5月27日(日)は二番組、まずは、東京優駿(日本ダービー)、東京10R、15時40分発走 | 競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第85回日本ダービー(東京優駿):5月27日(日) 東京競馬場
15時40分発走

競馬ファンが押し出す一番人気馬
信頼に応える強さか見極める


論より強さ、その根拠
ここまで辿り着いたことが強さの証明である。証拠も多数、揃っているはずだ。一番人気が[4-1-3-2]と負けないわけではない。このコンテンツでは3着までに入れば良いのである。二番人気が[2-1-0-7]で、三番人気が[3-2-1-4]という結果。過去十年の中では二桁人気も3頭が入ってきている。二桁人気を含んだ六番人気以降は9頭。ただ、この三年は殆ど上位人気が寡占化状態。その強さを見せつけている。その多くは騎手の巧拙。人気下の馬を押し上げて食い込ませてきている。迷った際には騎手の巧拙で決めることも一手ある。逆に迷った結果を付け足すと散財になる可能性もあることは忘れない方が良い。課題はどこまで信頼を置けるかというところだろう。そのときには上がり時計を確かめることにしている。34秒台後半でしか走れなかった馬が、突然、33秒台前半で走れるようにはならない。しかも、2400m戦だ。道が緩めば35秒台、36秒台になることもある。また、この距離を走ったことがない馬には相当な馬格がないと渡り合えない。だから、皐月賞参戦馬が磨かれた強さを持って勝ち負けになるのである。その点では競馬は血脈のスポーツという。ディープインパクト産駒の強さは半端ではない。それも含めてこの番組の予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ダノンプレミアム 牡3 57 川田 将雅
1 2 タイムフライヤー 牡3 57 内田 博幸
2 3 テーオーエナジー 牡3 57 藤岡 康太
2 4 アドマイヤアルバ 牡3 57 丸山 元気
3 5 キタノコマンドール 牡3 57 Mデムーロ
3 6 ゴーフォザサミット 牡3 57 蛯名 正義
4 7 コズミックフォース 牡3 57 石橋 脩
4 8 ブラストワンピース 牡3 57 池添 謙一
5 9 オウケンムーン 牡3 57 北村 宏司
5 10 ステイフーリッシュ 牡3 57 横山 典弘
6 11 ジャンダルム 牡3 57 武 豊
6 12 エポカドーロ 牡3 57 戸崎 圭太
7 13 グレイル 牡3 57 岩田 康誠
7 14 エタリオウ 牡3 57 ボウマン
7 15 ステルヴィオ 牡3 57 ルメール
8 16 ジェネラーレウーノ 牡3 57 田辺 裕信
8 17 ワグネリアン 牡3 57 福永 祐一
8 18 サンリヴァル 牡3 57 浜中 俊

●主線はこの二頭の勝ち負け
今年の桜花賞馬は強かった。言わば、王道競馬というところ。この番組もその傾向が窺えると考えている。主軸にはブラストワンピースを据えた。ひとつは順調なローテーションで馬に無理なく参戦できたこと。ふたつめに既にマイルハーフは走っていること。そして、33秒台の切れる脚があること。王者としての走りには申し分ないところではないか。そう、この馬は確かに皐月賞からの参戦ではない。が、複勝級クラスが皐月賞参戦馬ということになる。対抗にはエポカドーロを挙げる。皐月賞戴冠馬だ。二冠を狙ってもおかしくない。強さは持っているが、スピードの絶対値が主軸とは違うところがある。四気筒のエンジンは六気筒のエンジンに勝てないという話があるように、馬の強さに何かが違う。この両頭の勝ち負けと判断をした。
●番手にはこの三頭を挙げる
確かにダノンプレミアムの強さは評価できる。四戦全勝。11週の休み明け。それはハナから想定している。しっかりした馬格もあり、上がり時計も悪くはない。肝心なところの話がひとつある。他馬との成長度合いがどう違うのか。早いのか、標準なのか、遅いのか。併せ馬では分からない馬齢特有の違いがある。その点を考えて[過去の強さ]となった歴戦をどこまで評価するべきかというところ。そのために▲単穴までとなった。また、ジャンダルムが好馬体になってきた。手綱もユタカが執る。悪くはない。もしかしたらとさえ思わせる仕上がりだ。皐月賞は出遅れが敗因だと言われているが、それも今回はないだろう。となれば、最後の直線でどこまで伸びることができるかが鍵。そして、ゴーフォザサミットを推す。青葉賞から回ってきた馬だが、調教VTRを観る上では疲労感は全くなく、敢えてまたマイルハーフを走っても問題ないと言わんばかりの状態。スタミナはありそうだ。胸前も大きく広げて走る。侮れない一頭として考えたい。
●取捨選択を迷った二頭
ハーツクライ産駒の勢いがなくなってきたと思っている。一時より下火になってきた。が、それは強さとは関係ない。ホープフルSの戴冠馬であるタイムフライヤーが思った以上に力が出せていない。その理由がどこにあるのかというところ。侮れない一頭なのだが、何かが足りない気がしてならない。また、エタリオウだが、勝ち切れずに「ステイシルバー」になってしまっている。気性の問題か、脚が足りないのか。馬格が足りないだけではないと思える。難しい一頭ではあるが、この馬もまた侮れない一頭だ。

●捨てちゃえ馬
やはり、ダービーは威風堂々、きちんと走ることができるだけではない、何かを持った馬でないとならないのかもしれない。それがまだ感じられないタイムフライヤー、伸び切れないエタリオウ。この先の活躍を考えながらここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
8 ブラストワンピース 牡3 57 池添 謙一
12 エポカドーロ 牡3 57 戸崎 圭太
1 ダノンプレミアム 牡3 57 川田 将雅
△1 11 ジャンダルム 牡3 57 武 豊
△2 6 ゴーフォザサミット 牡3 57 蛯名 正義
捨馬 2 タイムフライヤー 牡3 57 内田 博幸
捨馬 14 エタリオウ 牡3 57 ボウマン


【配当】
単勝 17 1,250円
複勝 17 410円
12 390円
7 3,640円
枠連 6-8 3,190円
馬連 12-17 7,950円
ワイド 7-12 30,290円
7-17 34,420円
12-17 2,710円
馬単 17-12 15,520円
3連複 7-12-17 521,600円
3連単 17-12-7 2,856,300円

【着順】 【時計】
1 17 ワグネリアン 2:23.6 34.3
2 12 エポカドーロ 2:23.7 34.7
3 7 コズミックフォース 2:23.8 34.7
4 14 エタリオウ 2:23.8 33.5
5 8 ブラストワンピース 2:23.8 34.5
6 1 ダノンプレミアム 2:23.8 34.6
7 6 ゴーフォザサミット 2:24.0 34.5
8 15 ステルヴィオ 2:24.0 33.9
9 4 アドマイヤアルバ 2:24.1 33.4
10 10 ステイフーリッシュ 2:24.2 34.3
11 2 タイムフライヤー 2:24.4 34.7
12 5 キタノコマンドール 2:24.4 34.0
13 18 サンリヴァル 2:24.5 34.9
14 13 グレイル 2:24.6 34.2
15 9 オウケンムーン 2:25.0 34.9
16 16 ジェネラーレウーノ 2:25.3 36.2
17 11 ジャンダルム 2:25.4 35.3
18 3 テーオーエナジー 2:26.2 36.7
>

Rodollyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス