英語ブロックを手放して人生をパラダイムシフト

英語ブロックを手放して人生をパラダイムシフト

英文科卒でもなく留学経験もない主婦だった私が、年間4冊を出版翻訳の依頼を得るようになった経験から、英語学習を通して夢をかなえる幸せな生き方のヒントをお伝えします。


■栗宇美帆無料メールマガジン【直感メッセージ】

ブログやSNSではシェアしにくい、直感がくれた深めのメッセージをお届けするメルマガです。

購読申し込みはこちら


■栗宇美帆の最新翻訳書




『仕事で、個人で、目標を達成するためのカベの超え方』スティーヴン・プレスフィールド (著), 栗宇美帆 (翻訳),ヴォイス社



『「考える」より「感じる」を大切にすることが幸せへの近道』Henri Junttila (著), 栗宇美帆 (翻訳),ヴォイス社



コンプレックスを強みにかえて
英語スイッチをONにする英語コーチ
栗宇美帆です。
 

先日、英語ネイティブの友人が
「マスク取るといきやすいね」と言うのです。


生きやすいとは
ちょっとおおげさだなと思い 
それってeasy to breatheってこと?
って聞いたらYes。
 

「いきしやすい」って
「し」を入れないと
easy to liveになっちゃうよ
っていったら
日本語ムズカシイネ!って。
 


こういう間違えって
クスッと笑えてかわいいな
って感じます。
 

けっして
こんな簡単な日本語も言えないのか
みたいには思いません。


たぶん逆もそう。
 

この友人は日本に5年ぐらい住んでます。
 

それでもムズカシイと感じるのが
英語と日本語の関係です。


だから
間違っても大丈夫。


間違っても恥ずかしくない。
 

間違うのが怖くて
話す機会を失うより
 

勇気を出して話して
間違えたことで
ひとつ学ぶ
ひとつ話す経験を積む。


そっちのほうがいいと
思いませんか?

~~~~~
英語コース、ワークショップのお知らせや
英語学習のコツなどについて
メルマガで優先的に
お知らせしています。


メルマガの登録はこちらからどうぞ
https://resast.jp/subscribe/46681/1111314