今回は黄金色の万能オイル、

「ギー」の作り方です。

 

 

{C8F6599A-7241-417C-A65D-19B99B765601}

 

 

レシピはこちらから。

↓↓↓

栄養価が高く、最も浄化されたオイル「ギー」を作ってみよう。

 

 

クックパッドからも見れます。

↓↓

体を温め内臓を浄化する「ギー」の作り方。

 

 

ギーとは、無塩バターからさらに有害な乳タンパクや乳糖や汚染要素を除去した「非常に純度の高いオイル」です。

 

他の油より消化吸収しやすく、

アーユルヴェーダでは『最も浄化された油』とされており、

食用だけでなく、マッサージや目の治療などにも使われます。

 

 

{2EF7D630-5788-4974-AE65-919EF1AC50A5}

 

 

体を温め、内臓を浄化する作用もあります。

 

お腹にもやさしく、

体内の炎症を減らす作用もあることから脳や肌のアンチエイジングにも良いと言われています。

 

酸化・加熱に強い安定した飽和脂肪酸なので、

炒めもの、フライ、ローストなどにも向いています。

 

 

{05C1878D-C836-4F07-96BB-176ED1B0B634}

 

 

ギーはインターネットでオーガニックのものがいろいろ買えますが、

無塩バターを買ってきて自分で作るのが一番安上がり!

 

 

できたての黄金色のギーは、ほんとうに美味しくて、

部屋中バターの良い香り。

 

 

{E9DC0669-B032-4A77-AECE-B4E4F2F5E9E8}

 

 

油は糖の吸収を緩やかにしてくれます。

意外かもしれませんが、パンにバターやオリーブオイルを塗るだけでも、糖の吸収はゆるやかになるんですよ。

 

 

本文には、ノンホモミルクや生クリームのことなども書いています。

簡単に言うと「乳製品は乳脂肪が高いほど安全になる」ということですね。

 

 

脂肪球やタンパク質が変質していない乳製品が「生クリームとバター」。

 

 

逆に乳カゼインや汚染物質の害を最も受けやすいのが「牛乳」や「スキムミルク(脱脂粉乳)や粉ミルク」だということ。

 

 

知っておいて損はないと思います。

 

 

バターやギーは生クリームからさらに不純物が除かれるので、

乳糖不耐症を持つ日本人でも消化吸収しやすい油脂のひとつです。

 

 

{9CEAAD65-BF95-40E6-9883-C4B5B18AF777}

 

一方で「牛乳やヨーグルトは体に良くない」と言われるのは、

牛乳やヨーグルトなどには乳タンパク(カゼイン)や乳糖がそのまま残っていることに一因があります。

(カゼインは乳ガンや乳腺炎の原因物質のひとつとも言われています。)

 

 

乳カゼインは熱や酸などで凝固すると、プラスチックと似た分子構造になるのです。

実際、「カゼインプラスチック」という乳由来の製品もありますし、

ヨーロッパでは陶器の皿などがヒビ割れた時は、牛乳と一緒に皿を煮てヒビ割れをくっつけます。

(私もいつもそうやって陶器のヒビ割れを治しています!)

 

そのくらいカゼインには凝固作用があるということです。

おっぱいが詰まる方もいると思います。

 

けれど、生クリームになるとその害は60〜70%が除去され、

バターになるとカゼインはほとんどが除去されます。

ギーになると、完璧にといっていいほど除去される。

 

(実際、私は授乳中もバターや無糖の純生クリームは平気でした。おっぱいが詰まるときはきまって甘いケーキやお菓子を食べたり、寝不足の時でした。)

 

 

ホルモン剤や放射性物質などの汚染も、乳タンパクやホエーに蓄積しますから、

牛乳からバターになる過程で90〜99%が除去できるというのは、

数々のチェルノブイリ関連のレポートで実証されています。

 

(人間の母乳にも言えることだと思います。

お母さんの食べたものが赤ちゃんの食べ物になる。

だから、よい母乳を作ってほしいのです。)

 

 

もちろん、

生クリームから作られるサワークリームやクロテッドクリーム、マスカルポーネ、クリームチーズ(原材料にクリームと表記のあるもの)も安全性が高い。

 

 

ちなみにクリームチーズも生クリームから簡単に手作りできるので、私のククパ参照してみてください。

手作りのクリームチーズは超フレッシュでクリーミー。

 

 

{98704A3B-9F61-4D34-A7A3-1199CC18FADC}

 

 

フレッシュバターも生クリームから簡単に手作りできますよ!

 

 

{0E8285B7-9637-4BE7-9B9C-964F3EF464A8}

 

 

 

私はバター好きなので、

わが家ではバターや生クリームは昔からよく使っていますが、

牛乳やヨーグルトを買うことはめったにありません。

マーガリンは遠い昔に消え去りました。

 

 

バターやギーとは逆に、

ホモジナイズドの牛乳やヨーグルトは日本人にはほとんど消化できないと言われていますね。

 

ヨーロッパでは日本とは反対にノンホモの牛乳が主流であり、

日本のようなホモジナイズされた牛乳は、ヨーロッパではペット用として売られてたりするんですよね・・。

脂肪球が変質していないノンホモの牛乳は、瓶を静置しておくと「クリームライン」が出来るんです!(←クロテッドクリームもここからとれるの♪)。

 

 

ちなみに、

「乳製品はガンの原因になると言われているけど大丈夫ですか?」と心配している方は、

乳製品は食べないでください。

 

ガンになると思って食べていたら、

ほんとうにガンになりますから。

 

そうゆうのをナントカ効果というんだけど、なんてゆうのか忘れた(スミマセン)。

 

 

食材がどうとかよりも一番良くないのは、

「ガン体質」を作るような食習慣やストレスやメンタルバランスだと私は思っています。

 

冷えをどんどん溜め込んで、血流や代謝を悪くする生活サイクル、思考サイクルが、もっとも体に影響すると思ってます。

 

楽しくなければ、栄養にならない♪