メアリーはいなかに住んでいます。彼女の隣人のベンは良い友達でした。ある日、彼らは1頭の牛を見つけました。
ベン: おい、あれは俺の牛だ。
メアリー: いいえ、あれは私の牛だよ。
ベン: 何?なぜきみはそう思うんだい?
メアリー: 私の他の牛たちと同じ短い脚をしているよ。
ベン: いいや、メアリー。俺の他の牛たちと同じ長くて黒いしっぽをしているじゃないか。あれは俺のものだ。
メアリー: あんたは何を言ってるんだい?私の牛だって!
(このささいな喧嘩の後、ベンはその牛を連れて行きました。)
 
1週間が過ぎました。誰かがメアリーのドアをノックしました。
メアリー: こんにちは。どちら様ですか?
パット: こんにちは。私は旅する大工です。どうぞ私をパットと呼んでください。私は仕事を探しています。私に何か仕事はありませんか?
メアリー: ありますよ、パット。むこうにあるあの小さな小川を見てちょうだい。私の悪い隣人のベンが先週作ったのよ。
パット: オウ、相当ご立腹のようですね。
メアリー: 小川に沿って大きなフェンスを作ることはできますか?彼の顔を見たくないの。
パット: オッケー。問題ないです。
 
 
 
 
つ づ く