リップル東京ベイ☆磁器上絵付け・シュールデコール・ポーセラーツ

リップル東京ベイ☆磁器上絵付け・シュールデコール・ポーセラーツ

海を見ながらのんびりポーセリンアート制作をしています。




テーマ:

 

わ~!!この瞬間素敵に撮れてる!

という写真が

ほとんどなかった我が家

あるのは普通の、スナップ写真

それに気づいたのは

陶画舎でポートレートのレッスンを受けた時でした。

自分の子供の顔を描くのに

きれいに撮れている写真が必要でしたが、当時

感度が低いカメラで撮っていたので使える写真がない。

光の加減や画像の精度がどれもイマイチ。

携帯もガラケーだったし

使い捨てカメラもたくさん撮ったなー。

なので枚数だけは多いのに、

画像が荒くて、それこそまつげ一本までしっかり

写っているような鮮明な写真がない。

ポートレート描くときに参考にしたいのは

プロ並みによく撮れた写真だし。

それからは100枚とるなら

1枚のきれいな写真を撮りたい。

(おー、カメラマンみたい)

せっかく描いた作品だってかっこよく撮りたい!

と思うようになり、

数年前に奮発してカメラを買いました。

すぐご縁あって単発でカメラレッスンを数回受けて

あとはもう好き勝手に撮っていますが

スタイリングも楽しくて

すっかり写真をとるのが大好きになりました。

そんな私の相棒カメラが

数か月前から明るさ調整ができなくなり

スマホやパソコンの機能で調整しながら

なんとか使っていましたがやっぱり不便で

先日ついに修理に出すことにしました。

家電修理をお願いすると

ええー!だったら買ったほうがよくない?

という請求金額がくることありませんか?

前回修理に出したプリンターも

こんなにするなら、と新品に買い換えました。

カメラ修理の金額はまだ出てないけど

使いなれているし愛着もあるので

今回はどんな金額がでても修理するつもり。

なんて話をしていたら

Nさんがスマホで撮った

超~~きれいな写真を見せてくれました。

それは一眼レフで撮ったクオリティ!

こんなにきれいに撮れるなら

もうカメラいらないかも。。。

いかんいかん。相棒カメラが泣く。

なにはともあれ無事修理が終わって

早く私のもとにかえってきますように。


これは修理に出す前の相棒カメラで撮りました 

 

 

 


テーマ:

 

出会いと別れの春

17年来の近所の親しい友人も明日引っ越しです。

引っ越ししても

お付き合いは続くけど

今日暇だったらランチしようよ~と

気軽に会えなくなるのが本当にさみしいです。

 

送別のプレゼントは

お花の先生Mちゃんと絵付け講師の私が

お互いの得意分野で一緒に作った

フラワーアレンジメントを贈りました。

 

Mちゃんとデザインのアイデアを出し合い

こんな感じなのきっと好きだよね、と

相談しながら完成したコラボ作品

喜んでもらえてよかった!

裏にはラッキーアイテムのてんとう虫を。

 

裏のほうが好きかも!とKちゃん。

うん、そうだと思った♡

 

このうさぎを見た二人が

目つきが鋭いからワルかも、いう話しになり

ほら、金のチェーンのネックレスしてるし!

花とかマジ勘弁、とか思ってるよ。

夜中に襲われるから枕元に金属バット

置いたほうがいいなどと

まさかのウサギヤ○キー説で

大いに盛り上がりました笑

※この先もこのうさぎさんが

私の写真に登場すると思うけど

可愛いウサギさんを想像してくださいね。

 

春は一年の中で何か特別な感じがします。

出会いと別れ、桜、新生活・・・。

今年はどこに桜を見に行こうかな。

 


テーマ:

 

先月は友人や家族からの頼まれもので

出産祝いと結婚祝いをいくつも作りました。

 

その中のひとつ、母に頼まれた出産祝いは

キッズプレートと乳歯入れを作りました。

相手の方もすごく喜んでくれたわよ~と

連絡があったその一週間後・・・

母から再び連絡が。

実はお兄ちゃんがいるんだけど

ボクも歯が抜けたのに入れるものがない。と

エンエン泣いているそう。

かわいそうだから

お兄ちゃんにも乳歯入れを作ってくれる?って。

まさかの、出産祝いからの号泣!

これは想像していませんでした。

でもこの時思いました。

弟が生まれて嬉しいけど

愛情を独りしめしていた小さな心はきっと複雑。

おまけにちょうど歯が抜けたタイミングだったから

弟への乳歯入れのプレセントを見て

悲しくなっちゃったのね。

自分が知っている関係なら

かならず兄弟に同じお祝いをあげられるけど

実は兄弟がいた、という場合は

こんなこともあるんだなあ。

なので、今度から出産祝いを頼まれた時は

お兄ちゃん、お姉ちゃんの確認をして

何か小さなものを一緒にプレゼント

しようと思いました。


今は小さい子を見ただけで

優しい気持ちになれるけど

自分が髪の毛振り乱して子育てしていた時は

気持ちの余裕なんてなかったな。

Tさんは出産後育児に追われる日々のなか

少しの時間ができてコンビニで一人立ち読み

した時には、私に自由があるなんて!と

嬉しくて涙がでたと言っていました。

それ、本当にわかる(T-T)

大変だったあんなこと、こんなこと・・・

今となっては笑い話です。


今回のお兄ちゃんも大きくなったとき

この乳歯入れを見て

お母さんがそんな幼いころのエピソードを話す時が

来るかもしれませんね(^u^)

 

Ameba人気のブログ