kubocomのブログ

kubocomのブログ

愛媛県喜多郡内子町にある久保興業株式会社と関連グループ会社における活動や地域貢献などの情報をお届けしています。弊社のサービス案内や、作業状況、災害を想定した訓練状況、就職するとどうなるのか疑問が晴れる内容を心がけます。

長期連休になった事業所も多いのではないでしょうか!GW後ですが絶好調ですか?改めて生活リズムを整えましょう!

 

◼近所を散歩

◼その場で足踏み

◼ストレッチ

◼日光浴


これらを行うだけでもめちゃくちゃカラダがラクになりますよ!さて、連休明けの立ち上げ時ほど注意は必要です。作業前の現場ごとの安全点検はもちろんのこと、作業計画や、KY・リスクアセスメントを確実に行ってから作業に入りましょう。

 

日々の安全パトロールや月末の安全衛生委員会だけでなく、このブログでも安全について記載していこうかなとも思ってます。



これからも地域になくてはならない企業を目指して。本日もご安全に!

GW前ですが絶好調ですか?

総務部で最近は安全管理も務めている岡田です。

 

昨日は月末に開催される安全衛生委員会でした。

各事業部からだけでなく関連会社からも委員メンバーとして集まりそれぞれの安全衛生に対する振り返りや実施項目を共有していますすす!

 

 

4月から始まったアルコールチェックについてのやり方を共有したり、地元車輌優先の場所を改めて確認したりしました。

 

次第や内容を少し変えてみたのですが、不評でしたので次回からより良くしていきますので!

 

さて、連休前のチェックリストを作成しました。

どうぞご活用ください(•ω•.)/ 昨日もこれに追記するような話し合いもできたので、グループ全体で防災や防犯意識も高めます。

 

 

 

これからも地域になくてはならない企業を目指して。本日もご安全に!

本日の午後は温かった。ぬっくぬく総務部の岡田です。最近は安全管理も務めさせていただいておりやんす(•ω•.)/ 本日もよろしくお願いします!

 

さて、前回の続きとして他の現場も紹介します。

安全パトロール!この現場は「ブログに載せるよ!大丈夫?笑」って聞いてないけど大丈夫!弊社の現場には映ってはいけないような、そんなことはありません!どうぞご覧ください。

 

山奥の現場では、しっかりとクレーンモードで作業してました!落ちないようにねー!

 

河川の河床を掘削して、表土を草木と分けてる作業が橋の上からよーく見えます!という事は、通行してる方からもよく見えてるってこと。

 

良かった点は、現場がきちんと整理されてて気持ちが良い!また工事看板にも丁寧な図もあり見やすかったです。

 

連休前の河川なので、侵入禁止対策をしっかりと行なってくださいとお伝えしました!

 

これからも、地域になくてはならない企業を目指して。

 

ご安全に!!!

 

雨ですね!

総務部の岡田です。最近は安全管理も務めさせていただいておりやんす(•ω•.)/ 

 

月中と月末で行ってる安全パトロール!

「ブログに載せるよ!大丈夫?笑」

なんて聞きながら、映っちゃいけないものでもあるのか?いや、弊社にはそんなことはありません!どうぞご覧ください。

 

山奥の現場では、しっかりとクレーンモードで作業してました!落ちないようにねー!

 

良かった点は、意外とラジオ体操って大人になると恥ずかしくてやらない現場もありますがここはしっかりとやってくれてました!!!

 

身体をしっかり起こして、気分を変えて安全作業をよろしくお願いします!

 

これからも、地域になくてはならない企業を目指して。

 

ご安全に!!!

 

いつも閲覧ありがとうございます!

愛媛県喜多郡内子町にある建設会社ですが、BCP訓練を行ったので報告しますね‼︎

 

当日は

◾︎地震災害

◾︎洪水災害

 

と時間を分けて開催しました。

今回はその中の洪水災害を想定したボートによる救助訓練についてです。

 

 

ということで!

洪水は発生することが事前に把握できる災害なので洪水が来るかもと想定して色々と準備や動きをしていくわけです。今回は高台にある農産事業部を拠点にボートを保管することにしているので、①ボートの持ち出し ②ボートの組み立て ③ボートでの救助 の手順で進めていきます。

 

手押し足踏みポンプでの空気入れではなく、コンプレッサーを使用するため組み立て場所付近に車を設置してシガーライターソケットから電源を取って立ち上げました。

 

久しぶりすぎて、あーだこーだ言いながらとりあえず組み立ては完了。そして運びます。

 

 

 

感想は、天気が良かった。以上

増水してることを想定すると、どこから浮かべるかはまた状況は異なるが今回は階段で水面まで下がり浮かべました。

 

 

 

二人でもまぁまぁ沈んだので、これで救助をした方を乗せるとなるともう少し大型のボートにするか、より空気圧を高めておかなければならないと反省しました。

 

これからも地域になくてはならない企業を目指して!ご安全にっ!