今年も、我が家恒例のサッカー観戦での仙台旅行です。

今回は、友人と一緒に三人で行きました。

東京から仙台までは「はやぶさ」に乗ると、約一時間半。

また、仙台からスタジアムの最寄駅まで約十五分という、アクセスの良さも魅力です。

サポーター仲間も数千人駆けつけてました。

 

 

試合翌日は、定番となった、本塩釜の「すし哲」。

七年連続で通ってます。

 

元々、仙台に行った時に、ちょっと遠出するかと言うことで、本塩釜に行って、塩竃神社に行ったのですが、

行った後で、寿司屋に行こうということで、

駅前のインフォメーションに行ったら、

 

「本塩釜近辺には九軒の寿司屋がありますが、人気の店とかは、人それぞれです。」

 

と言われ、結局、私の名前が入ってる「すし哲」に入ってみました。

 

その時の「カツオ酢」と「ほや酢」が美味しくて、通うことになりました。

 

 

通うと言っても、年に一回ですけど。

 

 

昨年は事前に予約の電話を入れると、

 

「予約しなくても大丈夫と思いますが、承りました」

 

だったのが、今年は、

 

「昼食の予約は受け付けなくなりました。」

 

とのこと。

確かに、四階建てくらいのお店で、座席も充分なので、私も、そこはあまり心配してませんでした。

 

今年は行ってみると、

まず、置いてあるリストに、待ってる私達の名前を書くことになっており、

開店三十分前に行ったのですが、私達が二番目でした。

 

結局、十三時半位まで列があったような気がするので、

行くなら十三時半以降が狙い目かもしれません。

 

ガイドブックで紹介されているのかもしれませんが、

このお店のウリは

 

「すし哲物語」

 

というお店独自の縁のついたお皿に盛られた盛り合わせで、

入店した方の殆どが、このメニューを注文します。

 

このメニューはカウンターにいる四人くらいの職人さんが、

カウンターから見て、左の職人さんから、それぞれ担当のネタを握り、

お皿の上に「すし哲物語」が完成していきます。

 

カツオ酢

 

でも、皆さん注文するので、出てくるまでに時間がかかるのです。

 

私は、まず、「カツオ酢」という、このお店のオリジナルメニューを注文します。

これは、裏方で調理されるので、殆どすぐに出てきます。

 

タタキではなく、カツオの切り身に、すし酢(たぶん)をベースにした、このお店のポン酢に漬かってて、

上に大根おろしと木の芽が乗っています。

 

店員さんが配膳する際に、

「いつものように、混ぜて食べてくださいね。」

と言って持ってきてくれました。「いつものように」って、一年に一回しか行かないのに、覚えてくださってたのかなぁ。とか思いながら食べました。すし酢を使っているので、カツオだけなのに、カツオの握りを食べてるような気になる逸品なのですが、今回は、「汁まで飲んで」というのを、それぞれのお客様に推薦されてました。

 

 

ほや酢

 

あと、「ほや酢」を楽しみに訪れたのですが、これが無くて残念。私は元々、「ほや」が好きなのですが、行きつけのお店で「ほや」があれば、ほぼ必ず食べていたのですが、初めて「すし哲」に行った時に食べた「ほや」がとても美味しくて、自宅近辺では食べなくなってしまい、年に一度の仙台戦で、「ほや」を楽しみにしているのですが、サッカーの試合日程は私が決められるわけもなく、旬である五月から八月以外の試合ならあきらめもつきますが、今回は八月の試合と言うことで、三年ぶりくらいに美味しい「ほや」を食べたいと思ったのですが、残念ながら、今年は「ほや」の入荷が無かったようです。

 

ツブ貝とイワシ刺し

 

次にツブ貝とイワシ刺し。私はすしネタでは、貝と光物が好きなので、この辺りを注文しました。光物が好きなのはありますが、その前に「酢」が好きってのがあるかもしれません。ツブ貝は足が早いので、新鮮じゃないとガッカリするのですが、さすがに、このお店では、そんなことはありません。ま、最近では、居酒屋でも味の落ちたツブ貝を出す店なんて、あまりありませんけど。

 

 

アナゴ

 

世の中、ウナギの価格が高騰してるようですが、私、アナゴで充分です。寿司屋のアナゴって、そのタレが各店で開店当初から受け継がれているタレがあり、ふっくらとしたアナゴの組み合わせが楽しみドコロ。このお店には、白焼きもあったのですが、私としては、白焼きだと、このお店のタレを楽しめないので、蒲焼きを注文しました。考えたら、ウナギの寿司なんて無いような気がする。うな重も美味しいけど、無いものねだりをせず、アナゴを楽しむのもいいのでは。

 

子持ちシャコ

 

シャコも「ワサビ」「タレ」の二種類がありました。私はやっぱり、お店の味が楽しめる「タレ」ですが、家内と友人は「ワサビ」を選びました。ここのシャコは、シャコ全体にタレをかけるわけではなく、卵の部分にだけタレをかけていて、タレと卵の食感が絶妙でした。

 

筋子の細巻き

 

今回は結局、握り寿司を食べませんでしたが、締めとして私が好きなのが細巻きです。中でも好きなのが「山ゴボウ」。寿司屋で怖い?のが、「細巻きは何がありますか?」って言うと、「何がいいですか?」と返ってくること。ま、私は、「山ゴボウ」が好きなので、それを言えばいいのですが、せっかく旅行で来てるので、その土地の名産とか、その土地ならではのものを注文したい。でも、そのネタが思いつかない……。で、メニューをつらつら眺めていると、「山ゴボウ」がメニューに載ってました。あんまり真面目に調査してませんが、「山ゴボウ」の細巻きがあるお店は、半分以下だと思うのですが、ここには、堂々とメインメニューに載ってます。あと、お薦めメニューに「ネギトロ」があって、あと、ふとメインメニューで見つけたのが「筋子の細巻き」。私は、どちらかと言うと「イクラ」より「筋子」が好きです。まず、イクラは人工があるので、ちょっと注文前には信じられない。筋子だと、人工は無いし(たぶん)。あと、私はイクラのプチッ感は、別に要らなく、ネットリ感がいいので、やはり筋子がいいんですが、これがまた高価なので、私は引いたのですが、「そんなメニューを知ってしまったら食べたい」と言われ、注文しました。

しかし、三品とも、ご飯の量が少ない細巻きで、美味しかったです。手巻き寿司とかすると、ご飯が多くてお腹が膨れて、ネタが、とんでもなく余るってことが我が家ではあって、我が家は最近では、ご飯をちょっととネタを巻くようにしてるのですが、ここの細巻きがまた絶妙で、多分、ご飯の量がネタより若干少ないんじゃないかなくらいの感じの細巻きなので、締めにも合うし、酒の肴にも合うというか、私達は、酒が無くなったら帰るから、最後まで楽しめるメニューでした。

 

 

先日、テレビを観ていたら、「バカ貝」が扱われていたのですが、私はバカ貝は青柳と同じと思っていました。

が、生きてる時が「バカ貝」、死んで剥き身になったら戒名が「青柳」だったようです。

 

「バカ貝」の名前の由来には諸説あり、

・殻が薄くて割れ易いいから「破家貝」

・移動するのが早く、居場所を素早く変えることから「場替え貝」

・バカほど獲れるから

・だらしなくバカのように舌を出してるから

などの説があるようです。

 

ま、現代でも、ネーミングは大切で、面白いネーミングが残りますものね。

 

剥き身になると、高級寿司ネタの「青柳」という千葉県でよく獲れた地名がつけられたそうです。

が、え。青柳って、今や、高級食材なの?

トリガイよりは上だけど、赤貝よりは下なイメージが。

でも、手ごろで美味しいから、よく食べていたのですが。

しばらく食べてないうちに、高級食材になってしまったのでしょうか。

 

私は知らなかったのですが、一般的に「小柱」とは、青柳の貝柱みたいですね。

言われてみれば、そんな気もしますが、全然意識してなかった。


 

 

友人のご夫妻との食事会。

 

元々、ご主人が私の同僚で、転職されてからも時々会ってたのですが、奥様同士がつながって、最近は、奥様同士で予定を決めて、食事会やら、なんやらが設定されます。

 

この日の会場は、新丸子のSui。

 

このお店は、今の新居の契約だかなんかで、契約する事務所に来た後で、うろうろしてたら、昼から呑めるということで訪れてから、なんとなく通うようになったお店です。

 

店長が日本酒好きで、色んな醸造所に行って、珍しいお酒を仕入れて、そのウンチクを教えてくれるお店です。

今日、話してたら、小学校三年生のお子さんがお城フェチになってて、休日はお城めぐりをしているとか。

店長は、お城には興味が無いらしいのですが、あちこちの醸造所を訪ねるのが好きらしいので、ま、似たようなもんかなと。

 

 

ビールやら、ハイボールを呑んだあと、最初に呑んだお酒は神奈川県大井松田の「花陽浴(はなあび)」。

ちょっと、読めませんね。

 

なんか、香りもあったかもしれませんが、お酒として入ってくる感じでした。

ちょっと、一般的な日本酒とは違って、すっと入ってくる感じでした。

神奈川にも、こういうお酒があるんですね。

 

 

次は、長野県上田市にある醸造所の「鼎」。

 

長野は、上諏訪のお酒が有名で、「真澄」「舞姫」「麗人」「横笛」なんかが全国区ですが、長野の鼎って知らなかったので、注文してみたら、上田市のお酒らしい。

 

でも、やはり長野のお酒で、香り立つフルーティーな味でした。

 

 

最後……だったかな?ま、スマホに残ってた最後の写真は、千葉県の東魁盛(「とうかいせい)でした。

なんか、最近の日本酒って、ラベルの文字の反射率の高い銘柄が多いですね。

やはり、インスタ映えを意識しているのか?

 

あー。この後、ちょっと濁った日本酒も呑んだけど、写真を撮らなかったんだ。

なんだっけなー、そのお酒。

 

マニューを撮影しておけばよかった。

 

 

金沢旅行の帰路は、あわびめしと加賀鳶。

 

これまで、旅行したら、帰路の食事は駅で買っていたのですが、今回、駅から離れた場所で買う方法もあるなと感じました。

でも、嫁様が前日に、駅ビルの「あわびめし」に目をつけていて、結局、駅ビルでお酒と食べ物を買いました。

 

 

ま、どこでもですけど、駅ビルのお酒売り場に、かなりの種類のお酒を置いていますしね。

 

往路は、ご飯無しの弁当を買いましたが、最近、ビール・焼酎でも、味のついたご飯がツマミになることを学習した我が家は、あわびめしのご飯をツマミに加賀鳶を戴きました。

 

ただ、ちょっと油断して、帰路用の猪口を酒屋でもらったのですが、これが、本当に試飲用の小さい猪口だったので注ぐ回数は増えるは、注ぐ回数を減らそうと思って多めに注ぐと、失敗してこぼしたりで、使い勝手が悪かった。

 

以前は、ちゃんと帰路用のコップも持参していった気がするのですが、もう一度、その頃の記憶を呼び覚まさねば。

 

 

 

この日は、金沢旅行の最終日。

 

ひがし茶屋街にバスで行って、主計町茶屋街を経由して、近江町市場に戻ってきました。

新幹線の時間までは、まだ、二時間くらいあるので、「あまつぼ」に入りました。

 

本店に行って、近江町の支店にも行って、どんだけ好きやねん……って、わけではないのですが、ま、他に行きたい場所もなくなったので、入りました。

 

十一時半くらいに入ったのがよかったのか、私たちが入った時は、まだ、座席を選べる状態だったのが、十二時近くになると、入口には待ち行列。

 

そもそも、我が家は、旅先では十一時半くらいまでにお店に入るように心がけています。

ホント、十一時半と十二時の差は大きいです。

十二時から十三時半くらいまでは、本当に並びますからねぇ。

 

 

さて、生ビールを注文しつつ、「金沢おでん」というメニューを注文しました。

 

梅貝、タコ、車麩、赤巻

 

梅貝といいながら、私の感覚ではツブ貝だったのですが、ネットで調べると、梅貝とツブ貝は別の種類なのですが、地域によって、同じ貝をツブ貝と呼んだり、梅貝と呼んだりするらしい。

 

結局、生物学的に、この日、私が食べたのが、梅貝かツブ貝かわからなかったのですが。

 

 

泥鰌の蒲焼も注文しました。

鰻の蒲焼よろしく、山椒をつけて食べました。

 

泥鰌は小さいから、蒲焼と言っても、ちょっと無理があるかな。

 

これも金沢名物らしい。

 

私の二泊三日の旅行で、金沢の方々と話した内容を総合すると、とにかく、珍しいのは、金沢名物という気質に見えました。

なんか、金箔やら麩やら、あと、なんとか饅頭やら、色んな金沢名物がありました。

商業的に、色々、名物にしたい方が、いらっしゃるようです。

 

でも、食べ物で言うと、基本的には、魚貝とお酒が金沢名物で、お酒は、水の関係でちょっと甘くなるので、それを好きと思うかどうかは、色々あるだろうねというのが、金沢在住の方の意見みたいです。

 

 

 

 

金沢二日目の夜の部屋呑みは、「宗玄 純米吟醸」。

なんか、グランクラスで採用されているお酒とか。

 

 

先日、岩手旅行の際に帰りの切符を予約してなかったら、グリーン席の上のグランクラスしかなくて、やむを得ず乗りましたが、ま、飛行機のビジネスクラスみたいで、出費を考えなければ快適でしたが、そこで供されている日本酒ラインナップの中に、あるお酒らしい。

 

前日のお酒は、飲み干す前に眠ってしまったけど、このお酒は、ちゃんと飲み干しました。

 

 

今回の金沢旅行で知り合いの方に紹介していただいた、「一乃松」に行ってきました。

金沢駅から徒歩5分くらいです。

 

カウンターの板さんがトークでも楽しませようとするお店で、料理も時間も楽しめました、

でも残念ながら、3月23日で閉店するとか。

 

そもそも、今回、思いつきで金沢に旅行して、知り合いの方に、このお店を薦めていただき、楽しかったのに、お伺いしたのが、閉店の前日だなんて、一期一会といいますか、また、この板さんとは会う機会があるような気がします。

 

 

前日の「あまつぼ」もそうだったのですが、寄る年波に巻き込まれて、最近、あまり沢山食べられないので、まずは、「刺し盛り」だけを注文しました。

お任せで注文すれば、いいところを出してくれるでしょうし、その量を見て、その後の注文を考えたり、食べたいネタが入ってないと追加で注文すればいいし。

 

 

この日のお奨めの中から、九絵、ほうぼう、紋甲烏賊、めじ鮪、白がす海老、鯵、梅貝が入ってました。

 

白がす海老は、私は知らなかったのですが、がす海老と言って、足の早い海老があって、中でも赤いのと白いのがあって、白いのは本当に貴重だそうで、県外には殆ど出ないそうです。

 

翌日、ひがし茶屋街の醤油屋のおばさんと喋ってたら、

「白がす海老なんてフツーに食べてますけどねぇ。」

なんて、おっしゃってたので、金沢だと、ポピュラーな食べ物みたいでした。

 

たしかに、海老界の白身魚みたいな、上品な味でした。

 

たしかに、「ほや」も関東でも食べられるけど、仙台・塩釜で食べるのと、全然味が違うもんなー。

 

一方、カツオは、高知に行くと、新鮮かもしれないけど、なんでもかんでも出してくるので、フツーに食べると、意外に対して美味しくないなと感じたりして。やはり、関東でも、いいカツオを目利きして出してる店の方が、いいんじゃないかなんて、思ってます。

 

 

このお店、面白かったのが、魚の刺身を食べるのに「醤油」と「塩水」があるのです。

(醤油は、「ワサビ用」と「しょうが用」でお皿が別になっていましたが。)

なんか、塩水のメーカーは忘れましたけど、能登半島あたりで採れた塩水をペットボトルに詰めてて、塩分濃度が25%という塩水を使うのですが、板さんのお奨めは、貝や白身魚はわさびをつけて塩水ということで、従順に試してみました。

 

すなわち、マグロとアジ以外は、塩水を使ってみたのですが、ま、ワサビも使っていることだし、意外と、塩水でいいんじゃないかと思いました。

 

私は、そもそもポン酢好きなので、牛シャブは全てポン酢で、豚シャブは、たまにゴマダレなので、魚でも醤油が入ってないと気に食わないというか、塩を付けて食べるのはあまり好きではなかったのですが、濃い塩水は、意外とよかったです。

 

 

 

「ずぼ蟹」って言ったかな?

なんか、脱皮直後の蟹です。

殻が柔らかいので、脚を切り離したら、殻を剥かなくても、振るだけで中身がズボっと出てくるのでズボ蟹とか。

(なんか、間違ってるかも。)

 

脱皮してすぐに獲ると、翌年の蟹漁に影響するので、この蟹を獲る権利は、福井県の漁師にしか認められてないらしい。

理由は、これを獲れないと商売あがったりと、福井県の漁師がゴネたかららしい。

 

 

締めには、干口子の羽二重蒸しというのを戴きました。

口子はナマコの卵巣かな?それを干したのが、干口子。

それにフカヒレ、アオサを合わせて茶碗蒸しにしたという一品でした。

 

板さんとは色々話しました。

 

板さんは中卒後、板前修業をして、大阪でも一年半くらい働いてたとか。(巳年つってたかな?)

出身は福井県砺波市だとか。

金沢カレーのゴーゴーカレーは金沢カレーを有名にしたけど、本家はチャンピオンカレーだとか。

茶道も十年くらいやってたとか。

金沢おでんなんて、家でも食べられるやんとか。

福井の西半分は昔、加賀藩だったから、文化的には大阪依りとか。

 

ま、観光地も素晴らしかったですが、こうした、人とのつながりも面白いです。

 

 

 

二日目の朝食は、ちょっと時間が遅かったのですが、近江町市場での海鮮丼。

 

京都の錦市場とか、大阪の黒門市場は、わりとメインの通りに店が集まってて、距離も長いので、市場の通りは一本のイメージがあったので、昨日通った時は、武蔵口という入口から金沢城公園に向ける通りが、そんなに長くなかったので、規模が小さいかと思ったのですが、近江町市場は、いくつか通りがあって、平面的に広がっていて、改めて行くと、色々店があり、随所に出口の方向が書いてあるのですが、どの出口が、どの方向にあるかがわからないので、ちょっと、迷いました。

 

考えると、高地のひろめ市場とか、イスタンブールの市場も、単なる通りではなく、平面的に広がってるところが多いというか、錦と黒門の方がレアかも。

 

ちょっと自信が無いのですが、近江町市場の食事処の開店時間は10時くらいがフツーみたいだったので、そこを目指していきました。

もっと早く開いていればいいのにと思いましたが、八時くらいから開いてる店も多数あったのかもしれません。

 

さて、市場内をウロウロして、「うしおや」という、魚のタタキが売りのお店に行きました。

 

 

私が注文したのは、四種類のサカナのタタキが乗った「四色丼」。

私は海鮮丼を食べるとき、丼と別の皿で、醤油にワサビを溶いてから、丼にかける食べ方をしてたのですが、このお店も、そのワサビを醤油に溶くための小さなコップみたいなのが付いてて、そこで、味を調整してから、ワサビ醤油を海鮮丼にかけるのがスタンダードみたいでした。

 

ま、好みですが、海鮮丼の刺身を、個々にワサビ醤油につけて食べるのは、丼の食べ方じゃないよなーと、私は思います。

 

 

なんか、醤油は二種類置いてあって、「能登牡蠣だししょうゆ」と「木桶仕込み丸大豆醤油」というのがあって、丸大豆の方は、だるまのイラストが描いてあって、たぶん、お子様むけっぽく、お店の方も、「牡蠣だししょうゆがおすすめ」とおっしゃってたので、そこは素直に従いました。

 

近江町市場は、あちこちにある本店が、支店を出している市場らしくて、この「うしおや」も「ひがし茶屋街」という、近江町市場から、徒歩で2~30分離れた場所に本店がありました。

 

あとで、別のお店で聞いたことですが、金沢駅周辺は、観光地が徒歩圏内に収まっていて、結構コンパクトシティなのかと思っていたのですが、コンパクトなのは、観光地らしく、近江町市場も、観光客相手がメインで、地元の方は、使いにくくなっているみたいです。

 

普段の食事で食べるような食材は、あまり、ないみたいですね。

 

お酒とかお菓子とかはのお土産物は、大体、駅ナカで買えるものですが、近江町市場は、駅から十分くらいのところにあって、魚介類を中心に、鮮度が気になるものを販売しているお店が、県内から集まっているという、役割分担に感じました。

 

観光客相手なので、やはり、割高感はありました。

でも、駅から徒歩圏では、どこも、同じレベルの価格みたいなことを、後で行ったお店の方は仰ってましたので、ま、利便性を考えて、この辺りで買い物をするのがいいんでしょうね。

 

 

 

金沢の知り合いに、レストランを紹介してもらいました。

 

ネットで調べてると、金沢は魚介類はもちろんですが、おでん、カレーも有名とか。

そこで、そうしたジャンルを伺うと、十件くらい紹介してくださったので、初日の夜は、「あまつぼ」に行ってきました。

 

その方の注意で、「カレー店以外は、予約が無いと入れません」とのことで、きちんと予約していきました。

(予約したのは、家内ですが。)

 

 

「あまつぼ」は、金沢駅から徒歩十分くらいのところにある近江町市場にも支店がありますが、本店は、車で十分弱のところにあります。

実は、この日は、金沢駅前のホテルにチェックインしてから、歩いて近江町市場経由で、金沢城公園、兼六園、21世紀美術館と徒歩で訪れて、その後、21世紀美術館の近く?にあるあまつぼの場所を確認してから、徒歩で一度、金沢駅前のホテルに戻ったのですが、意外と疲れたので、ホテルで二時間ほど休んでから、タクシーで「あまつぼ」に向かいました。

 

 

突出しは、旬の筍の木の芽和え。

歯ごたえが心地いい。

 

 

今回はコースじゃなくて、アラカルトだったので、刺し盛りを注文しました。

刺し盛りは、二人前を注文したのですが、二人のどちらからみても正面になるように、真ん中から対象に盛られていました。

こうした料理屋は、たしかにカウンタで食べることが多いので、大体、正面が片方しか無いのですが、テーブル席で対面で座った場合に、どちらから見ても正面に見える盛り付けは、なかなか細かいおもてなしと思いました。

 

 

料理の名前は忘れましたが、烏賊を浅い塩辛にしたものに、烏賊墨を和えたものです。

もしかしたら、最初から、烏賊墨を和えてから、ちょっと塩味をつけたのかもしれませんが。

 

 

これも料理名は忘れてしまいました。

蟹の甲羅の中に蟹の脚と蟹味噌そ入れ、玉子を落とした状態で温めます。

中に入っているのは、最初から食べられる状態ですので、いつ、食べてもよくて、ちびちびとかき混ぜながら戴きました。

蟹味噌は、美味しいですね。

 

ここまできたら、日本酒を入れて呑みたいものですが、この日は、しませんでした。

 

店員さんも愛想よく、一人、綺麗な女性の店員さんがいたのですが、ほぼすっぴんで、控え目な方が印象的でした。

 

 

 

金沢に着いたのが、13時頃。

まだ、チェックインができないので、荷物をホテルに預けて、兼六園へ。

 

金沢は、観光地の観点から見るとコンパクトシティで、大体歩いて行けます。

 

ただ、金沢駅の周りは、大体観光客目当てになっていて、現地の方が日々の買い物をする店があまり無いとか。

 

朝から車中で飲み食いしましたけど、13時になると小腹がすいたので、兼六園にあるさくら茶屋で食事を摂りました。

 

 

私が注文したのは、能登牛のステーキ丼。

小さいうどんが付いてました。

 

あと、温泉玉子みたいなのがついてて、たぶん、ステーキ丼にかけて食べるのでしょうけど、私は、うどんの方に入れて食べました。

 

邪道だったかも。

 

松坂牛やら、神戸牛、米沢牛、飛騨牛、能登牛と数えきれないご当地の肉牛がありますが、あれ、わかる人には、違いが分かるのでしょうか?

 

日本の牛と海外の牛はわかるような気もするというか、わかる人はいそうですが、国内でのご当地の牛は、味の違いがわかる人が、あまりいない気がします。

 

ま、ご当地の名前が付いた牛で、少なくとも「和牛」のラインはクリアしているという意味かもしれませんが。

 

因みに私は、調理方法によっては、っつーか、炭火焼きなら、オーストラリアとかアルゼンチンステーキの方が好きだったりします。

 

 

でも、これで、2,500円くらいで、ブランチのつもりだったので、ちょっと割高感。

最終的な感想として、観光地は、やはり、割高かと思いました。