関西大学探検部ブログ

関西大学探検部ブログ

現役探検部の情報はこちら!
当探検部では新入部員を老若男女、時期を問わず募集しております。


テーマ:

どうも、ボーイです。

part1のつづきから入っていきます。

槍ヶ岳は混み合っていたため、待ち時間を絶景に堪能できました。

 

頂上からは、360度鋭く雄大な景色を見渡せました!!

 

下山時も気が抜けません。

 

横尾方面へと下山。ずっと下り坂で脚にこたえました。

 

横尾に到着。とても立派なキャンプ場でした。

 

6日目

今合宿において、槍ヶ岳に次ぐメインである、奥穂高岳に登りました。

涸沢!!なんとも言えぬ絶景。

 

ゴツゴツした道が続きました。

 

 

ジャンダルムが見えます。

 

 

 

山頂付近はガスっていましたが、時々晴れ間から壮大な山々が見えました。

 

奥穂高岳を下山し、涸沢を去る頃には、雨が降り出しました。

 

7日目

朝から雨。幸いにも、この日は中央アルプスへ向けての移動日だったため、上高地まで耐えたら山での歩行は終了。

しかし、この上高地までの歩行が苦行と化しました。土砂降りの中、皆無言で歩き、景色を楽しむ余裕は皆無でした。

 

上高地からはバスと電車で松本まで行きました。

 

8日目

この日は中央アルプスの木曽駒ヶ岳を目指します。まず、伊那地方の駒ヶ根駅まで電車に揺られました。その後、北御所登山口までバスで行きました。

 

登山口から歩き始めてしばらくは、森林が続いたが、やがて低木や岩が顕著になっていきました。

 

結構急な登りであり、ばて気味でした。

 

遮るものがないため、日差しがきついが気温は寒いくらいでした。

 

素晴らしい!!

 

 

見事!!

 

眼下には、今日のキャンプ場が。お疲れモードでした。

 

夕陽と雲海に浮かぶ御嶽山。

本当に天候に恵まれた1日でした。

 

9日目

夜明け前に起床し、頂上で日の出を待ちました。

頂上からは、八ヶ岳や南アルプスを望めました。

 

富士山も趣があります。

 

頂上を後にし、下山。その日のうちに帰宅することができました。

 

今合宿は、全体的に見れば天候に恵まれ、充実した登山となりました。


テーマ:

どうも、ボーイです。

今年の夏も暑い日々が続いていますね。しかし、高い山は下界の暑さから逃れるのに、とても恵まれています。むしろ寒いくらいに。

さて、この夏は北アルプスと中央アルプスに行ってきました。

 

まず、合宿初日は梅田から高速バスを乗り、松本まで行きました。その後、穂高駅まで電車に乗り、穂高駅から登山口にあたる中房温泉までタクシーで移動しその日の行動を終えました。

ちなみに、キャンプ場はとても混んでいたため、臨時的に駐車場にテントを張るようにと指示を受けるくらいでした。

 

2日目

ようやく登山開始!しかし、初っぱなからきつい登り坂が続き、燕山荘までの道のりがとても長く感じました。

登り坂の上、20㎏超えの重荷を担いでいました…

 

ようやく、稜線上に出たが、あいにくガスっていたため、展望はなしです。本来なら絶景だったはず…

 

燕山荘を後にし、大天井岳を目指す。道中はガス時々晴れでした。雨でないだけ恵まれていました。

 

ちょっぴりとしたスリル。

 

晴れ間が見えると、爽快です!

 

夕ご飯です。右側の飯は失敗(涙)

ちなみに両方とも見た目は違いますが、同じ料理です。

 

3日目

この日は槍ヶ岳のお膝元である、殺生ヒュッテまで行きました。

昨日より開放感はあるが、もう少し晴れて欲しいですね。

 

日目

ついに、槍ヶ岳に登頂!といきたいところだったが、ガス+雨のため、この日は待機日としました。残念…

こういうときの暇つぶしはトランプで遊ぶか、ラジオを聴いたりするくらいですね。テントに籠りきりなため。

 

5日目

夜明け前に、恐る恐るテントから出ると、そこには意味がわからないほどの星空が広がっていた。どうせ、今日もガスか雨なんだろうと半分諦めていたため、気持ちが飛び上がり、一気に目が醒めました。

こんなにも暗い中、ライトが点々と見えた。それだけ槍ヶ岳は人を寄せ付ける魅力があるのでしょうね。

 

遠くには、富士山が見えました。この風景を見たとき、昨日一日を耐えた甲斐があったんだと、とても報われた気持ちになりました。

 

すごい世界だ!

 

槍ヶ岳はとても混んでいたため、登って降るまで2時間以上はかかりました。

 

part2に続く


テーマ:
こんにちは。

今回ブログを書かせて頂くのは一回生のブタゴリラです。
ちなみに名前の由来は以前八百屋でバイトしてたからです!(4日で辞めました)

ブログを書くのは初経験なので温かい目で見守ってください!ラブ


今回6/3日曜日に六甲縦走に行ってきました!!

この日来れなかったメンバーはまた後日行くことに

この日はあいにくの(?)快晴で体力消費が普段の倍くらいになりました…


須磨浦公園駅から出発ですグーメラメラ
既に一人倒れていますね…真顔


大名行列の如くゴールを目指して登り始めます


熱中症対策は欠かさず行いますトロピカルカクテル


鉢伏山〜馬の背へかけての長すぎる階段

関係ないですけど僕も大人の階段登りたいですねウインク



六甲縦走の唯一の見どころと言っても過言ではない馬の背 
都会に残されたユートピアって感じでいいっすねぇ〜



菊水山へかけての道です!

ここでかなり精神力持っていかれました…ゲロー


菊水山頂です!

個人的には摩耶山に次いで辛かったですね…

ちなみに二人の服装が被ってますけとペアルックじゃないですう

たまたま被っただけですよたまたまウインク

よねDさん

元気ハツラツですごいと思いました(小学生並みの感想)



摩耶山頂にかけての道です

ここまでの道で蓄積された疲労もありこの一日で1番キツかった…ゲローゲロー



掬星台到着です!

今にも画面から飛び出てきそうな程のやる気ですねグラサン

休憩も取りある程度回復したところで出発しました!


六甲山頂への標識が見えてきました…

六甲全山の最高峰を登りきったら後は下るだけですねウインク


趣のありそうな山道を

ちなみに六甲山への道はそこまで過酷でもなかったので癒やしでした


六甲山頂付近で休憩です

後は下るだけだと思っていましたが、登ったり下ったりと体力的にも精神的にも
どうしてだよおおおおおって思いましたねウインク


塩尾寺に到着です!
残りは舗装された道路を下って阪急宝塚駅到着に到着し計11時間の縦走は幕を閉じました…

完走した感想ですが、既に脚の筋細胞のライフは0ですけど次にやったときはもっと楽に行けそうと思いました。真顔

ちなみに次の日筋肉痛で、生まれたての子ヤギの様な歩き方になりました…やぎ座

おわり

テーマ:

どうも、3回生のボーイです。

2018年度のGW合宿として、鳥取県の大山に行ってきました。

合宿は4日間にまたがっていますが、実際の登山は1泊2日でした。

 

登山1日目

麓からは雪化粧した大山が雄大にそびえていました。山から吹き下ろす風が、心地いいんだか、寒いんだか…でも、大阪の暑き日々から解放された気分!

 

北壁の迫力ある景色。いよいよ山頂目指して稜線に突入です。

 

上の方では、足下に雪が残っていたので、慎重に登りました。また、GWとだけあって、沢山の人で賑わっていました。

 

 

曇り気味であり、少し残念でしたが、雨が降っていなくてとても助かりました。

 

恐る恐る渡りました。

 

すぐ横は崖。沢山の人が登っていたため、登山中は渋滞になることもありました。

 

その後も稜線を進み弥山(山頂)に到着。風がとても強く、寒くも有り、長居はせずに降しまし

た。

 

避難小屋まで降り、この日はここで泊まらさせてもらいました。

広々としていて、とても立派な小屋だったためよく寝れました。

 

登山2日目

この日は朝早くに、小屋を後にして麓まで下山し、大山での登山活動は無事終了しました。

 

今回の登山において、雨は無く、1日目の午前中は曇っていたものの、それ以降は晴天でした。晴天の時は、米子平野や日本海を望めました。更に雪化粧も見れて、天候に恵まれた合宿でした。

 


テーマ:

お久しぶりですビックリマークビックリマーク

3回のよねDですビックリマークビックリマーク

5月に突入し、暑さも増し、だんだん夏が近づいてきているなぁ~と実感できる陽気となってきましたね~~スイカ

そんな中、我々は、GW休暇期間を利用し、岐阜県は高山市飛騨山脈(北アルプス)南部に位置するワサビ平へ、雪上訓練に行ってきました!

朝起きると、毎朝新雪が降り積もっていて、季節を逆行しているような気分にもなりました(笑)雪

「なんか積もっとらん??(笑)」あせる

どれどれ~~。。。

めちゃんこ寒いやんけぇ~~(笑)笑い泣き

テントを張っていたワサビ平は、日中は溶けて雪は無く、毎朝これが繰り返されてました(笑)

 

本合宿の目的は、来春の海外遠征に向けた、冬山技術の習得ですグッ

登山、サバイバルの経験はあるものの、冬山は初!何もかもが初めてキラキラ

今回は、OB河崎さんの御指導の下、雪上訓練を行いましたあしあと

まずは装備から。今回は主なもののみ紹介しますよ~~OK

ヘルメットに、雪上での強烈な紫外線から目を守るためのゴーグル、カッパ、ザイル(ロープ)、ハーネス、カラビナ、クイックドロー、ピッケル、冬山用の登山靴、アイゼン、コンパスというところでしょうか。

この靴が約10万もするということは親には内緒です(笑)ゲッソリ

 

さあ、いよいよ雪上トレーニングの始まりですクラッカー

歩行するだけでも、一般的な登山靴とは大きく異なります叫び

それもそのはず。足裏には12本もの大きな牙があります!!

ザイルワークは、急坂を想定し、周辺の木にしっかりと確保をし、上り下りの訓練、またコンペを組み、部隊の一部が滑落したことを想定し、その後の確保練習を主に行いました爆  笑

ピッケルを用いた訓練では、急坂での静止訓練、尻を着き、ピッケルで舵を取り前に進む尻制動、足をスキー板のようにして滑るグリ制動、また、様々な態勢での滑落における静止訓練も行いましたニコ

一番怖かったのは、頭から急坂から滑落したことを想定し、静止する訓練でしょうか滝汗(笑)

慣れてくれば大したことでもないんですが、初めのうちはなかなか・・・(笑)笑い泣き

写真でこの急な角度をお伝えできないのは大変残念です。。。えーん

 

天候にも恵まれ、みっちりと教われ、大変有意義なGW合宿となりましたニコニコ

お忙しい中、河崎さんありがとうございました!!

コツコツと来春に向けて準備していきたいですね~あし

そうそう、雪化粧した北アルプスの景色は最高でしたよーー目

 

では、また~~パー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス