麺者屋ちくわ(千葉県富里市)by 【限定】秋刀魚の濃厚と秋刀魚のコンフィにカボスジュレ 千円 | ピップのブログ

ピップのブログ

ブログの説明を入力します。

スープにはもっと秋刀魚が欲しかったが、秋の訪れを感じさせる一杯だった~!の巻。

9月上旬、夜に訪問。先客2名、後客3名。

約二年前の初レポ以来にこちらへ。


限定メニューの提供も精力的なようです。

入って右側にメニューの張りだしと券売機を発見。


一瞬、限定は終了かと思ったら、限定②1000円のボタンを発見。


不明だった値段に少しだけ驚きつつもポチリ。

勝手に席に着くと、冷たいお絞りとワインボトルに入ったお冷やとグラスが到着。


二年前もそうだったよなぁ~と思い出します。

小上がり席の女性がタバコを吸ってるなぁ...

と思ったら、オツマミメニューも豊富。


お酒も楽しめるお店なのね。

店内は男性店主さん、男性店員さんの体制。

後客3名は、皆さん限定狙いでした。



やや時間が掛かって、着ラー。



それではスープから。


トロンとした油のコクに適度な塩気、節系主体の魚介に白湯スープがバランスよく伸びていきます。

秋刀魚は言われれば、奥に居そうな感じ...

秋刀魚感をもっと感じたいところですが、スープ自体は適度に濃厚で美味しいです。



次に麺を。


麺は加水やや高げな中太ストレート麺。

適度にスープを持ち上げ、適度な張りと弾力に歯切れも良し。

麺の味わいはなかなか。

濃厚スープとの相性も良好です。

菅野製麺の看板が有りました。

麺量は体感140~150g程度。



具はカボスジュレ、秋刀魚、チャーシュー&チーズ、干し果物、半割玉子、刻み玉ネギ、茸、青ネギです。


カボスジュレは意図せずスープと一緒に。

爽やかな果実の酸味が、スープにアクセントを与えて、オッ!

秋刀魚のコンフィはヌルッとオイリー。


やはり秋刀魚は塩焼きが一番ですが、柔らかくて美味しいです。

スープによく馴染ませて食べると美味しいね。

レアチャートは噛むほどに感じられる、熟成した肉の味わい。


そこに、濃~厚~なチーズのコクが入り交じります!

ただ、肉自体、筋っぽさもあり、非常に噛みきりずらいのは残念。

干した果物はアンズかと思ったが、季節的に柿なのか?

自然だけど、甘~い♪

半割玉子は、普通な味わい。

玉ネギは刻みが粗めで、火がよく通っている食感。


甘さが心地良いね。

茸は香りも良く、一瞬、ま、ま、松茸?

と思ったが、エリンギかな。



あっという間に完飲完食~。


秋刀魚は缶詰を除くと、初物かも。

スープからはもっと秋刀魚を感じたかったけど、美味しいラーメンでした。

地域では愛されている感じがありました。

9/22〜9/24は、二周年記念メニューを提供予定。

「仔羊と豚骨の白湯骨付きアニョー煮込み」

麺ゃこもん」との、2周年同時開催とか。

ご馳走様です。



千葉県富里市七栄646-135