2020年度マネージャーリーダーを務めさせていただきます、新4回の岡田 果子です。

まず初めにOBOGの皆様、保護者の方々や関大ラクロス同好会に関わる皆様、昨年はご支援ご声援誠にありがとうございました。本年度も宜しくお願い致します。




先輩方が引退されてから本格的にチームのことを考える事が増え、不安や焦りと同時にこのチームに対する期待が膨らんでいく毎日です。


今年は色々と今までとは違う新しい事をしています。
幹部ミーティングをビデオで撮ったり、係を増やしたり、自己開示をしたり。

この新しい事を始めている今年をきっかけに、部員のみんなに変わって欲しい事があります。


それはチームの緩い部分です。


期限守って。
連絡して。
ちゃんと聞いて。
連絡した事には目通して。


今までも、今年に入っても既に何度か選手にもスタッフにも思ってる事です。


私自身もできてません。
だからそれで良いと思わせる雰囲気を変えないといけないです。


いつも言われてる挨拶、整理整頓もそうです。

些細な事でも信頼は無くなるし、期待もしなくなります。 
せっかく良い雰囲気のチームなのに、できるはずなのに、本当にもったいないです!



だから1人1人が今日から意識してみてください。
意識しなくてもできて当たり前にしてください。
自分の行動が正しいか考えてください。
そして自分の行動に責任を持ってください。



今年のスローガンは " BREAK " 


みんなで決めたからこそBREAKに込められた沢山の意味を1人1人が考えて、意識して、今までの当たり前をどんどん変えていこう!





最後に、選手のみんなに伝わってるか分かりませんがスタッフ1人1人の選手、チームに対する気持ちはとても熱いです。

関西制覇を目指すのは選手だけじゃありません。
スタッフも同じです。

だから少しでもこうして欲しいとか、できてないことがあったら遠慮なく言ってください。
逆にスタッフからも言います。

言わないと分からないし、お互いのためにもなりません。面倒臭いとか思わないでください!



お互い高め合って関西制覇しましょう!



本年度、TRリーダーと渉外を務めます、商学部新4回の稲本あゆ実です。

この場をお借りしまして、いつも関西大学ラクロス同好会男子部を応援してくださる皆様に、心より感謝申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

2020年。とうとう最上回生になりました。
私は組織幹部なので、まずは組織面、チームのことを部員に向けて話そうと思います。そのあとスタッフのことを話して終わりです。

今年の目標は「関西制覇」ですが、
関西制覇できるチームとはどんなチームでしょうか。

一言で言うのは難しいですよね。

私も最上回になってから、関西制覇するチームに必要なことを何度も考えました。

主体性?
フィジカル?
技術?

いろいろ考えた結果、私の中では、

「全て関西一かどうかを基準に考えて動くこと」

が必要だという結論が出ました。


この練習は関西一かどうか


関西制覇を目指しているのに、関西6番の練習します?結果見えてますよね。また6番です。

練習だけでなく、班活動でも関西一を基準にして、


関西一の新歓をしよう
関西一の広報をしよう


そう思ってやりましょう。
関西制覇してきた大学は考えてるはずです。

自分はリーダーじゃないから言われたことだけやってればいいですか。

自分じゃなくても誰かがやるのでほったらかしにしておきますか。

誰かじゃなくて自分がやって自分が1番成長しよう。
そう思っていきましょう。Keep Growing


切り替えと同じで、意識すれば変えられることです。関大に向いてます。


「全て関西一を基準に考える」


これを続ければ
ABリーグ戦の前に、ベンチメンバー、応援メンバー、スタッフ全員が自信を持って

「勝てる」

って思えると思います。


これまで、リーグ戦前に「勝てない」って思ったのは、関西一の行動をしてきた自信がないからです。

日々の行動から変えていきましょう。


こういう話は毎年幹部がしている思うのですが、
1人くらいやらんくてもいいと思う人達が必ずいます。あなたです。

もしかしたら、あなただけやらなくても、関西制覇できるのかもしれません。


でもどうせなら自分の力で関西制覇したくないですか。
やらなかった後悔って引きずります。


全員がチームのために関西一の行動をしてほしいです。



関西一の行動しろとか、あゆみさんやばいこと言うてる。って言われるかもしれませんが、私からすれば、


関西制覇したい→関西一の行動をする

関西制覇したい→関西一の行動はしない


どっちがやばいこと言うてるねんと思います。関西一の行動せずに関西制覇したい言うてる方がやばいわ。です。


それと、関大はチームメイトに甘いです。

試合ならまだしも練習でシュート外して、ナイスってびっくりです。だから決定率が悪かったんでしょう。

段取りが悪いスタッフを見て、他のスタッフ選手は指摘しない。だから関西一の練習環境を作れなかったんでしょう。

TRとしての活動をしていないのに、スカに行かないんだから勉強しろと言えない。だから知識不足のTRばかりになったんでしょう。

チームメイトに厳しくすることができない。
だから関西制覇できなかったんでしょう。

チームのために厳しく指摘できるようになってほしいです。
甘え合うんじゃなくて高め合うチームになりましょう。関西制覇できます。


私も関西制覇に必要だと思ったことは全てやります。


勝負はもう始まっています。今すぐ行動を。

勝負は勝たなおもんない。頑張ろう。



長くなっていますが、次はスタッフについて話そうと思います。


選手とスタッフの違いは何でしょう。

選手の努力はAB分けで評価されますが、スタッフにAB分けはありません。


悪く言えば、どれだけ努力しても、どれだけサボっても試合のベンチに入れます。
だからこそ、自分に厳しくあれるように、厳しい目で見てもらえるように、先に今年はこんなに頑張りますとここで宣言します。


スタッフにAB分けがないことを良く言えば、スタッフの努力は自分がベンチに入るためではなく、チームが勝つための努力です。
これをぜひ知っておいてほしいです。


1月のオフで、主将を中心に組織体制、組織方針を見直す中で、私は関大男子ラクロスにおけるスタッフチームの在り方を何度も考えました。スタッフmtgも重ねて、今年度のスタッフは、


活動理念「選手と共に戦い、人としても成長する」ために活動する。


理想像は「選手と同じ熱量、選手と違う視点」を持つスタッフとしました。


さらに、今までのサポートリーダー(スタッフリーダー)を廃止し、MGリーダー、TRリーダーのみにしました。専門性を高めるためです。

会計と渉外もスタッフがメインで行うことにして、気付けば幹部LINEのメンバーほぼ半数がスタッフです。


去年までのスタッフは"サポートリーダー"という言葉に象徴されるように、一歩引いて選手のサポートを行う、選手の要望を聞いてから正確に動くスタッフが理想とされていました。


関西制覇するチームのスタッフという基準で考えた時に、もっと前に出るスタッフが良いのではないか思い、上記の活動理念を作りました。私たちが目指す理想のスタッフは、


・選手と切磋琢磨するスタッフ
お互いに頑張る姿を見て刺激し合い、一緒に戦う仲間としてお互いに厳しい言葉を言い合うことができる。


・選手と同じように勝利を追い求めるスタッフ
妥協せず本気で勝ちを目指して動くことで、選手と一緒に勝って喜び、負けて悔しがることができる。


・選手と違う視点から有益な提案をするスタッフ
選手の意見を聞くだけでなく、スタッフだからこそ分かることを元に、チームへ積極的に提案を行うことができる。

こんなスタッフを目指します。


選手のみんなは知らないことですが、今年のスタッフmtgでは、

「選手が関西制覇を目指すなら、スタッフも関西一になる。」

「考えるだけじゃダメ、行動までしないといけない。」

「選手と同じ気持ちで関西制覇を目指す、ただやることが違うだけ。」

「練習から試合を想定しないといけない。もっと本気で練習に取り組もう。」

こんな言葉が飛び交います。
1年から3年までみんな話します。
選手のmtgではどうですか。


今は8人しかいないスタッフですが、1人1人の思いはとても強いんです。
だからこそ、強気な活動理念にしました。


スタッフ全員が理想のスタッフになれたなら、スタッフはチームが勝つ理由になれると思います。
ぜひ今年のスタッフチームに期待してください。


スタッフのみんな!


関西制覇後の主将インタビュー



「なぜ関西制覇できたんですか?」




「関西一のスタッフチームがいるからです。」


そう言わせよう。



最後は、私の弟が所属する高校サッカー部のスローガンを使って、全部員にやってほしいことを伝えて終わります。





常に問え!チームの為に何が出来るか!






 はじめまして。

 2020年度ライドリーダーを務めます、新3回の安東大貴です。
 前回のブログはウィンターの時だったのに今回が幹部としてブログを書くとは、なかなかのスピード出世だなとしみじみ思います(なかなかイキってますね)
今はかなりラクロスに対するモチベーションがかなり高いので、色々なことをぶっちゃけていければなとおもってます。
長くなるかもしれませんが、興味のある人はお付き合い下さい🙇‍♂️

 まずは今年一年でどんな選手になりたいか書いてみようと思います。
 僕にはハッキリとこんな選手になりたいという理想像があります。それは、元大阪大学のロンミ、チャッピーさん(山内良太さん)です。チャッピーさんはロングにも関わらず得点に絡んだり、ボールダウンさせまくったりと、試合に出ればコートで1番目立っていました。マジでカッコ良かった…(阪大の試合見てなかったらミディーやってたかも)
 今の僕はオフェンス参加したり、チェックを振り回したりで暴れる事は得意ですが、それは確実性や、知力が土台にあるものではない、表面上のパフォーマンスです。特にDF面ではほんとにオフボールがゴミ…技術面もまだまだ足りていない。
 こんな、チャッピーさんとのギャップを今年、ライドリーダーという立場を利用して、アホな頭で必死に考え、考え抜くことによって、少しでも埋めたいです。その為に、この冬は、関大の外に出て、たくさん勉強しようと思っています。(その結果をベスト10という形で体現できれば理想だがそれはまた別のお話)

 次はチームについて書こうと思います。
関大には自分が損か得かだけを考えて動く人があまりに多いのではないかと感じています。言いたくないですが、特に2年生。
それぞれいいものを持っているのに、考えがすぐに内輪内輪になってしまい、全体として物事と向き合えていないということが多々あります。それをとても残念に感じているのは僕だけでしょうか…
 僕はあまり損得感情では動きたくないという価値観を持っているので、自分が多少損をしても人を助けたいと考えるタイプです。(だから一回生俺は荷物はいくらでも持つよ)しかし、その価値観が発動するのは、自分が助けたいと思った人、特に同じ方向に向かって頑張っている人に対してのみです。僕は自分からその土俵に乗せる努力をするのは嫌いですし、そんな力もないので、よく人からは他人に興味がないと言われます。しかし、本当は、別に興味がないのではなく、価値観が違うのだと、自分の中で割り切っていただけです。
 今まではそれでなんとかなっていましたが、上回生になるにつれて、それではどうにもならない状況になっていると焦っています。価値観を押し付ける訳ではないですが、ショボいながらリーダーになったからには、最低でもみんなを関大を勝たせる為に頑張りたいという土俵に乗せる責任があります。

 今年の主将であるこうへいさんは、自己犠牲を多く払いながら考え尽くし、チームの為に動けるようになるための取り組みを多くしてくれています。だから正直、それに真剣に向き合わず、はなから否定されたりするようなことをされると腹が立ちます。無駄はあれど、進んでいる方向はきっと間違っていないですし、必ず今年のチームはやれる、勝てると信じています。


だからこそ、伝えます。

別に誰かの為に行動しろとは言わないが、少なくとも関大を勝たせたい気持ちがあるのならば、各々がもっとチームの為に動く必要があるのではないか。チームと向き合うべきではないのか。


あるいは、本気で勝たせたいとどうしても思えない、勝てると思っていない人がこのまま多くいるなら、僕自身4回生までラクロスを続ける必要もないのかな〜と、そう思っています。



色々語りましたが、結局僕は関大で勝ちたいんです。

他大学の強いチームの武者に行った時、昔は「このチームでラクロスやりたかったなー、もっと勉強しとけばなー」って思ってました。正直。
でも今は「関大もこんなチームにしたいなー」に変わりました。
この変化は僕の中の覚悟の芽生えであると思います。

ファイナルに出て関西制覇をしたいんです。

それも今年絶対今年。



ってこんな感じのブログです。
みんなにストレートに響けばいいのだが…