あせも、肌荒れ、冷えを改善するには、

ま〜ず〜は、「汗をかける体」を作ること!

 

これは、熱中症対策にも非常に重要なんですよ。

人間は汗をかくことで体の熱を外に出して、体温調節をする生き物です。

 

汗をかけない体は、低代謝、むくみ、腎機能の低下(つまり解毒機能の低下)、体のめぐりを悪くするだけでなく、熱中症になりやすい体を作ってしまいます。

 

まずは、汗をいっぱいかく!

そして汗と一緒に出ていってしまうミネラルや塩分をしっかり補給する!

 

そのためには、

しっかり筋肉を動かす、

有酸素運動をする、

部屋を冷やしすぎない、

冷たいものを食べすぎない、

入浴で汗をかく、

栄養をしっかり摂る。

 

これにつきますね。

 

 

こまめな発汗ができない人は、体内の老廃物をその時に一気に出そうとするので、ベタついた汗になり、そのベタつきが「あせも」の原因になります。

 

あせもを防ぐためには、汗をかいた後のこまめなシャワーが効果的。

(赤ちゃんや子供はボディソープなどを使わずに、さっとお湯でシャワーするだけでOKです!

大人も同じく。)

子供なら外で水浴びをさせたり、お庭にプールを出して遊ばせるだけでも「あせも予防」になりますよ😊

これは私にとって小児科の先生に教えてもらった一番のあせも対策でしたよ。

 

ちなみに、あせもが出たからといって子供に化粧水やクリームや保湿剤を塗るのは厳禁!

元気な子供の汗腺や毛穴にふたをしてしまい、余計あせもが悪化してしまいます。

 

なぜ今のお母さんたちは子供にいろいろなものを塗りたがるんでしょう?

自分が子供の頃だった時を思い出してみて。

小さいうちから日焼け止めやローションなんて塗っていました?

 

子供の肌が、ありのままが一番健康な状態です!

肌の常在菌(免疫力)が一生懸命健康な状態を維持しようと頑張っています。

そこに日焼け止めやら保湿クリームやらをいろいろ塗りたくったら、

肌のバリア機能はどんどん衰えていくだけ。

 

子供には太陽の光から吸収するビタミンDと、汗をいっぱいかくことが一番大切なこと!

 

小さいうちから化粧品やオイルに慣れてしまうと、大人になってから肌が弱くなってしまいますよ。

 

それでもあせもや湿疹が出てしまった時は、エプソムソルトで入浴しながら、肌の鎮静&ミネラル補給を。↓

 

おうちのお風呂が温泉成分になるマグネシウム入浴剤

「エプソムソルト」は、あせもや湿疹、アトピー、肌荒れに超〜〜効果的ですよ。

経皮からもミネラルをたっぷり摂取できます♪

↓↓

 

「エプソムソルト」がバスソルトと違うのは、

硫酸マグネシウム100%というところ。

硫酸マグネシウムは、温泉の成分なので温浴効果がとて高く、体はぽっかぽか、お肌はツルツルになります。

アトピーやじんましんなど、肌荒れを起こしやすい人にもオススメだそうです。

水道水の塩素を中和する働きもあります。

 

エプソムソルトの説明より↓

「細胞膜はカルシウムで作られています。

このカルシウムの交換の役割がマグネシウムです。

鉄分やカルシウムはマグネシウムがないと吸収されません。

カルシウムは体内で固まりやすいのでマグネシウムによって新しいカルシウムを取り込み古いカルシウムを排出します。

この繰り返しがお肌を綺麗にします。

欧米では200年以上の歴史があり、アメリカのスポーツ選手やセレブ女優などが使用して有名になりました。

これは試合後の筋肉疲労をやわらげる働きがあるからです。

また、美容にも最適です。 」

 

マグネシウムの成分は、皮脂汚れを落とす働きもあるので、エプソムソルトのお湯に浸かるだけで体の汚れを落としてくれるのでボディソープいらず。

湯船の汚れもキレイにしてくれるので、お風呂洗いがいつもより楽になりますよ!

(スポンジでサッと洗って流すだけで浴槽の汚れが落ちるようになるので、お風呂洗いがとっても時短できるの!

排水溝もキレイにしてくれるよ。)

 

あと、あせも対策におすすめの石鹸。↓

無添加で動物性素材も石油系原料不使用の『竹塩石鹸』

これは大人の毛穴対策用の洗顔石鹸ですが、湿疹の原因になる汚れをしっかり吸着してくれるので、あせもやアトピー予防にもおすすめです。↓

{F750E640-AD15-462C-92A4-7EA1D0B962DF}

>>完全無添加、高還元力の『竹塩石鹸』初回限定980円

 

竹塩(竹炭と天然塩の力)は、アトピーや肌荒れにも効果的だということは昔から知られていますが、

「あせも」や「おむつかぶれ」にもすっごく良いことが使ってみて分かりました〜!!

{7D2BCF0A-AB4E-483C-80EA-19A3BF393581}

>>完全無添加、高還元力の『竹塩石鹸』初回限定980円

 

酸化には還元!

竹塩は肌を酸化から守る還元力がハンパないのです。

だから、紫外線を浴びて酸化した素肌を還元する力にも優れています。

{9D74E0C1-C45D-4D64-A788-65270FE1C668}

 

東洋医学では、あせもも「水毒」の一種だと言われています。

結局、あせもやアトピー、湿疹、かぶれ等で荒れた肌は「極度に酸化している状態」です。

だから、還元力の高い竹塩の成分がこれらの症状にも働いてくれるんでしょうね。

(ただし毎回石鹸やボディソープで体を洗うことはしないでね!子供の大切な皮膚の常在菌を減らしてしまいますから、

普段はお湯で洗うだけでいいのよニコニコ )

 

竹炭の成分を含有する竹塩は、活性炭と同じで、

微細な汚れや毒素を吸着する働きがあるので、

毛穴づまりやメイク汚れ・くすみもすっきり落ちるし、つっぱり感もゼロですよ〜。

  

メイクオフ後は、毛穴もきゅっと引き締まるし、つるつる。

石鹸なのにつっぱりません!

というわけで『竹塩石鹸』は私の毛穴対策、子供のあせも対策、主人の汗におい対策(笑)にと、家族で欠かせない石けんですウインク

 

何はともあれ、やっぱり石鹸の質って大事だなぁと思います。

{1FBE49DF-6644-476C-8EF1-BAA043FFECD4}

>>完全無添加、高還元力の『竹塩石鹸』初回限定980円

 

ちなみに、シャンプーは「haruシャンプー」がおすすめ。↓↓

頭皮のにおい、ふけ、ベタつき、パサつきも改善してくれます。

 

100%天然由来で、きしまないし、泡立ちも良いし、パサつかないし、フケや痒みも防止してくれます。

リンスインシャンプーのオールインワンなので、楽なのも便利。

>>100%天然由来、10の無添加、ツヤ髪へ導くリンスのいらない「haruシャンプー」

 

夏はとにかく、汗をかいたらこまめにシャワー。

そして1日1回の入浴で体のめぐりを良くすることで、スムーズに発汗できる体を作ろう!

実は、夏は一番冷えを溜め込みやすい季節。

 

エアコンで足元が冷えるだけでなく、

冷たい飲み物、食べ物を食べる。

水分を摂りすぎるのに、塩分やミネラルは足りないから、むくむ。

 

とにかく、夏は知らず知らずのうちに冷えを溜め込みやすいのです。

 

体の芯に溜まった冷えを放置しておけば、

秋冬になってから、しんどいことになります。

 

足元の冷えをそのままにして寝てしまえば、

子宮は冷蔵庫を通り越して、冷凍庫に。

 

生理痛、生理不順、筋腫、冷え、むくみ、低代謝、膀胱炎、腎虚など、女性特有の不調を作っているのは、

自分自身なのですよ〜〜。

 

子供がいると必然的に入浴の時間が大切になってきますよね。

お風呂で体を温めることは、その後の安眠にもつながります。

 

人間の体は体温が下がった時に眠りの体制に入ります。

人体のメカニズムとして、寝る2〜3時間前に入浴をすると、温まった体が

だいたい1時間半後に鎮静され、体温が下がってきます。

その時にちょうど一番眠りやすい状態になるんですって。

(睡眠の本に書いてありました。)

 

なので、子供の寝つきが悪くて困っているお母さんがいたら、

まずは子供に薄着をさせること、そして寝る前に部屋の温度を下げておくことをおすすめします!

子供は大人より体温も心拍数も高いので、基本は大人より1枚薄着をさせることが大切。

 

赤ちゃんや幼児にいくら毛布をかけても、すぐ蹴ってはいでしまう場合は「暑くてたまらない」と赤ちゃんが訴えているからですよ。

(冬場も子供にモコモコのパジャマや裏起毛の服を着せる方がいますが、いやいやいや、子供の体が体温調節できなくなってしまいますよ!)

 

夏はTシャツやタンクトップ一枚で十分!

冬は綿の下着と綿のパジャマで十分です!

毛布やふとんで完全防寒はせずに、子供がどれくらい暑がっているかを考えてあげて。

子供の寝る服装を見直すだけでも、寝つきが全然変わってきますよ!

 

冬の外遊びの時にもヒートテックや裏起毛を着せている方がいますが、いやいや、綿の肌着だけで十分ですよ!

自分で汗をかいて体温調節できる丈夫な体にさせてあげましょう!

(私の息子なんて真冬でもコートやジャケット一切拒否して学校に行きますよ(笑)暑いんでしょうね笑い泣き

 

あと、大人で冷え性で悩んでいる方は、「温冷浴」というのを試してみてください。

40〜42度の湯船に3〜5分ぐらい入ったら、冷水シャワーで足を流す、

また湯船に入ったら、冷水でシャワーを流すを2〜3回繰り返して、最後に出る時は冷水シャワーで足元を締める。

 

「温冷浴」をやると、体がものすごく温まり、全身の巡りがよくなってきますよ。

(逆にぬるめのお湯に長時間つかる「半身浴」は体を冷やす原因になるので、私はおすすめしません。)

 

この血行改善法は「サウナ」と同じで、「暑い→冷たい→暑い→冷たい」を繰り返すことに意味があります。

そうやって体温調節機能を鍛えるわけですね。

(本当のサウナは、「汗を大量にかいたら冷水を浴びる→また温める→また冷水を浴びる」というやり方で血行を良くしていくのです。)

 

「温冷浴」を1ヶ月ほど続けると、むくみや血行不良とサヨナラできる、「めぐりボディ」になりますよ。

 

結局のところ、

冷えを放置しているのは、自分自身。

そして、体のめぐりを良くすることができるのも、自分自身なのです。