根ぎし食堂(千葉県香取市)by ラーメン 700円 | ピップのブログ

ピップのブログ

ブログの説明を入力します。

接客に余裕はないが、想像以上に確りとした伝説のお店だった~!wの巻

6月中旬の夜に訪問。先客2名、後客0名。

ふと前を通ったら、伝説のお店が営業中。


伝説というのは営業時間や営業事態をしているのかが不明だったので、誇張して出た表現。

年季が入っていて、普通、一人では躊躇しそうな外観。

店内に入ると男性客2名がお酒を飲みながら談笑中。


「マスタ~、お客さんだよ~!」

空いてる席へ向かいつつ、ボードに手書きされたメニュー表からラーメンを口頭でお願い。


ラーメンは三種類で居酒屋メニューが豊富です。


店内も雑多です。


年配の男性店主さんお一人での切り盛り。

「あのさ!時間はあるよね?」

時間がないのに食べに来て、結局、食べないで帰られた客さんがいるみたい。

駅が近いので、終電間際に飛び込んだのかな?

数少ないネットの情報を見ていると、ネギ塩ラーメンがお薦めらしい。

しかし、時、既に遅しか...



少しして、着ラー。



それではスープから...ってレンゲがない。

吉幾三的に一曲、

「はぁ~、お冷やもね(無い)!レンゲもね(無い)!お店もそれほど綺麗でね...」

振り返るとレンゲが積まれてました。


一瞬、手に取ったのですが、使うのは躊躇...

それでは直接、スープから。


円やかな鶏油のコクに適度な醤油の塩気、昆布、椎茸、鶏ガラと妄想する淡麗ながらも十分な旨味が伸びていきます。

おっ、これは意外に美味しい!

昔ながら系の中華そば的スープですが、旨味は確り。

鶏油は独特のコクがあり、ガラは老鶏だったりするかもと妄想。

全部、間違っている可能性もありますが、後を引くスープです。



次に麺を。


麺は多加水の中細麺。

スープを束になって拾い、ツルシコモチな食感。

スープとの相性も良く、この麺もいいね。

麺量は体感140gで少し少な目。

飲みの〆には、ピッタリでしょうか。



具はチャーシュー、ほうれん草、海苔、ネギ、ナルトです。


チャーシューは煮豚タイプ。


ややパサつきはありますが、やや濃い目の味付けが肉の旨味に染み込んでいて美味しいのです。

ほうれん草は、凄い新鮮な野菜感。


ラーメン屋で食べるホウレン草とは思えないくらい。

ネギはシャキシャキ。

ナルトは厚みがあり、練り物の味がします。



あっという間に完食。


味意外の減点要素が多いのですが、お味は想像以上でした。

町中華と比較すると、値段はやや高めですが、深夜営業ですしね。

今度は超勤後に腹ペコだったら、ネギ塩を食べたいかも。

ご馳走様でした。



千葉県香取市北227