2022年度京都産業大学体育会男子ラクロス部の強化育成課長を務めさせていただいております、経営学部マネジメント学科新4年吉田達雄と申します。

 初めに、京都産業大学体育会男子ラクロス部の活動を日頃からご支援、ご声援してくださっているすべての方々、この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございます。
今年度は、昨年度3部降格になりあらゆる面おいてゼロからのスタートとなりご迷惑をかけることが多々あるかもしれませんがよろしくお願いします。

 強化育成課は、1年生の育成が中心となっているため他の取り組みはあまり知られていませんが昨年度は全くと言ってもよいほど取り組めていませんでした。そのため、今年度は新たな取り組みをどんどん実行していこうと考えています。現時点でも、新たなことに取り組んでいる最中であり今後は多くのことに挑戦していこうと考えております。

 1年生の育成を行う課であるので新入生について少し書きます。
 現時点で京都産業大学に合格された受験生の皆さん合格おめでとうございます。
 大学生としての4年間は社会に出る前に「大人」として過ごす大切な時間だと思います。その4年間をサークルや部活やアルバイトなどに費やすものだと思います。4月になれば新歓期間になり多くの部活やサークルから声をかけてもらい新歓イベントに行くことになり、そしてどこかの部活かサークルに入るもしくは入らないかもしれません。入るか入らないか、どのサークルや部活に入るかどうかの選択することがあるかもしれません。その時には自らの直観を大切にしてほしいと思います。
 人間の直観というのは90%の的中率があるとイスラエルの大学の研究結果が出ています。直観といえばなんとなくって言葉が当てはまるのかなと思いますが、直観というものはその人自身がこれまでに経験したことなどの脳にインプットされたから導き出される意思決定らしいです。なので驚異的な90%という的中率があるのかなって思います。直観は素早い判断をし、後悔しない人生選択をする人間のストロングポイントだと思います。なので、新入生の皆さん部活選びなどで迷ったときには自分自身の直観を頼りにして選んでみてください。きっと有意義な大学4年間を過ごせると思います。
 そして、1度男子ラクロス部の新歓イベントに来て下さい!ラクロスの楽しさ以外にもあらゆる大学生の姿というものが知れていいものになると思います。

 意気込みブログで回ってきたのですが、新歓の宣伝みたいなブログになりましたがこの辺で終わりにしたいと思います。
 改めてにはなりますが、京都産業大学体育会男子ラクロス部に関わる全ての皆様今年度も引き続き弊部のご支援、ご声援のほどよろしくお願い致します。