ヨガする心理学者 松村憲 公式ブログ

ヨガする心理学者 松村憲 公式ブログ

松村憲の公式ブログです。
心理学やマインドフルネス瞑想のエキスパート。
トラウマ解消に効果を発揮する「一悟術」のヒーラー。
深層心理学、瞑想、スピリチュアリティ、ヨガ、身体の使い方や健康、意識の覚醒についてなどいろいろ書いてます。

インサイト・プラクシス www.insight-jp.net
目黒と新百合ケ丘にあるオフィスにて各種セッション受付います。
・プロセスワークのセッション(個人・カップル・家族)
・一悟術ヒーリングセッション。一悟術 簡易説明。日本古来の伝統にルーツがあるヒーリング。楽になりたい方、自分を変えたい方、自己成長に関心のあるなど、あらゆる問題の根底にある滞りを解消します。特に生まれた時に潜在的に受けるバーストラウマ、生育過程で無意識に身につけるインナーチャイルドを解消します。

(株)バランスト・グロース・コンサルティング 取締役
・プロセスワークをビジネスに応用した組織開発や、マインドフルネス研修やトレーニングなど行っています。

日本プロセスワークセンター 

・プロセスワークの世界標準のプログラムを学べる機関です。松村は教員の一人として活動しています。
アンダーザライトヨガスクール(代々木)
毎週火曜 10:20~ マインドフルネスヨガ

マインドフルネス瞑想会@目黒
定期的にマインドフルネスをみっちり共有するワークショップを行っています。しばらくお休みしていましたが、2019年より再始動していきます。

Sense Up Work「誰でも出来ちゃうカラダのセルフメンテナンス」〜100年時代をしなやかに生きる〜
7月20日(土)14時〜 @銀座バランスト・グロース・コンサルティング
詳細のお申し込みはこちらよりお願いします↓
https://peatix.com/event/830725/view

 
今回開発したSense Up Work 
なかなか面白いものに仕上がっています。
 
開発秘話を少しだけ共有すると…
サイキックな力も非常に高く、バランスよくこの世でビジネスをしているメンターの方と
共同開発をしています。
 
私が彼にヨガを教えるところからスタートして、
それを受けた彼の方から、ヨガやそのポーズが持つ霊的な影響や、
エネルギーボディへの影響について教えてもらいました。
そして、ヨガにどうしても付随するエネルギー的な負の影響を全て廃して、
その良さだけを抽出しつつ、今を生きる忙しい現代人、
ビジネスパーソンに向けに開発しています。
特にヨガもフィットネスも運動もしない。でも健康は気になって心配。
そんな方が抵抗なく始められて、良い効果を受け取れる、そんなプログラムとなりました。
 
 
とてもシンプルな動きですが、
終わった後の爽快感やバランス感からその効果を実感いただけると思います。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

健康が気にならない方はいませんし、病気にもなりたい人はいないでしょう。
とはいえ、フィットネス、ジョギング、ヨガや瞑想などとっつきにくい人も多くいると思います。 
今回開発したSUWは「未病」の視点を取り入れ、心身のバランスがちょうどよく整い、日常の
生産性も向上されるような状態になることを、程よい身体の動きで実現しました。普段身体を動かすことの少ないビジネスパーソンにも、無理なく取り組める効果の高いワークになっています。

【Sense Up Work(SUW)とは? 】

SUWはSense=感覚を磨きます。左脳とロジックに偏るのをバランスさせてくれるのは、
思考・感情・直感を繋いでくれる「感覚」の開発にあります。 
「感覚」の開発が進むと、心身に無理がかかりすぎる前にシグナルをキャッチして、
心身をケアしながらのセルフマネジメントが可能になり、未病につながります。
SUWを通じて身体の意識が高まると、それだけで身体に対する認識も変わり、見た目も変わります。 意識改革は頭だけで完了するものではなく、心身の統合があってこそ起きるものです。その意味で、
SUWはリーダーシップ開発の真の始まりとも言えるでしょう。

【SUW開発プロセスの背景 】
ヨガはビジネスマンに向かないのか?そんな問題意識がありました。
日本のヨガ人口は770万人と言われ(2017)、今後1600万人にまで増えると言われています。 
肉体にも精神にも効果のあるはずのヨガの良い要素を抽出しつつ、
仕事のパフォーマンスに悪い影響を与えるかもしれない要素を徹底的に排除するようにしながら、SUWは開発されています。 また、動き自体はシンプルですが、形にとらわれない
「探求」するスタイルが「感覚」を開発するのみならず、
既存の枠組みに囚われない知覚や認識を身につける機会にもなるよう設計されています。


【持ち物】
ヨガマット(なければフロアーにしける大きめのタオル)、動きやすい服装

【講師】

松村 憲 (まつむら けん)
バランスト・グロース・コンサルティング取締役
ヨガ・瞑想トレーナー

 大学院では深層心理学とマインドフルネス瞑想について研究。自身もヴィパッサナー瞑想のリトリートに15回以上参加するほどの熱心な修行をした。アウェアネスを重視した心理療法、プロセスワークの専門家でもある(認定プロセスワーカー)。マインドフルネス瞑想を教える養成コースの開催や、大手フィットネスクラブのTipnessではMind Flow Yogaの開発を行いトレーナーの養成も行った。

著書に『日本一わかりやすいマインドフルネス瞑想”今この瞬間”に心と身体をつなぐ』BAB出版

訳書にアーノルド・ミンデル著『プロセスマインド』春秋社、J.ダイアモンド著『プロセスワーク入門』などがある。

こちらは松村憲が小島美佳さんと対談したものが
記事になってます。


マインドフルネスのデメリットを大きなテーマに
ー習慣化の難しさ
ー指導者やサポートの必要性
ー課題無関連思考に自覚を高め集中力・生産性アップ
ー仕事や関係性パターンにハッと気づく難しさ
ー生産性を落とす可能性?
ー次世代はゴール設定を持った瞑想?


などなど、面白い切り口から2人の熟練瞑想者が対談しています。

小島さんはマインドフルネス瞑想の熟練者でありつつ、外資コンサルティングファーム出身のビジネスパーソン、かつ直感力にたけたすんごいバランスの良い方です!そんな我々視点で色々発信していく予定です。

興味のある方はぜひ記事をチェックください!

後半の対談はこれからですが
テーマには魔境が入ってくるかと思います。
英語ではMAKYO 
これまた対談する自分も楽しみです〜

この対談はリーダーのためのマインドフルネス情報通信に掲載されてます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヨガする心理学者  松村憲


心の専門家。ヨガ、瞑想トレーナーでもあり、心と身体、意識、瞑想をキーワードに研究と実践に勤しんでいる。意識の世界は広大であり、一人一人が意識を高め覚醒していくことは世界貢献であると信じている。心の曖昧な世界を確かなロジックで、誰もが知りたかった「意識の成長・覚醒の地図」を明らかにして、多くの人を導いている。すべての悩みや課題は次なるステージに目覚めていく機会ととらえ、個人、夫婦・カップル、家族、チームや組織をカウンセリング、コーチング、コンサルティングで支援している。

ウェブサイト www.insight-jp.net

著書

『日本一わかりやすいマインドフルネス瞑想』BABジャパン

翻訳書 

アーノルド・ミンデル著『プロセスマインド』

ジュリー・ダイアモンド他著『プロセスワーク入門』コスモスライブラリー


松村憲のマインドフルネスヨガ 
松村憲のマインドフルネス瞑想会 横浜
6月22日(土) 10時〜12時 @横浜市開港記念会館 



こちらlife hackerさんの記事より


という刺激的なタイトルの記事です。
たった一つの習慣はズバリ、
「瞑想」です!という話。

皆さんはIQを高めたいと思うでしょうか?
頭の回転が速くなったり、
物事を考える力が強くなればできることもきっと増えますよね。
そこから主体的にアクションを起こしたり、
思考空間で楽しんだり…

自分の場合は改めて、
IQを高めることには興味が高いみたいです。
人ごとみたいに書いてますが、
いつも気になる…
てことは顕在意識でいつも捉えてる訳ではないけれど、かなり意識が向いてるということでしょう。

ではなぜIQを高めることに関心があるのかとあいうと、究極的にはやりたいことの実現のため。
世の中に貢献するために、AIではないこの人間の脳をフル稼動したい、ということでしょうか。

身体と心領域が心理学としての専門領域ですが、
脳は身体の一部。
この脳への働きかけとして瞑想はそれは効果はあるでしょう。

この記事では結晶性知能と流動性知能という話をしています。

結晶性知能とはいわゆるお勉強的な知識のインプットを駆使して発揮される知能。

流動性知能とは、未知の状況において探索的にパターンを発見して問題解決したり、ロジカルに思考する力でしょうか?

瞑想はこの流動性知性を高めますよ!という話。
紹介されてる研究によると、
20分の瞑想を4日間、つまりはたった80分の瞑想でIQが23パーセント高まったというのです。

1年後の追跡調査でも傾向は変わらず、
また作業記憶が10倍になってるとか。

極端な研究のような気もしますが、
たしかに20分の瞑想はかなり
集中(サマーディ)を深めてくれます。
脳波で言えばデルタ波、シータ波になっていく。
それが脳を深く休めてくれる結である、
という論は馬鹿にできないと思いました。

IQを高めるという意図を持って、
20分の瞑想を4日間行い、
自己検証してみようと思います。
皆さんもぜひチャレンジあれ!

ーーーーーーーーー

ヨガする心理学者  松村憲


心の専門家。ヨガ、瞑想トレーナーでもあり、心と身体、意識、瞑想をキーワードに研究と実践に勤しんでいる。意識の世界は広大であり、一人一人が意識を高め覚醒していくことは世界貢献であると信じている。すべての悩みや課題は次なるステージに目覚めていく機会ととらえ、個人、夫婦・カップル、家族、チームや組織をカウンセリング、コーチング、コンサルティングで支援している。

ウェブサイト www.insight-jp.net

著書

『日本一わかりやすいマインドフルネス瞑想』BABジャパン

翻訳書 

アーノルド・ミンデル著『プロセスマインド』

ジュリー・ダイアモンド他著『プロセスワーク入門』コスモスライブラリー














今朝は車で近所の公園に娘を連れて遊びに。住宅街のなかにある公園は、駐車場がないので不便なものだと思う。


娘ちゃんはてんとう虫とアリさんに出会っていた。何もかもが不思議で好奇心いっぱいだけど、虫は面白いよね〜


出かける前に聴覚トレーニングをしながら、

呼吸法と瞑想。

カパラバティを400回くらい。

そしてクンバカ。

色々やるべきことが脳内で湧いてきてやまず。


午後は仕事にトレーニング。


コアから動くことをベースに鍛えてるので、

コア意識=筋トレ、という理想の形に近づいてきた。バックスクワットは55キロで過去最大。

めちゃ重い。体全身をズシンと鉄の感触が通り抜ける感じだ。

ほかに今日の注力は肋骨のロック。

多裂筋、菱形筋収縮と同時に、

腹横筋を締めまくるから、

前後からコアを固める。

これはきつい。

あと何よりきつかったのはシンプルな腸腰筋トレーニング。まだまだ弱いが、腸腰筋の始まりと終わりがはっきりと感じられた。明日は筋肉痛だな。


読書メモ。

制約理論のゴールドラット博士。

本を読むと彼の天才ぶりを感じる。

生きてる時に会ってみたかったな。

ユダヤ系の科学者だからかミンデルとも似てるところも。彼の二大思想ポイントは大いに刺激的。



①人は善良である

②ものごとはシンプルである


彼の背景は物理学であり自然科学。

そこから観察すれば、なにかを人のせいにすることは意味をなさない。それで人間関係はよくならない。むしろ制約が取れた時には人は皆善良なことが認識されるとのこと。


また複雑な事象に常に好奇心を持つ。まさに科学者のメタスキルなんだけど、その注力を持って世の中やビジネスを観察してソリューションを提供し続けた彼からすれば、すべてはシンプルということらしい。


むやみなリストラを嫌い、そうした経営の怠慢がいかに格差や弱き人々へのしわ寄せとなっているかを痛感していたゴールドラット博士の話を読んだりするに、彼が冷静沈着、静かだけど愛情深い人なのだろうと推察される。しばし、この著者との内的対話は進むかもしれない。


他にも今日は青山にあるブッククラブ回に寄った。楽しいから時が流れるのも早い。出会った本は師匠の青木聡先生が翻訳したユング派分析家トマス・ムーアの書籍。ユング心理学をどこまで深められるか楽しみに読んでみるか。老いとセクシュアリティのテーマには熱がある。


こんにちは!松村憲です。

横浜にて下記のイベントをやることになりました!
場所は横浜市開港記念会館。
ステキな場所でワクワクしますね。
今回は迅速なオーガナイザーの方々のサポートにより実現しています。お近くの方はぜひ!



ちなみに僕は5歳まで横浜育ちなので、
横浜の土地は心に馴染むんです。
なのでいい時間になるはず(^^)

『日本一わかりやすいマインドフルネス瞑想』
著者 松村憲による マインドフルネス瞑想とヨガクラス


案内
変化とスピードが早いと言われるこの時代。振り回されるのではなく自分に落ち着くことはとても大切です。マインドフルネス瞑想は今の時代に必須の技術として注目を集めています。それは脳を休めて最高の自分らしさを発揮するための技術です。瞑想を知りたい、体験したい、苦手と思ってる人も諦めないで。誰でも今すぐに始められて変化を実感できる方法をお伝えします。終えた時にはとてもスッキリと爽快、自分と共にいる感覚が感じられるでしょう。

内容
脳を休めて自分らしさを解放する技術
マインドフルネス瞑想とは?
瞑想の体験ワークと実践
マインドフルネス ヨガ

持ち物
ヨガマット、メモ取りたい人は筆記用具、飲み物(必要に応じて)

プロフィール
 大学院で深層心理学と瞑想の研究を行い、臨床心理士として多くの人の心に向き合いながら、人が本来持つ可能性を引き出すヨガと瞑想の実践を続ける。アンダーザライト・ヨガスクールのマインドフルネスヨガ講師、及びトラウマ・アプローチヨガ講師。Tipnessでは「マインドフローヨガ」を開発して250名を超えるインストラクターを養成。心の制限を解放する一悟術ヒーリングにも力を入れている。
(株)BLUE JIGEN 代表取締役
ブログ: http://ameblo.jp/kripalu/
ウェブサイト: http://insight-jp.net