当初の計画では青春18切符を使って、京都に行って梅小路の鉄道博物館に行って引き続き京都水族館に行きたかったんですよ。

 

 しっかし、当日は春休みの土曜日。新たに開業した梅小路京都西に降りてみると鉄博は、すでに大混雑びっくり

 入場券にも長蛇の列ガーン  鉄博は諦め水族館に向かったのでしたニヤリ

 写真は、京都水族館に入るといきなり圧倒されるオオサンショウウオです。20匹以上はいるんでしょうね。かわいい奴らです。

 

--------------------

 その前日に京都入りして泊まったのが、京都のアパホテル。ぺんちゃんと二人で行ったので、ちょっとグレードアップして、アパホテルでは初めてデラックスツインに泊まりました。

 デラックスツインというだけあって、アパホテルでは広めの部屋(21平方m)??

 

 それでもセミダブルでツインになると結構ギュウギュウで、そのレイアウトは、意外と今のぺんパパ家の寝室と似てまして、ベッド自体は離してるけど隙間は30cm未満。

 

 でも、ちゃんと窓側のベッドには、壁と10cmくらいの隙間が設けられていてこの辺りは、そっくりでしたね。(参照→中古物件の寝室リフォーム②)

 TVは58in.で圧倒的に大きかった。

 ベッドは、アパホテルオリジナルのクラウドフィット(Cloud fit)というソフト系のベッド。

 そして、バスルームもデラックスでした。浴槽も広く、あのアパホテル独特の膝を抱いて入る卵形の一般バスルームとは全然違って、のんびりリラックスできます。

 ただ一点、残念だったのがトイレの位置。絶対施工ミスだと思うんだけど、座ると右側が壁に近すぎてトイレットペーパーは出しにくいし、ウォッシュレットのボタンも押しにくい。

 何より、身体がどうしても左側にずれて用が足しにくいんですね。少なくともあと5cm、出来れば7cm壁から離れているといいんですが・・・ショボーン

 そこは、差し引いてもデラックスツインは快適でした。一番上の写真のように鏡がやたら多いのも。部屋をより広く見せる効果なのかもしれません。

 

 今後、二人で他の地域に行ったときもちょっと高いけどアパホテルデラックスツインに泊まってみようかなと思ったぺんパパでした。