5/5 名古屋市守山文化小劇場に『わくわくクラッシックコンサート』聴きに行って来ました。
{BBEBCBA3-0AE1-4B8E-B796-41BE1DBB5FB8}



モーツァルトのフィガロの結婚からスタート。

こどもの日の企画なので会場の半分守山は子供。

泣いたり騒いだりする会場でいつもとは違う会場の空気に団員は演奏し辛いだろうなあと思って聴いていました。

司会の平康さんのテンション高い声で子供達は一瞬静まる。

司会の中で山の音楽家を口ずさむと大人達からはどよめき。

流石ソプラノ歌手ですね。

2曲目はソロ演奏による楽器紹介。
トップバッターはコンサートマスター。

なななんと
『ツィゴイネルワイゼン』‼️
子供相手に本気モードです。
この子達にその本気が判るのか❓
なんて思いながら。

3曲目のカルメンでは気になる楽器の前で演奏を聴いてみようというサプライズ‼️

舞台の上に子供達全員が上がってそれぞれ奏者の前でしゃがみこんだり覗き込んだり。

なんとコンサートマスターは指使い、弓使いをオーバーアクションでしかも前かがみになって子供達に魅せつけていました。

僕も幼い頃、消防署の音楽隊がパレードの時にカッコよく魅せてくれたことに憧れた事を思い出しました。

4曲目は、開演前にペットボトルで作ったマラカスを使ってテキーラ、子供達ノリノリでした。

この時に気がついたのは、泣く子わめく子が、チューニングするかのようにキーを合わせている感じ。
きっと彼らなりの参加方法なのかもって気がしました。

休憩を挟んで『ピーターとオオカミ』
スコアと絶妙に掛け合った朗読とソリストの本気モードがより臨場感を増し、オオカミが捕まった瞬間、

子供達も息を飲んで会場がシーンとなりました。
{67D38284-7DB6-4C8F-AACE-F3489287D384}

{80F5E99A-D7F5-4CA6-AD2C-CECF0085EFC5}



プロの全力の本気が子供達に確実に伝わった。文字通り客観的に体験しました。

この日の企画は人生に音楽を取り入れ、将来は演奏家、音楽家として観客としてのジャンクションなんだなあと感動しました。

素敵な贈り物をありがとうございます





今日は珍しく電車に乗っての移動しました。

日曜日という事と犬山祭りという事で駅も電車の中も物凄い家族連れでした。

電車を待っている時に聞こえてきた声

子供を叱りつけるママのキンキンした声

延々と続くその音に物凄く不快感が湧いてきました。

そして乗車してしばらくすると後ろの方の席から子供を褒めるママの声。

通路まで人が立っている程なのに凄く心地が良い音。

僕には絶対音感を持ち合わせていないのでどのキーの音なのか両者を聴き比べたら人に心地の良い音、不快な音が解るだろうにと思った。

1つ気がついたのは怒ってる方はアクセントというかアタックが激しくて語尾が1オクターブ位下がる。金管楽器の様な感じ。

一方、褒めている方は言葉の始まりが軽いアクセントまたはスタッカートって感じ。
言葉の一音ずつがテヌートっぽくシッカリ発音されていた。大きな声ではないがmpなのにその声は通りが良い事も分かった。
弦楽器の様な感じ

人をきもちよくさせるのも不快にさせるのも口から出る音、発音、強弱など組み合わせならば気持ち良くさせた方が笑顔が増えるね。

不快な音のチューナーがあればその都度チューニングすれば笑顔がもっと簡単に増えるね。(笑)

明日も目一杯はぢけましょう‼️
久しぶりのブログです。

かたずけをしていたらこのブログのIDとパスワードを書いたメモが出てきたので復活することができました。

このブログの流れからして音楽に関する事で進めて行こうかなと思います。

3年以上ブログをしてないので感覚忘れちゃいました。(笑)

よくもまぁ毎日アップしてたもんだなぁと思います。

不定期のアップになりますがよろしく