ピップのブログ

ピップのブログ

ブログの説明を入力します。

説明通りの濃厚なニボトンだった~!の巻

7月下旬の週末、お昼に訪問。
先客多数、帰りの待ち客2名。

好印象だった新店巡り。


広めな駐車場も一杯で人気振りが伺えます。


入って右側に券売機が有り。


前回の夜は背脂豚骨系で豚ヅケ麺を食べました。

昼営業は煮干し系のメニューを提供中。

濃厚煮干しというこちらをポチッとな。

押してから、7月末までワンコインで食べれるクーポン券を提示した次第。スイマセン

返金して頂き、500円のビール券をポチリます。




空いていたカウンター席へご案内。

お冷やも到着します。


店内は厨房に3名、接客3名の体制。

声が良く出ています。



意外に早く着ラーです。



それではスープから。


油脂分のコクに適度に強めな塩気、鰯の煮干しがガツンと前面に来て、豚骨も下支えしながら伸ばていきます。


これは煮干しが濃いですね~。


プリン体も高濃度で尿酸値も上がりそう。

そうゆう意味でも少し食べ手を選びそう?

私には無関係だが...

一時の煮干しブームが思い出されます。



次に麺を。


麺は低加水の中細ストレート麺。

濃厚なニボスープをドロッとまとい、良質な小麦感のある粘りや味わい。

スープとの相性も良好です。

麺量は体感150g程度。



具はチャーシャー2種、メンマ、刻み玉ネギ、紫玉ネギ、カイワレです。


バラロールチャーシューは脂身の入り方も良好でスープに負けない濃い目の味付け。


豚レア系チャーシャーは、少し噛みきりづらいのですが、熟成感のある肉の旨味が溢れ出ます。

材木メンマはシナボリで食感良好。


玉ネギは甘~い。


カイワレの苦味も少しアクセントに。

終盤、卓上のレモン酢や一味を振りかけたりして。




あっという間にほぼ完飲完食。


説明通り、煮干しがガッツリと効いた濃厚な一杯でした。

最近は淡麗系の方が好きかも?

ご馳走様でした。



茨城県土浦市粕毛109-1