結婚相手にふさわしい男性か見極める方法 | ご縁の国「島根」の観光大使 日原亜樹の「ご縁塾」

ご縁の国「島根」の観光大使 日原亜樹の「ご縁塾」

ご縁の国「島根」。島根県観光大使を務める日原亜樹が主宰する「ご縁塾」。
ご縁塾では、ランチ会・配信などを通じて、良縁・仕事の縁・縁結び・出会い・神社仏閣・開運アクション・人脈など、
「ご縁」をテーマにお伝えしています。

美肌とご縁の国・島根観光大使、ご縁塾を主宰している日原亜樹です。

 

 

今日のテーマは、「好きな男性が結婚相手にふさわしいか?見極める方法」についてです。

 

 

好きな人ができて、交際が始まり・・・

この男性と結婚したいなと思った時に、

「この人って、私にとって本当に運命の人なのかしら?」

「この人と結婚して大丈夫なのかな?」

と不安になってしまうことはないですか?

 

 

私も主人と交際を始めたばかりの時はそうでした。

 

 

主人と出会って2日目に「結婚を前提におつきあいして下さい」と言われたのですが、

主人がバツイチなこと、年が10歳以上も離れていることや

「私が好きな仕事が続けられるのだろうか?」

「今後の人生や、主人の健康や老後について、正直、本当に結婚して大丈夫なんだろうか?」

ととても悩んだのです。

 

 

交際が始まり、恋愛が始まって間もない頃は

気持ちも不安定になりがちで

あれこれといらないことを考えてしまいがちになりますねショボーン

 

 

主人と交際が始まり1週間経った後、まず最初に、妹に主人の話をしました。

誰よりも先に、妹は結婚する前に、私にだんなさんを紹介してくれたので

私も、まずは、妹に会わせようと思ったのです。

 

 

妹は、直感力や霊感がするどくて、私がとても頼りにしていて尊敬する人。

妹が結婚に賛成してくれなかったらどうしよう!とドキドキしながら妹に紹介しました。

 

 

妹は、主人と会った途端

「おしゃれで感じの良い人やん!」ととても主人のことをを気に入ってくれた様子でした。

 

そして、主人と結婚しても大丈夫!と確信したのは、

当時、5歳だっためいっこが、初対面の主人のもとに寄っていて一緒に写真を撮ってくれたのです。

 

 

小さな女の子は、警戒心が強いので、

初対面で嫌だと感じる男性には、絶対、近ずいていかないものだと、

女の子のお子さんのいる女医さんが話をされていたのを思い出し、ほっと安心したものです。

 

 

また、偶然に、翌日にも、めいっこに会うことになったので

主人のことをどう思うか?聞いてみたのです。

 

 

「昨日、紹介した人と結婚しようと思うけど、大丈夫だと思う?」

めいっこ「うん!大丈夫!ニコニコニコニコニコニコ」と笑顔で答えてくれました。

 

 

子供は、素直で直感力も優れているので

もし、主人が結婚してはいけない相手なら、めいっこは「大丈夫!」とは言わないと思ったのです。

 

 

「彼と結婚しても大丈夫?」と不安になった時、

占いなどに行って相性をみてもらう人もいるかと思いますが

ご自分の兄弟や親、信頼している友人に紹介してみるというもの判断のひとつになります。

 

 

後日、主人を島根の親族のみんなに紹介した時には、親戚の伯母や従兄弟達、そして、私を子供の頃からよく知る近所の人にも「二人とてもお似合いよ!」と私達を祝福してくれたのでした。

 

 

彼氏を身内に紹介した時に、交際を反対する人がいない場合は、

とても相性が良くて、結婚生活もうまくいくと判断して良いでしょう!

 

 

結婚においては相性はとても大切です。

相性が悪いと、人生の坂道を転げ落ちるように、大変な苦労を味わうことだってありうるのです。

 

 

相性が最悪の人との結婚は、絶対、避けて欲しいです。

最悪の相性の人と結婚してしまい、それから、離婚劇で泥沼になってしまうというケースを私はいくつもみてきたからです。

 

 

さて、私と主人の結婚を賛成してくれためいっこは

主人にとても懐いていて、二人ともとても仲良しで相性も良いのです。

 

 

お盆で帰省した際には、こんなかわいい似顔絵を描いてくれました。

 

 

 

「私、この人と結婚しても本当に大丈夫?幸せになれるだろうか?」

と悩んだ時には、自分の身内や尊敬している人に、まず会わせてみることです。

その時の反応は、当たっているものなのです。

 

 

 

今日もあなたが素敵なご縁に恵まれる1日でありますように!