南紀白浜 旅行 白良浜

テーマ:

ようやく念願かなって、南紀白浜へ。


過去数回この土地を訪れたく、チャレンジしてきたのですが、

宿泊施設がとれない!

という難儀さから、断念をしてきたのです。


実は今回もこの宿泊施設の悩みから、断念しようかと思っていたなか、

和歌山県広報室の凄腕、かがり女史の采配で、すばらしい旅行となりました!

今回もゆっきー家族と合同旅行。



東京からわずか1時間で到着するこの町は、ほんとうに素敵な場所。

そして、到着してすぐに私たちが口にしたのが


「熱海みたい」


ほんとうにそんな感じの街なのです。


レンタカーで到着後すぐに宿へ。

15時前だったので、まだチェックインできないかと思ったのですが、すぐにOK。

温泉三昧をテーマにしていたので、すぐに外湯めぐり


まずは、崎の湯


くろみえのblog



すばらしい景色>海

と、お湯。


硫黄と塩分とがまじっている源泉かけながし。

洗い場はないものの300円のこの施設。

みなさん車でお越しのようで、車が止められないほど込んでいました。


ロッカーも少なくはいれる人数に常に上限がある感じです。

子供たちは、プールのような感覚で温泉を楽しみ。



くろみえのblog


風呂上り、ふっと気がつくとGirlsふたり、海を眺めながら世間話(?)。

かなり手放しでも平気な年齢になり、ほほえましい。


帰り道、温泉たまごをほおばる子供たち。@70円

しょっぱい温泉のため、温泉たまごには塩味がちゃんとついている模様。


今回お世話になったのが、白浜にある、柳屋さん

このホテルの温泉もすばらしく、今回お世話になった宿はどれも飲泉ができるのが驚き。

いかに新鮮な温泉がわいているかという証です。

お食事もたべきれないほどの量と、新鮮なお刺身とで、満足。


夜は、30日に7歳になった、ナノのまぶダチのお誕生日をお祝いすべく、ケーキで。

といいながら、親たちも飲みに飲んだので、すぐにお休み~!