウンも手に入らないので、スタッフがラミネートフィルムでシールドを作ってくれました。患者さんにもご不便をおかけしますが、入り口での検温、手指消毒にご協力下さい。バランスのよい食事、よく寝る、ストレス発散(難しいけど)で乗り切りましょう!

  • 12Apr
    • 前橋温泉クリニック リニューアルオープンしました。の画像

      前橋温泉クリニック リニューアルオープンしました。

      こんにちは。前橋温泉クリニックの院長岩波です。リニューアルが終わって4月8日から通常診療を開始しています。私の父、滝澤幸男は昭和46年に滝澤整形外科医院を開業しました。19床の有床診療所でした。そして、地域の区画整理計画が持ち上がり、医院を移動する必要に伴い、今の場所に温泉を掘削しました。温泉の湧出は1995年です。1999年に建物が完成し、前橋温泉クア・イ・テルメというビルの中の1階が滝澤整形外科医院、2階かま前橋温泉医王薬師の湯でした。当時は2階建てでした。その後3、4階が増築され、2006年に前橋温泉クリニックが始まりました。こちらはリフォーム前の診察室。もともと整形外科が専門ですが、大学院のときに予防医療である「アンチエイジング医療」を実践したくて始めた診療所でした。健康長寿を意味するアンチエイジングのためには老化と病気を予防することが重要です。病気になったら治療するというだけではなく、未病の状態から進まないようにしたいものです。生活習慣病の原因のひとつである肥満の解消、予防、骨折の予防のための骨密度維持、筋力アップなどに重点をおいた診察、検査、治療を行なってきました。開業当時、まだ「アンチエイジング」という言葉は一般的でなく、アヤシイ場所と思われてしまったことも(^^;;。最近では「アンチエイジング」も市民権を得てきて、メタボ、ロコモ、認知症の予防のためのアンチエイジングライフを実践する方が増えてきました。5年ほど前、父が体調を崩し、滝澤整形外科の方も時々私が手伝うようになりました。3年前あたりからは私が主に診療を行うようになってきて、この頃からクリニックにリフォームを考える始めました。新しくなった待合室日程のこと、スタッフのこと、予算のことなど、色々考えなければならないことがあり、計画は決してスムーズには進みませんでしたが、何とか開院することができました。折しも新型コロナウイルスの感染拡大が始まってしまい、予定していた開院記念パーティーは中止し、内覧会のコマーシャルも2月頃に申し込んであであった配布以外は行わず、規模を縮小して内覧会を開催しました。このような事態なので仕方ないですが、これから先も予想できないことが色々おこると思います。どんなことにも臨機応変に対応していきたいと思います。さて、少し話がそれましたが、そのようなわけで4月8日に「前橋温泉クリニック 整形外科、内科、美容皮膚科」としてリニューアルオープンしました。診察室点滴室レントゲン室理学療法室入り口で手指消毒、検温のご協力をお願いしております。どうぞよろしくお願い致します。ホームページも新しくしました。こちらをご覧ください。

  • 29Mar
    • 接遇講習を受けました。の画像

      接遇講習を受けました。

      こんにちは。前橋温泉クリニックは私の父が院長を務める滝澤整形外科医院を統合し、新たに「前橋温泉クリニック 整形外科・内科、美容皮膚科」として4月8日に新装開業します。リニューアルもだいたい終わり、色々準備中です。先日はスタッフの接遇講習会を開催しました。講師におむかえしたのは医療接遇のスペシャリスト、株式会社ラ・ポール の福岡かつ代先生です。2時間近い講習会でしたが全く飽きることなく、とても有意義な時間でした。スタッフからも「目からウロコでした!」とか「色々考えさせられました。」といった声が聞かれ、医療人として、人として成長するきっかけになってくれたようです。いくつになっても勉強できるし考え方も変えられます。私も柔軟な心で前向きにがんばりたいと思いました。4月5日(月)、6日(火)と内覧会を開催予定です。この機会にぜひ院内をご覧ください。・ご来院の方は手指消毒等にご協力ください。・内覧会では診察、処方等はできませんのでご了承ください。

  • 21Mar
    • スムージーづくりの画像

      スムージーづくり

      おはようございます。暖かくなったきたので最近またスムージーを作っています。昨日はこちらの材料で。レモン、リンゴ、キウイ、小松菜、セロリと豆乳。年季の入ったバイタミックス。破壊力抜群。出来上がり。小松菜を入れたときは作ってすぐ飲まないとすぐに苦くなってしまいます。保存料なしですから^_^。野菜果物の食物繊維は腸内細菌叢のエサになります。腸内細菌叢が元気になると免疫力が高まることがわかっています。たくさん食物繊維が摂れるスムージーはおすすめです。

  • 10Mar
    • 前橋温泉クリニック リニューアルオープン! 内覧会のお知らせの画像

      前橋温泉クリニック リニューアルオープン! 内覧会のお知らせ

      おはようございます。前橋温泉クリニックは4月8日にリニューアルオープンすることとなりました。それに先立ちまして4月5日、6日に内覧会を開催致します。内覧会では院内をご覧いただけますので、この機会にぜひ足を運んでください。私の父、滝澤幸男が昭和46年に開設し、約50年にわたり地域に貢献してきた「滝澤整形外科医院」と、私がアンチエイジング医療実践の場として15年前に開設した「前橋温泉クリニック」をひとつにして、「前橋温泉クリニック 整形外科・内科・美容皮膚科」となります。父は現在85歳で、しばらく前から診療からは離れています。もともと整形外科医の私がその後を少し手伝っていましたが、今年度をさかいに統合することとしました。 病院勤務時代から腰痛や膝痛の予防が重要だと感じ、できるだけ手術にならないようにするにはどう生活していくのがよいかをアドバイスできる医療がしたいと思っていました。大学院で細胞の老化を学ぶ機会があり、そこから「老化を予防する」ことを科学する「アンチエイジング医学」に出会いました。「アンチエイジング」とは老化と疾病をできる限り予防し、人生を楽しむことを意味します。 出産を機に大学病院を離れることとなり、当時子育て環境も整ってなかったころから実家に戻って仕事をすることになり、まだ元気だった父の手伝いというよりは、アンチエイジング医療を実践する場所が作りたくて現在の「前橋温泉クリニック」を開業しました。15年前のことです。まだ「アンチエイジング」という言葉もマイナーで、腰痛や膝痛、そして糖尿病や高脂血症の予防に体脂肪を落とすことや筋肉をつけることが大切なので正しいダイエットをしましょう、というメッセージも届きにくく、やはりまだマイナーだった自由診療も併用していたことからエステサロンと同じような場所と思われていた時期もありました。 最近では超高齢化社会に突入したこともあり、寝たきりと認知症をできる限り予防し、元気なシニアライフを送ることに対する理解が深まっていると感じます。私もアラフィフになり、健康で過ごすことの大切さを身を以て感じているところです。今後も地域医療と予防医療に貢献すべく精進していきますのでよろしくお願いいたします。*内覧会ではウォーターベッドの体験をしていただけます。*併設の前橋温泉無料ご招待券をプレゼント致します。(おひとりさま1枚)*美容皮膚科施術、当日予約で割引あります。(施術に健康保険は使えません。)・内覧会では診察、治療、処方はできませんので御了承ください。・内覧会では新型コロナウイルス等感染症予防対策を行います。発熱、咳などの風邪症状のある方はご遠慮ください。 手指の消毒等にご協力ください。

  • 25Feb
    • コロナもインフルエンザも普通の風邪も予防!の画像

      コロナもインフルエンザも普通の風邪も予防!

      おはようございます。今朝のスムージーはレモン、リンゴ、フルーツにんじん、豆乳でした。「フルーツにんじん」は黄色いニンジンで、たまたまスーパーで見つけて買ってみました。栄養素的にはどうかわかりませんがクセのない感じでした。いつもの冬はインフルエンザの話をしますが、今季は新型コロナウィルスが猛威をふるっています。当初から「正しく怖がる」ことが大切といわれていましたが、今まで経験したことがない感染症で、重症化する人がいると報道されると怖くなってしまう気持ちはよくわかります。高齢者、基礎疾患のある方はやはり注意が必要のようです。 基礎疾患とは「持病」です。糖尿病や心臓病などがあって、病院でお薬をいただいているような方はさらに予防が必要です。普段健康な方も不顕性感染(感染しても症状が出ていないこと) の場合もあるので、やはり予防が必要です。知らないうちに感染して他の人にうつしてしまう可能性もあります。新型コロナウィルスは感染力はありますが、ほとんどの場合軽症ですみます。今までの報道や感染症学会のコメントからは「長引く風邪」という感じだと思います。私たちが「風邪」というときに原因となるウィルスはいくつかあって、ライノウィルスやコロナウィルスが有名です。コロナウィルスは昔からよく知られているウィルスなのです。私たちが今までかかったことのある、いわゆる「風邪」でもこじらせると肺炎や髄膜炎になります。コロナでなくても風邪から肺炎になることは知っておく必要があります。やはり予防が必要なのです。詳しいデータは厚労省のホームページや日本感染症学会のホームページに色々出ています。マスコミの情報に踊らされずに公式の情報を見てみてください。予防には手洗い、うがいのほか鼻うがいが有効です。ウィルスは変異していきますが、鼻や口から入ることは変わりありません。鼻うがいには前橋温泉クリニックの「温泉びじん」がおすすめです!痛くない鼻うがいなら「温泉びじん」!あとはやはりビタミンCですね。食事はもちろん、風邪をひいてしまったら、または予防したいと思ったらビタミンCの点滴もあります。さらに、最近はビタミンDも風邪予防に注目されています。これから先も私たちの知らない新しい感染症は色々出てくるでしょう。何事にも予防が大切。正しい知識を持って正しく警戒しましょう。日本感染症学会のコメントはこちら。

  • 08Feb
    • ブルーベリーのスムージーの画像

      ブルーベリーのスムージー

      今朝は寒いですがスムージー作りました。りんご小1個、レモン1個、ブルーベリー適宜、豆乳適宜のシンプルなスムージーとなりました。材料があまりなかっただけですが^_^。気温が低くなって乾燥するとウィルスが元気なります。ビタミンCをしっかり摂って風邪予防しましょう😊。

  • 28Jan
    • 完成‼︎ 日本に恋したフラメンコ!

      おはようございます。フラメンコダンサー永田健さんプロデュースの「日本に恋したフラメンコ」の動画がついに完成しました‼︎https://youtu.be/c-fW6svxDyo日本はフラメンコ人口が多いことで知られています。本場スペインに次いで第2位といわれています。ヒターノ(ジプシー)の音楽だったフラメンコにはどこかオリエンタルな雰囲気があり、日本人の郷愁を誘うのではないかと、個人的には思ってます。そんなフラメンコではありますが、まだまだメジャーとはいえません。フラメンコの魅力をより多くの方に伝えたいという思いで、永田さんははこの動画製作にとりかかりました。全ての県で撮影をするのはかなり大変なことです。名所で撮影するには許可がいりますし、移動や宿泊などの費用もかかります。踊り手としての仕事もしながらで大変なご苦労があったと思います。ほんとに完成おめでとうございます!私の主宰するフラメンコ教室「フラメンコ・イ・テルメ」は、赤城山の覚満淵で踊りました!そのときのブログはこちら。↓https://ameblo.jp/kurytherme/entry-12483515098.html私がフラメンコをお勧めしているのは、もちろん芸術として素晴らしいからということと、素の自分を表現してよいというところが好きだからです。飾らなくてよい、媚びなくてよいところが大好きです。そして医学的な見方をすると、踊りは筋力の維持、脂肪の燃焼に加え、踊り全般にいえる、身体のパーツを別々に動かすことによる脳血流アップ→認知機能低下の予防が期待できます。フラメンコ特有の利点としては、サパテアードと呼ばれる足を踏み鳴らす動きが多いことで、骨密度が下がるのを予防してくれるところでしょう。そのようなわけで、フラメンコはアンチエイジング(健康長寿)に最適だと思っています。医師をしながら教室を開催しているのは、このような医学的利点も伝えていきたいからです。これから何か習い事を始めようと思っている方、フラメンコお勧めです。何歳になってもできます!「日本に恋したフラメンコ」ぜひご覧ください!

  • 18Jan
    • ケールでスムージーの画像

      ケールでスムージー

      こんにちは。本日もスムージーです!今日はスーパーでケールをみつけたので使ってみました。ケールはクセがないと聞いてましたが、ほんとに飲みやすかったです。りんご1/2、レモン1、ケール適宜、豆乳適宜でした。豆乳は少なかったので少し水を入れました。小松菜より飲みやすかったかなー。ちなみにケールはビタミンC、カルシウム、マグネシウムが豊富です。風邪予防、骨粗しょう症予防に効果的です。もちろん食物繊維も豊富。スムージーは今日もダイエットの味方です。

  • 13Jan
    • 久々朝食スムージーの画像

      久々朝食スムージー

      おはようございます。寒いとスムージーを作るのサボりがちですが、今朝は久々に作りました。今朝はりんご1/2、レモン1、ブルーベリー適宜、豆乳適宜、MCTオイル適宜 でした。MCTオイルとは、ココナッツオイルなどの脂から中鎖脂肪酸だけを取り出して製品化したものです。 わざわざ買ったわけではなくいただきものです😊。MCTはMedium chain Triglycerideの略で、中鎖脂肪酸のことです。摂取すると即効でエネルギーに変わりますが、当然炭水化物ではないので血糖値が上がらず、脂肪の蓄積も進みません。 さらに身体に蓄積しにくいという利点もあります。つまりダイエットの味方!もちろん食物繊維たっぷりで便秘の解消にも最適。まあ今日はたまたまいただきものがあったので使ったのですが😊。 ココナッツオイルもおススメです。スムージーを飲むとお腹いっぱいになって過食を防げます。午前中にほとんど動かない私にはこのくらいで十分です。食べすぎないと体調もいいです😊。

  • 05Jan
    • 軽井沢でスキーの画像

      軽井沢でスキー

      今日もスキーに行って来ました。 前橋から1時間ほどで着く軽井沢です。私よりでかくなった長男ともうすぐぬかされそうな次男と。昔はコースが少なかったですが、今は色々なコースがあって、初心者から上級の方まで楽しめる感じです。親子連れと外国人の方が多いです。人工雪ですが、今の人工雪は質がいいです。私が高校生の頃(はるか昔ですな。) はガリガリのアイスバーンばかりでとっても滑りにくかったですが、今は本物の雪みたいで滑りやすいです。昨夜雪が降ったようで、今朝はパウダースノー状態でした😊。 この雪が融けないといいのですが。コーヒータイム。ちなみにこの帽子は20年以上かぶっております😆。 物持ちよすぎ。今では子供たちにすぐ見つけてもらえて重宝してます😃。

  • 03Jan
    • 初「風の穂ランチ‼︎」の画像

      初「風の穂ランチ‼︎」

      こんにちは。今日のランチは 前橋温泉クリニック 2階、「キッチン風の穂」で初グルテンフリーランチきめてきました!カフェは今日からの営業です。このお正月は例によって食べ過ぎてましたので、写真のような野菜とタンパク質中心のお食事が胃にやさしい〜😊!しかも今日は幼なじみとの女子トークというか、母トークだったので話が尽きず😆。楽しい時間を過ごしました!明日から仕事がんばれそうです^_^!

  • 02Jan
    • 明けましておめでとうございます!の画像

      明けましておめでとうございます!

      明けましておめでとうございます。令和2年スタートしましたね! 年末年始はどうお過ごしでしたか? 私は日帰りでスキーでした! あまり上手じゃないけどぐんま生まれぐんま育ちのぐんまーなので、冬はだいたいスキーです。元旦はノルン水上スキー場に行きました。天気はバッチリ。でも雪がない…😭。コースがちょっとしか開いてないので混んでました。でも楽しかったです😊。行きの高速から虹が見えました‼︎昨日はホーム(と勝手に呼んでます。)のかたしな高原スキー場。やっぱり雪ないですが、楽しんで来ました^_^。だいたい2時間以内で行けるので、スキー好きにはぐんま最高!です。 ノルンは40分くらいで着いちゃってすごく近いこと判明。また行こうと思います^_^。ちなみにフラメンコとスキーは重心の取り方が同じです。フラメンコにも役立つスキーです。それではみなさま、今年も楽しんでいきましょう!前橋温泉クリニック、併設の滝澤整形外科医院は1月4日から通常診療となります😊。前橋温泉は今日からやってます!

  • 25Dec
    • クリスマスとインフルエンザの画像

      クリスマスとインフルエンザ

      Merry Christmas 🎄!!楽しいクリスマスを!ちなみに我が家では8歳の次男が初インフルエンザでした…(TT)。 もう熱は下がりましたが終業式にも出られず、楽しみにしていたスキー合宿もキャンセルと残念。友達と食べるはずだったクリスマスケーキも家族でいただきました。前橋温泉クリニック2階のカフェ、「キッチン風の穂」にオーダーしたグルテンフリー、シュガーoffのクリスマスケーキ‼︎インフル次男はちょっとしか食べられなくてかわいそうだったけどその分私がいただきました😁。多くの人が経験するインフルエンザですが、次男もかなり熱が出て心配しましたが、イナビル使用で2日で解熱しました。予防注射はしたんですけどね。遷るときはうつります。インフルエンザのあとで普通の風邪ひく人もいるので、病み上がりは油断できません。 寒さはこれからが本番です。みなさまお気をつけてお過ごし下さい^_^。ちなみにツリーも@キッチン風の穂さんでした^_^。

  • 18Dec
    • インフルエンザ予防に有効なものは?の画像

      インフルエンザ予防に有効なものは?

      こんにちは。前橋温泉クリニック院長の岩波です。 風邪の患者さんが増えて来ました。朝晩は寒くて日中は暖かいなんて日が多くて、体温調節を担う自律神経も悲鳴をあげていそうです。風邪の薬はないので、なんといっても予防が大切です。 「風邪の薬がない」というとびっくりする人もいるかもしれません。「風邪」の原因は「ウイルス」です。ライノウイルスやコロナウイルスなどの種類があり、これらにはインフルエンザウイルスのような特効薬はありません。 したがって自分の免疫力で治すしかないのです。でも、市販の風邪薬や病院で処方される薬ありますよね。あれは何?って思いますよね。あれは「体調が悪いけど明日仕事しなきゃいけない人の薬」です(⌒-⌒; )。軽い症状ならそれも仕方ないですね。実際私もインフルエンザやノロウイルス感染あたりでなければ仕事は休まないです。医者の無養生ってヤツですが。というわけで、免疫力を上げるには日頃の生活習慣がものをいいます。まずは運動です。定期的に運動している方は風邪をひきにくいです。もちろん他の病気の予防にもつながります。それから質のよい睡眠。寝ている間に成長ホルモンがたくさん分泌されて身体のメンテナンスをしてくれます。お肌もまた然り。食べ物飲み物についてはタンパク質をしっかり摂り、ビタミンCを中心にビタミンミネラルを満遍なく摂ることです。要するにバランスよく色々食べることです。そんな当たり前のこと!って感じですよね。でも私たちはなかなか当たり前のことができないものです。予防として最近注目はビタミンDです。 骨を作るのに必要なビタミンとして知られていますが、しばらく前から免疫力を上げることや筋力の維持に関わることが知られて来ています。骨粗鬆症などで保険適応になる場合もありますが、若い方やまだ骨は問題ないという方にはサプリメントもお勧めです。当院では医療機関専門のサプリメントを処方しています。 ちなみに私が毎日飲んでいるのはこちら。年末年始頃にインフルエンザ流行かも?なんてテレビで言ってましたね。予防を心がけて楽しい年末年始を過ごしましょう!!

  • 12Dec
    • インフルエンザ予防に温泉で鼻うがい!の画像

      インフルエンザ予防に温泉で鼻うがい!

      こんにちは。前橋温泉クリニック院長の岩波です。インフルエンザが例年より流行っているようですね。手洗い、うがいのほかに「鼻うがい」が効果的です。 前橋温泉クリニックでは「痛くない鼻うがい」をご提供しています。詳しくはこちら↓をご参照下さい。痛くない鼻うがいは温泉びじん 鼻の奥の方に「上咽頭」という部位があります。 鼻から入ったウイルスはまずここにくっつくので、ここを洗いたいわけですが、普通の喉うがいでは届きません。そこで鼻うがいがオススメです。しかし!鼻うがいで問題になるのは痛いんじゃないかということですよね。私も初めてやるときはちょっと怖かったです。しかし! 「温泉びじん」は痛くないのです。なぜかというと、生理食塩水に近いPh8.3 の弱アルカリだからです。鼻うがいをしたあとはスッキリ気持ちいいので、風邪予防はもちろん、花粉の季節にもオススメです。付属の小さいスプレー容器は携帯可能です。鼻洗浄器具でザーッと洗うと気持ちいいですが、初めてでちょっと怖い場合はスプレータイプからお試しください^_^。ホームページ からご購入していただけます。ぜひ一度お試しください^_^!